新樺太市行政委員会議事録1
新樺太市 文書管理課

2008/12/07-2014/8/7



--------------------------------------------------------------------------------
Re: 再開しましょう  投稿者:高橋是清  投稿日:2014年 8月 7日(木)17時47分2秒   
   「からふとます」さん

「からふとます」さん宜しければ、私は再開は可能です。
荒合成でも最初からでも結構です。
但し、最初からの場合は、ココ(市)ではしないで欲しいという要望が市長から入れば、
他で場所を探してするしかないかも知れません。
とにかく、荒合成でも最初からでも、対応は可能です。
市の関係者には、何人かお会いしましたが、「からふとます」さんにもせっかくお会い
したわけですから、直接対面が宜しければそれでも対応可能です。
出来る事を致しましょう。

勿論、他の議員の方々もご意見等は大歓迎です。    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: もうすぐ2年  投稿者:高橋是清  投稿日:2014年 8月 7日(木)17時40分17秒   
   > もうすぐ2年

   遅いという点、お叱りごもっともです。
  大変申し訳ございませんでした。

> ところが討議という目的は全く果たされないまま、お二人からほぼ完成文が投稿され、
> その討議の必要性自体が揺らいでしまったのです。

   やり方が悪いという点、お叱りごもっともです。
  大変申し訳ございませんでした。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
もうすぐ2年 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2014年 8月 7日(木)01時22分50秒   
   >もうすぐ2年になろうとしています

このプロジェクトの目的の一つは沈静化してしまった当市の会議室を活性化させ、
できるだけ多数の参加者に討議に参加してもらうことだったのです。
 そして討議しながら文面を構成していくことで参加者の再認識を行うと同時に
リアルタイム、あるいは後日討議過程を見た観光客にその経過をみてもらうことでした。
 ところが討議という目的は全く果たされないまま、お二人からほぼ完成文が投稿され、
その討議の必要性自体が揺らいでしまったのです。
 お二人の完成分はそれぞれが完成されていますから、討議を行うにはかなり荒く合成
する必要がありました。その荒合成を見てのご意見も全く存在しないまま(むしろ製作過程
ほ見ると誰も意見しないのは必然です)現在に至るという流れです。

 そもそも荒合成に関する討議がないのであれば、これを完成稿と捉え、あとは写真を選定
しPDF化するしかありません。

 ビラが完成し、それを実際に活用する場を探すのはかなり難しいと思われます。
 改めていいますと、本プロジェクトはできるだけ多くの参加者を呼び込めなかった時点で
失敗だったといえます。

 ここから進行させるのであれば荒合成版に対する意見を待つか、なければそのままレイアウト
へ進みましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
高橋是清 投稿者:Re: 再開しましょう②  投稿日:2014年 7月23日(水)22時33分0秒   
   【通史を見ない問題】

 樺太の場合は通史を見て頂ければ、本当に良く経緯が分かると思います。
 一部の方々が、何故か、歴史の一部分だけを彼らの都合に合わせて流布しています。
 『自分達の都合に悪いから、この部分のみ強調しよう』という風潮は残念ながらあります。

 樺太の場合は、その通史を見れば、ほとんどの日本人は、「あっ 樺太って歴史的に日本
じゃないか!?」って感じると思うんです。ただ、学者と称される方々の大半は、「我が国が
樺太を侵略した」と主張されます。田原総一郎氏がテレビで「日本は南樺太を侵略した」と
仰った時にはビックリしました。あんなに有名な方でも、通史を無視して、戦時下の一部分
だけを見るんだなあと思い驚きました。

 樺太対岸地域も見るに値すると思います。

 黒龍江左岸⇒ロシアに併合される。
 沿海州⇒ロシアに共同管理地化される。⇒その後、ロシアに併合される。
 樺太⇒ロシアに共同管理地化される。⇒その後、ロシアに併合される。

 まぁ、ロシアは日本国全体を植民地化する計画を日露戦争前に英国に打診していたそう
ですから、本当に危なかったんです。

 樺太は、本当に通史を見た方が良いです。

 通史を広めようとすると、妨害して来る方々もいらっしゃいます。自分の都合に悪いから
という事で裏で悪口雑言を書いた書面を撒かれても、狭い世界です。一、二枚、私のところ
にも回って来ます。文句があるならば、公開討論をすれば良いだけです。通史を無視した矛盾
だらけの論文と称される物は一般人でも論破出来るような内容です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 再開しましょう 投稿者:高橋是清  投稿日:2014年 7月23日(水)12時04分23秒   
   からふとます様

 近々、再度、お返事致します。
 確かに、どこかで再開をしないといけないと存じます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
再開しましょう 投稿者:からふとます  投稿日:2014年 7月20日(日)13時49分29秒   
   高橋様ほか議員の皆様

一昨年9月、市長様の「仮想出版 樺太返還論 の討議をここでやりませんか。(^^」
という発言に始まった公共事業ですが、もうすぐ2年になろうとしています。
今年秋以降で構いませんが、年度内を目標に完成させませんか?
直接会って文書をまとめ、市長様へ上げませんか?
会場は、私としては日本国内であればどこでも構いません。

今年は樺太を取り上げた映画が2つ出来て、「ジョバンニの島」と「野のなななのか」ですが、
(前者における樺太は、色丹島から北海道本島への引き揚げ経由地です)
両方見ましたけれども、やはり物足りなさを感じました。「氷雪の門」とは違いますね。
物足りないというのは、ここが日本であるという視点が薄いのです。
あの戦争における我が国北方の部分について、
ソ連のひどい行為が描かれたのは、“進歩”かもしれません。
ただし、(戦争で)日本も悪い部分がある、敗戦で仕方が無いみたいな捉え方は、
樺太及び千島列島に関して、我が国の正当性を否定することにつながるものです。
問題の本質を変えてしまいかねないものです。
例を挙げましょう。
前者のラストでは、自由訪問で何十年ぶりに訪れた色丹島にて、
日ソの子ども達が一緒に暮らした一時代を懐かしく振り返っています。
日露友好?話のまとめがそこかよー、父と過ごしていた平和な日々ではないの?と思いましたね。
後者は、全体的に作り手の伝えたいものと取り上げた各出来事の関わりがよくわかりませんが、
こんな会話がありました。「(樺太は)ソ連に奪われたのよ」「その前は日本が奪ったのよ」
でたぁー、と思いましたね。

我々の樺太返還ビラ、短いけどそこに記載しようとしているのは、
簡単な話、樺太(と千島)が日本であるということでしょう。
本来、日本人にとって楽しく魅力的な場所、大切な場所、それを取り戻したいのです。
来年、戦後70年でいろんな動きが出てくると予想される中、
我々の主張を広めるための媒体は、やはり我々が作らなければ、
しかも急がなければ、と感じた次第です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
秋には再開したい。。。 投稿者:高橋是清  投稿日:2014年 4月 5日(土)22時09分56秒   
    秋には再開したい。。。
 それも半ば困難かも。。。
 以外に時間の掛かる文書作成。。。

 いや、でも何処かで何かを工夫せねば。。。
 時間とは、創るもの。。。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 樺連ホームページ  投稿者:高橋是清  投稿日:2014年 1月13日(月)17時13分1秒   
    市長経由で高橋宛にメールを頂ければ、直ぐにお伝え出来ます。また、
市長にお尋ねになれば、私にメールされずとも、理由が判る様にしておきます。

 市長様

  大変お手数ですが、もし、“からふとます”さんから連絡メールが
 あれば、ご転送頂けますでしょうか。それと、何処かに理由を書いて
 おきますので、もし宜しければその旨を“からふとます”さんにお伝
 え頂ければ幸いでございます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺連ホームページ 投稿者:からふとます  投稿日:2014年 1月13日(月)13時35分6秒   
   久しぶりに見たら、リニューアルされていましたね。
今まで見たことの無い、興味深い情報が掲載されているほか、出版物の案内もあります。

ところで、ホームページ内の「樺太のQ&A」、
どこかで見たことのある、特徴的な表現が間々見られますが、これは・・・    
 
--------------------------------------------------------------------------------
ペリー/プチャーチン 投稿者:高橋是清  投稿日:2014年 1月12日(日)21時52分51秒   
    下記は、ペリー来航の様子を伝える英国の新聞です。(複写版)
偏見を持ちまいと思いつつも、子供の頃から、ペリーの顔(絵)を
見ると、『土足乱入型男のペリーめっ!』と思い、ムカツイテしまい
ます。人として、米国に対し過度な中傷を加えてはいけないのですが、
それでも、我が国の歴史教科書は、もう少しペリー提督を酷評しても
良いと思います。

 さて、これも、私の偏見になってしまいますが、どの文献を読んでも
プチャーチンは好きになれます。プチャーチンに関しては、下記の白石仁章氏
の書籍がズバヌケテ読み易いです。

--------------------------------------------------------------------------------
原案⇒合作 投稿者:高橋是清  投稿日:2014年 1月12日(日)21時39分42秒   
    原案から合作にする過程ですが、
“からふとます”さんの原案も良いですし、
市長の統合案も良いですし、高橋案も悪くは
ないと思っています。ただ、それぞれ書き味
が異なるので、合わせ様とすると以外に困難
です。とは言え、双方の風味を生かしながら
合わせる道もありましょう。。。今日も後二時間半しかない。。。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: お休み中  投稿者:高橋是清  投稿日:2013年11月30日(土)19時05分7秒   
   > 荒合成版からの議論を進めていきましょう。

   確かに、そろそろ議論再開しましょう。
  まぁ、私は、合成版には『異議なし』という返事だったと思いますので、
何か類似案を出す等して、もう少し議論っぽくしてみます。なるべく、年内
に再開しますね。

  ※1:散らし作成に役立つ資料は、この建物の中に沢山あると思います。
    でも、一番必要なのは、我々の思い入れだと思います。皆で力を
    合わせましょう。

  ※2:建物の下に『樺太の神社』という本を載せました。明治神宮の宮司様が
    樺太のお生まれである事に驚きました。この書籍は、『樺太沿革・行政史』
    にも引けを取らない大作です。ソ連占領下に於けるロシア側から見た在樺
    (ざいかば)日本人の宗教活動に対する観察等も書かれていて大変興味深い
    です。読んでいて、昔、個人的に知っていたロシア人の事も思い出しました。
    彼らの中にも、人の良い人が多いのは事実です。勿論、ロシアという国家が、
    我が国を欲しがっている事に警戒感を持たねばなりませんが、彼らとは、
    対話により一定の和解が出来ると信じます。 


--------------------------------------------------------------------------------
お休み中 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年11月28日(木)02時45分48秒   
   >散らし作りチョットお休み中

休みから復帰されましたらまたよろしくお願いします。(^^
荒合成版からの議論を進めていきましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
散らし作りチョットお休み中なので 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年11月26日(火)21時45分9秒   
    散らし作りチョットお休み中なので、散らし作りに欠かせない資料の話です。

 下記は、『広辞苑』と『樺太沿革・行政史』です。(似ていますね。)

 さて、この広辞苑は三十年位前の物です。勿論、今でも、使えます。ただ、樺太に
関する記述は、少々変わった様です。最近の広辞苑は、樺太と書かずに露名で書くと
聞きました。以下は、写真の広辞苑の記述です。

からふと【樺太】東はオホーツク海、西は間宮海峡の間にある細長い島。明治期八年
ロシアと協約して全島を千島と交換、明治三十八年日露講和条約により北緯五○度以南
は日本領土となったが、第二次世界大戦後ソ連領土に編入。サハリン。

 ※この頃の広辞苑でさえ、江戸時代以前の樺太に関する記述がないですね。
  やはり、江戸時代以前の樺太や樺太対岸地域(黒龍江左岸・沿海州)が露領に編入
 (事実上武力併合)された事が書かれていない為、多くの方々が、樺太が歴史的に
  日本領である事を見落としてしまうのであるのかも知れません。

 ・話の流れ上、ある出版物の一部を出所明記の上で記載する事は法的に許されています
  が、万が一、著作権上の問題が発生した場合は、高橋是清が全責任を負います。 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
期待しないで待ちもしない 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年10月 7日(月)17時34分42秒   
    現状では、高橋撮影予定分には、期待しないで待ちもしない方が良いと思います。

 行ける時に行きます。

 撮りたい事は撮りたいので、早く行きたいとは思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真の期待 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年10月 5日(土)12時59分19秒   
   やめておきます。(^^;
10月なので消しておきますね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 樺太返還ビラ制作室 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年10月 1日(火)23時38分31秒   
    樺太返還ビラ制作室は、樺太の写真が何枚もあり大変見映えが良くなったと思います。

 > 生きているうちは、樺太への興味関心を持ち続けたい、まずはこれが第一か、と。

  仰る通りです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太返還ビラ制作室 投稿者:からふとます  投稿日:2013年10月 1日(火)20時44分15秒   
   とりあえず、10月になりました。
(誠に勝手ながら・・・)「9月の高橋是清さんの写真も期待したいところです」を、

樺太返還ビラ制作に向けて、高橋是清さんをはじめ、皆様の樺太写真投稿をお待ちしております。
宗谷岬からは、雪が積もり始めた頃にいくと一番陰影のはっきりした樺太が見られます。
また地元の方の話では夏より冬のほうが見える日が多いとのことです。

といったふうにしてみましょうか。

高橋様
生きているうちは、樺太への興味関心を持ち続けたい、まずはこれが第一か、と。
その上で、各自が一番早く行ける時に行くと言った感じで良いでしょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 雪がつもれば  投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 9月29日(日)19時22分6秒   
    私も後どれほど長く生きられるかも分かりませんし、
なるべく早い時期に訪問したいです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
雪がつもれば 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 9月18日(水)13時47分8秒   
   樺太ですが雪が積もり始めた頃にいくと一番陰影のはっきりした樺太が
見られますからね。また地元の方の話では夏より冬のほうが見える日が
多いとのこと。

ちなみにからふとますさんの写真の宗谷海峡は海が穏やかですね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
稚内の件(樺太撮影の件) 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 9月 9日(月)18時59分39秒   
   >高橋様
>以前の発言にありましたが、今月稚内方面へ出かけられますか?
>出かけられるならば、きれいな樺太が見られるといいですね。

 確かに、『投稿日:2013年 2月12日(火)12時09分7秒』の投稿で、
『天気予報等を考慮しながら、撮りに行く事も可能ですが、
 今秋ならば場合により予定の調整が可能かも知れません。』と
書いています。

 現在も、行きたいとは思っています。

 但し、行けない可能性も、あります。

 あえて言うならば、一番早く行ける時に行くと言った感じです。

 運が悪ければ、年が明ける可能性もあります。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Mさんへ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 9月 8日(日)12時07分43秒   
   >領土委員会はどのようにすれば、到達できるので

まずはグーグルなどで「新樺太市役所」で検索してください。
そして一度市内観光してみてくださいね。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太写真 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 9月 7日(土)20時42分25秒   
   北海道本島最北端の宗谷岬まで行ったら、
個人旅行なら樺太をゆっくり眺めているところですが、
団体旅行は駆け足で出発です。

市長様
行政委員会8月26日の写真は、どうぞ使ってください。
丘陵といっしょに写っている樺太も、なかなかいい風景です。
今回、「日本最北端の地」の碑付近から撮影した樺太、
そして弁天島も下に載せておきます。よろしければ、こちらも使ってください。
(現在の携帯電話写真は、削除してしまっても構いません。)
なお、写真の元データは2.5~2.8MBです。
これから作成するビラに使用する場合は、元データを改めて送ります。

高橋様
以前の発言にありましたが、今月稚内方面へ出かけられますか?
出かけられるならば、きれいな樺太が見られるといいですね。

写真もいいけれど、宗谷岬まで行って実際に眺めると、
樺太の存在、能登呂半島の大きさを実感できます。 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
なすべきは、日露平和条約の締結 投稿者:M  投稿日:2013年 9月 6日(金)23時04分38秒   
   代行さんこんばんわ、応答ありがとうございます。

領土委員会はどのようにすれば、到達できるのでありましょうや、ご教示願いたい、ネット
探索は苦手でござる。

樺太も千島も我が領土、領土問題を議論している自覚もありません、さりとて敗戦して国体
をズタズタにされているのも悲しい現実、されば神州が巨竜たりえる強力な尾、樺太を奪還
しロシア軍の協力で不沈艦、巨大なミサイル艦に改造できれば、独立自尊はもちろん、一衣
帯水の沿海州への赤軍の侵入も阻止できる。

当然ほとんど軍政。

ムチをふるいすぎるロシアとアメを与えすぎる我々で、ええ塩梅。
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 9月 6日(金)04時29分25秒   
   からふとますさんの3枚目の写真はビラ制作室の写真と
同じ山ですね。たぶん能斗呂半島・・・。

これら3枚の写真もビラ制作室へ貼り付けてもよろしいでしょうか?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Mさんへ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 9月 6日(金)04時25分53秒   
   Mさんこんばんは
ここは領土問題を討論する会議室ではないので、
もし討論を希望されるなら領土委員会へどうぞ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
なすべきは、日露平和条約の締結 投稿者:M  投稿日:2013年 9月 3日(火)20時07分43秒   
   我が国の資金援助で建造した、汚染水処理専用船を福島に投入して、千島の領有権で全面
降伏の口実にすればいい。

ロシア様のメディアが騒がないのは、北方領土沖の原子力潜水艦の海洋投棄は事実なのだろう、
返還されてもややこしい。

樺太と先島諸島を交換して日本列島が北上し、ロシアこそ一衣帯水の隣国となし、ロシア様は
宿願の南方展開。

話が本格化すると朝鮮が先島各島に移住し、日本人が逃げる。

樺太の十万人は、大洪水と不法就労に対応できる二万戸の裕福な農場主となって、ロシアにおけ
る我々の食糧基地の中核になってもらう。

樺太には虎か狼を放ち野生の王国兼軍の演習場となし、交換条件に第三国の軍隊の立ち入り禁止
を付加しておけば、ロシア軍の協力で我々の独立自尊を担保し、沿海州を援護する戦略ミサイル
軍が山脈の地下に誕生する。

民間の立ち入りは西海岸の高架軌道のみ、大橋をもってアムール北岸に接続できると理想的。

我が国の領海が例外なく十二海里になれば、上海がハブになる赤色巨星と下らない地域紛争に巻
込まれたくないダメリカ様にも、好都合。
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
文面 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 9月 1日(日)10時53分11秒   
   >言葉の説明を入れると長くなってしまう

ご指摘のとおりですね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
北海道との類似性 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 9月 1日(日)07時34分24秒   
   樺太を理解する上で、内地(あるいは事実上の内地)であるということは重要です。
しかし、今作成しているのは初心者向けの読み物です。
詠んだ人が内地・外地という言葉を理解できるでしょうか?
(言葉の説明を入れると長くなってしまう→本題がぼやけてしまう)
文中に入れるならば、地域的に北海道と類似している旨を、書いた方がよいかもしれません。
(北海道本島が日本の領土であることを疑う人はいない)

以前も行政委員会に書きましたが、
地下資源、森林資源、北洋漁業、農業、国防、
鉄道の敷設、道路の築造、居住に向けた寒冷気候の克服とか、
日本の近代史を特徴付けるこれらの事項は、
北海道と樺太の共通事項として語られるのが本来の形です。
(違うのは、樺太は30年間だけ事業が中断したこと)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
事実上の内地/名実共に内地 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 8月29日(木)17時53分34秒   
   ①樺太回復後、昭和18年までは、事実上の内地だったと思います。

 ※樺太に於ける外地性の希薄さが、樺太が事実上の内地であった理由として挙げられる
  事があると思います。(と言いますか、樺太が外地であれば、北海道も外地になって
  しまうと思います。)

②昭和18年以降は、名実共に内地であったと思います。

 ※松前藩が、17世紀より、漁業基地として樺太開拓を始めたにも関わらず、ロシアが、
  19世紀に入り、突如、樺太領有を主張し始めた訳です。樺太は、歴史的に日本である
  にも関わらず、ロシアに乗っ取られたというのが実情だと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
内地 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 8月29日(木)03時18分50秒   
   樺太は内地である旨も挿入したいところですね。(・・)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
議論 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 8月28日(水)01時04分49秒   
   これからの活発な議論期待します。
それが本来の返還ビラプロジェクトの狙いです。
結果よりプロセスが重要です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
説得力があると思います。 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 8月27日(火)18時27分22秒   
   >「ロシアは樺太とは、歴史的に全く関係ありません。」について
>どこまでの長さが「歴史」なのか?という視点で話が展開すると厳しいのです。
>ロシアも樺太(彼らが言うサハリン)に関わって相当な年数が経過しています。
>それは日本が樺太に、より深く関わるようになった歩みとも重なります。
>しかし、樺太領有が他所から入り込んだ国同士の争い、というわけではない。
>「元々アジアから遠く離れたヨーロッパの国です。」を入れたのは、
>「歴史」とは年数の長短に留まらず、地域的結びつきを含めて捉えるべきもの
>であろうということです。

 ①上記、説得力があると思います。

 ②ロシア帝国は、ウラル山脈を越えて、東進の結果、シベリア制服を行いました。
  また、黒龍江左岸及び沿海州も併合されました。特に、沿海州に至っては、一度、
  共同管理地としておいてから、併合しました。樺太と全く同じです。樺太も、一度、
  共同管理地とされてから、併合されました。

 ③ロシア帝国(後のソ連/その後のロシア連邦)にとっては、極東は、元来、
  東シベリア総督の治める植民地でしかない事は、何らかの形で特記しても
  良いかも知れません。

 ※ウラジオストク=東を征服せよ
 ※我が国と樺太問題を協議した時の露国側の主張⇒流刑地として樺太が必要である。

 長くなりましたが、日本と樺太の関係は、露国と樺太の関係とは、全くの別物である
事を上手くそして短く表現出来れば良いと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
団体旅行 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 8月26日(月)23時00分1秒   
   団体旅行で稚内方面へ行ってきました。
天気がよく、宗谷岬からきれいに樺太が見えました。
下の写真、「日本最北端の地」の碑付近ではなく、
もっと上(南)から撮影したものです。

観光ガイドの解説、一般的な稚内の解説なのでしょうけど、
やはり聞いていて気持ちが穏やかでないね。
バスに乗っている圧倒的多数が、樺太を初めて見ている。
そして、「サハリン」「日本最北端」「国境」、そういったことが頭に残る。
次は、いつ来るのか分からない。来ても樺太が見えるとは限らない。
樺太を見たのは、一生に一度になるかもしれない。
今日の記憶が、旅行者にとっての樺太のイメージになってしまう。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
「暫定荒合成25.8.25版」について 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 8月26日(月)22時35分28秒   
   市長様、容易でない合成作業ありがとうございます。お疲れ様です。

さて、短く合成しなければならないので、事情は分かりつつ、
でも文案を作成した立場での考え方を一応書かせてください。
皆様の議論、意見を期待します。

「ロシアは樺太とは、歴史的に全く関係ありません。」について
どこまでの長さが「歴史」なのか?という視点で話が展開すると厳しいのです。
ロシアも樺太(彼らが言うサハリン)に関わって相当な年数が経過しています。
それは日本が樺太に、より深く関わるようになった歩みとも重なります。
しかし、樺太領有が他所から入り込んだ国同士の争い、というわけではない。
「元々アジアから遠く離れたヨーロッパの国です。」を入れたのは、
「歴史」とは年数の長短に留まらず、地域的結びつきを含めて捉えるべきものであろうということです。
樺太、北海道、日本、日本人、アイヌ等の先住民族、共通するのはアジアです。
樺太や北海道では、アジアの民族同士の交易があり、日本人の居住や経済活動が次第に進み、
やがて国土としては日本の一部となっていった。
ヨーロッパのロシアは、まるでこの地域の歩みに関係ないのです。

私が「沖縄」を文中に入れたことについて
あの戦争があったことで、沖縄は特別な目で見られています。
住民を巻き込んだ地上戦が展開し、多くの犠牲者を出した。
戦後は日本から分離され、他国の支配下におかれた。
今も他国の軍が駐留していて、それに絡んだ事件が起きる。
よくこういったことが言われるけれども、それは日本国内で沖縄だけのことでない。
沖縄に絡めて、樺太を見て欲しいのだ。
そうすれば、樺太がいかに厳しい状況におかれてきたか、一般人も理解でき、
よって返還を目指す主張への理解も進むのではないか、そんな気がします。
相手がアメリカだから、ソ連(ロシア)だから、ではないでしょう。
日本の平和を願いつつ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
異議はありません。 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 8月26日(月)19時19分6秒   
   異議はありません。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ビラ制作室 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 8月25日(日)13時15分19秒   
   ビラ制作室に暫定荒合成25.8.25版を掲載しました。

ここからさらにブラッシュアップしましょ(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
むりやり2編を合成 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 8月25日(日)13時09分58秒   
   →ロシアは樺太とは、歴史的に全く関係ありません。
明治時代のはじめ、東アジアへ支配地域を拡げたロシアと、当時国力の
弱かった日本が結んだ不平等条約で、樺太はロシア領となってしまいます。
それから30年後、日露戦争を経て南半分が日本に復帰、大きく発展してきました。
先の大戦末期、ソ連(今のロシア)は日ソ中立条約を破って南樺太へ侵攻し、
多くの日本人住民に犠牲者を出した上、そのまま占領しました。
今も、未だ、ロシア連邦に軍事占領されたままなのです。
昭和50年代頃までは樺太出身者も数多く、この島の名称が樺太で
あるという事を知っていました。また、樺太に縁のある人々を中心に返還運動
を起こそうとする機運も時として高まったものです。

樺太は徐々に祖国に忘れ去れつつあります。

我々の先人方が、自らを犠牲として、ロシアより防衛・回復しその後の
樺太開拓も、並々ならぬ努力の末に、大成功を収めたのです。
 我々は、この様な島を決して忘れず、ロシア連邦にその返還を求
めて行く必要があります。
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
なすべきは、日露平和条約の締結 投稿者:M  投稿日:2013年 8月19日(月)13時01分12秒   
   千島列島の領有権では全面降伏、樺太と先島諸島の交換で引き分けでいかが。
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
資料 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 8月16日(金)20時50分35秒   
    資料は、ビラ作りと無縁でもないので、ちょっと書きます。
とは言え、新樺太市への訪問者は皆様良くご存知でしょうから、
釈迦に説法になるかも知れません。

①樺太一九四五年夏(著・金子俊男氏)
⇒戦場特派員が、戦況を中継(報告)している様な趣もある本です。

②ダスビダーニャ、わが樺太(著・道下匡子氏)
⇒終戦後に勃発した真岡砲撃の様子等が書かれていますが、各兵士の“自分が相手を
殺さなければ、自分が相手に殺されてしまう”という様な心理にも言及があります。

③北緯五十四度(著・西村巖氏)
⇒北樺太オハ抑留(≒シベリア抑留)体験記です。過酷な生活環境に晒され、多くの
方々が亡くなりました。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
異議なし。 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 8月 5日(月)17時51分52秒   
   異議なし。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第3節 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 8月 4日(日)02時16分30秒   
   現在、樺太を事実上支配しているロシアは、元々アジアから遠く離れたヨーロッパの国です。
樺太とは、歴史的に全く関係ありません。明治時代のはじめ、東アジアへ支配地域を拡げた
ロシアと、当時国力の弱かった日本が結んだ不平等条約で、樺太はロシア領となってしまい
ます。それから30年後、日露戦争を経て南半分が日本に復帰し、日本の統治下で大きく発展
してきました。先の大戦末期、ソ連(今のロシア)は日ソ中立条約を破って南樺太へ侵攻し、
多くの日本人住民に犠牲者を出した上、そのまま占領しました。続いて自国の領土への編入
を宣言して現在に至りますが、支配する上での法的根拠は今もありません。一方、日本はサ
ンフランシスコ平和条約、言わば敗戦による不平等条約で南樺太を放棄させられています
が、この地域の帰属先は未定です。沖縄がアメリカの施政権下から復帰したように、条約の
内容は変えられます。歴史的に日本の領土である樺太の返還要求は可能です。領土をめぐる
不平等な条約内容を解消し、樺太から沖縄まで平和な日本を取り戻しましょう。

こちらも合成を念頭に圧縮しますと

→ロシアは樺太とは、歴史的に全く関係ありません。
明治時代のはじめ、東アジアへ支配地域を拡げたロシアと、当時国力の
弱かった日本が結んだ不平等条約で、樺太はロシア領となってしまいます。
それから30年後、日露戦争を経て南半分が日本に復帰、大きく発展してきました。
先の大戦末期、ソ連(今のロシア)は日ソ中立条約を破って南樺太へ侵攻し、
多くの日本人住民に犠牲者を出した上、そのまま占領しました。続いて自国の領土への編入
を宣言して現在に至りますが、支配する上での法的根拠は今もありません。
一方、日本はサンフランシスコ平和条約で南樺太を放棄させられていますが、この地域の
帰属先は未定です。領土をめぐる不平等な条約内容を解消し、本来の日本を取り戻しましょう。

とりあえずそれぞれ単独で圧縮してみました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第3節 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 8月 4日(日)02時04分30秒   
   3節まとめますか(・・)
高橋議員案

それでは何故、現代風に言うなれば48番目の県であった南樺太は、
現在、樺太県として実在しないのでしょうか。それは、昭和20年に
『日本とは戦争をしません』と条約(日ソ中立条約)で約束をして
いたソビエト連邦(現在のロシア連邦の前身)が、条約を反故にし、
南樺太を軍事占領したからです。平成の御世となった今も、南樺太
は、厳密に言えば、未だ、ロシア連邦(ソビエト連邦の後継国)に
軍事占領されたままなのです。
 昭和50年代頃までは、大東亜戦争経験者が国内人口の過半数を占
め、樺太出身者も国内各地に数多く点在していた為、国民の圧倒的
多数が北海道の北側にある細長い島の名称が樺太であるという事を
知っていました。また、樺太に縁のある人々を中心に樺太返還運動
を起こそうとする機運も時として高まったものです。
 昭和末期頃になると、戦前の日本を直接知る方々の数も減少し、
樺太に縁のある方々も、あまりいらっしゃらなくなりました。その
結果、樺太は徐々に祖国に忘れ去れつつあります。
 樺太は、江戸・明治年間まで遡れば、我々の先人方が、自らの身
を犠牲として、露国より防衛・回復した島である事が分かります。
その後の樺太開拓も、先人方の並々ならぬ努力の末に、大成功を収
めたのです。
 我々は、この様な島を決して忘れず、ロシア連邦にその返還を求
めて行く必要があります。

いったんぐっと圧縮してみますよ

→昭和20年に日ソ中立条約を反故にし今も、未だ、ロシア連邦に
軍事占領されたままなのです。
昭和50年代頃までは樺太出身者も数多く、この島の名称が樺太で
あるという事を知っていました。また、樺太に縁のある人々を中心に返還運動
を起こそうとする機運も時として高まったものです。

樺太は徐々に祖国に忘れ去れつつあります。

我々の先人方が、自らを犠牲として、ロシアより防衛・回復しその後の
樺太開拓も、並々ならぬ努力の末に、大成功を収めたのです。
 我々は、この様な島を決して忘れず、ロシア連邦にその返還を求
めて行く必要があります。
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
考察 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 7月18日(木)02時06分10秒   
   >ビラ作成の件とは、離れてしまうかもしれませんが

興味深い考察ありがとうございます。
ビラに無関係どころか、私がビラ作成においてもっとも期待していた
ことはこういう考察や議論の高まりです。
 いわゆる北方領土問題とサハリンという呼称については何か関連が
あるのかもしれませんね。

>番組中に『その飛行機はサハリンに向かったぞ』
うーん懐かしい(^^;
あのころはそういうブラック「ユーモア」が許される時代でしたからね。
なんかそんなシーンがあったような気がします。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
再度、断片な記述です。 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 7月17日(水)20時23分2秒   
    二点程、思い出した事を断片的に書きます。

 ①昔、ウルトラクイズという番組がありました。この番組の中では、その性質上、参加
者が勝ち組と負け組に分かれる仕組みになっていました。そして、ある有名人が勝ち組を
罵(ののし)る役を演じていたのですが、彼は、その役を演じる上で、番組中に『その飛
行機はサハリンに向かったぞ』という発言をした事があります。(大韓航空機事件の後で
あったと思います。ですから、今から30年くらい前の事です。)この発言自体は、ちょっ
と不謹慎過ぎますが、30年くらい前に全国放送で露名が一般的に認識されていた一例にな
るかも知れません。

 ②これも、上記と同時期位の話ですが、関口宏氏が司会を務める番組で、外国人が世界
地図の中で日本の位置を認識出来るか否か確かめてみましょうという企画をやっていまし
た。その内容は、通りすがりの外国人に世界地図を見せて、日本の領土を囲ってもらうと
いうものでした。ある外国人が、樺太も含む形で日本を囲ったところ、関口宏氏が、
『樺太も入るんだぁ』という内容の発言をしました。(ハッキリと、樺太と言ったのは
覚えています。)これも、30年くらい前に全国放送で日本名が一般的に認識されていた
一例になるかも知れません。

 あれから随分経った様な気がしますが、樺太呼称に関しては、形勢は、こちら側不利
に傾いてしまったかも知れません。但し、散らしを作りなり何なりして、守るべき物は
守る努力を続けて行きたいと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
一行目にきちんと樺太と書かれています。 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 7月14日(日)18時00分28秒   
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130714-00000028-jij-soci

当たり前の事なのですが、素晴らしいと言ってしまいます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
訂正 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 7月14日(日)16時19分8秒   
    括弧書きの露名であるサハリンとユジノサハリンスクも習ったかも知れませんが、
記憶にはありません。

 ①樺太(サハリン)
 ②ユジノサハリンスク(豊原)

 上記の様な表記でした。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 観光ガイドからの推測 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 7月14日(日)16時12分5秒   
    素晴らしい考察有難うございます。

 少々断片的に書かせて頂きます。

>突然というのは、戦後「支那」が使えなくなったり、ビルマがミャンマーと改称
>したり、何か大きな社会的動きがあって、一般に従わなければならなくなった状況
>を指します。

  気象庁が、平成初期に、突然、『樺太』地名の使用停止に踏み切りました。だから
と言って、同庁が、露名である『サハリン』の使用を開始した訳ではありません。

 一部に、露名であるサハリンを押し付けてくる方々(学者達)も残念ながら存在
します。同じ日本人なのですから、もう少しお互いの共通点を見付ける努力はして
頂きたいものです。

>樺太に関しては戦後68年、ソ連(ロシア)占領という体制に変化がないですし、
>日本政府(外務省)の公式な立場で、あの島を樺太と称することも変わっていないし、
>同じく帰属未定地という位置づけも変わっていないですし、
>樺太が「サハリン」となる特別な事情はありません。

 大きな変化がなく、その為、樺太への無関心が無関心を呼び、樺太史が風化しかかって
いる様な気がします。(樺太に関心のない方が大半なので、少数の学者達が、露名である
『サハリン』を推奨すれば、自然と露名が蔓延してしまうのかも知れません。)

 竹島に対して、政府が徐々にその姿勢を変えつつありますが、これは島根県の方々が、
県土としての竹島を守るべく、心血注ぎ続けた結果です。樺太に関しても、ある程度
大きな団体が、返還運動を行わない限り、その買収による回復させ、困難になってしまい
ます。

>もちろん、昭和50年代より前でも、樺太を「サハリン」と称する日本人はいました。
>ただし、これは一般的な言い方ではありませんでした。

 私は、小学校三年生(又は四年生)の時に、副教材であった地図帳の勉強の時間に
『樺太』と『豊原』という地名で習いました。括弧書きの露名であるサハリンとユジノ
サハリンスクも習ったかも知れませんが、記憶にはありません。

>これは昭和50年代の北方領土返還運動の盛り上げと関連していないでしょうか。

 結局は、ソ連・ロシアに対しての後退であり、ソ連・ロシアの主張の追認の様な気
がします。

 我々が、一人でも多く仲間を増やし、出来る事は全て行い、後世に希望を託しましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
観光ガイドからの推測 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 7月14日(日)12時26分43秒   
   はじめに、ちょっと長いです。
「昭和50年代頃までは、この島を樺太と呼んでいましたが、
昭和末期頃よりサハリンと呼ぶ様になってしまいました。」について、
なぜ昭和50年代なのかという点について、私なりに考えてみました。
(ビラ作成の件とは、離れてしまうかもしれませんが…)

まず樺太が「サハリン」と呼称されるようになったのは、ある日突然ではありません。
だんだんに、そうなってしまったのです。
突然というのは、戦後「支那」が使えなくなったり、ビルマがミャンマーと改称したり、
何か大きな社会的動きがあって、一般に従わなければならなくなった状況を指します。
(個人的には、支那でもビルマでも構いません)
樺太に関しては戦後68年、ソ連(ロシア)占領という体制に変化がないですし、
日本政府(外務省)の公式な立場で、あの島を樺太と称することも変わっていないし、
同じく帰属未定地という位置づけも変わっていないですし、
樺太が「サハリン」となる特別な事情はありません。

もちろん、昭和50年代より前でも、樺太を「サハリン」と称する日本人はいました。
ただし、これは一般的な言い方ではありませんでした。
時代は流れ、経済や観光、交流でロシア占領下の樺太と関わるようになった日本人が、
「サハリン」と言わなければロシア人とうまくいかないと言うならば、
それは当事者の事情としては分からないでもないが、でも樺太のいわゆる開放、
一般人が「入国」手続きさえすれば樺太へ行けるようになったのは、
ソ連崩壊前後からでしょう。昭和時代ではありません。

私の自宅に、昭和40年代~60年代発行の北海道の観光ガイドが6冊あります。
これらの本から、樺太と千島の記述を見てみます。
観光ガイドの記載というのは、政府の公式見解ではありません。
それだけに、一般的な捉え方をよく表しているのではないでしょうか。
(出版社の姿勢、執筆者の考え方にも、影響されるでしょうが…)
参照箇所は、稚内(宗谷岬を含む)、根室(納沙布岬を含む)、羅臼(国後島を望む)。

昭和43年 A社
【樺太の表記】
稚内市関連の記述では、すべて「樺太」
【樺太で特徴的な記載】
「今はソ連領となった樺太」
白鳥が「樺太(サハリン)」からやってくる(「サハリン」は括弧書きのこれ1箇所)
【南千島及び歯舞の表記】
千島、ハボマイ
【千島及び歯舞で特徴的な記載】
「千島とハボマイ諸島を失なった」
「今はソ連となっているハボマイの島々をま近かにのぞむ国境の岬」
「千島、ハボマイに住んでいた人びとの領土復帰の切なる願い」

昭和47年 B社
【樺太の表記】
すべて「カラフト」、ただし「樺太犬」だけ漢字
【樺太で特徴的な記載】
「異郷となったカラフト」
【南千島及び歯舞の表記】
千島列島、ハボマイ諸島、クナシリ
【千島及び歯舞で特徴的な記載】
「千島列島を失って」
根室は「ソ連領ハボマイ諸島と向かいあう国境の岬」
「かつて日本領であったわずか三.八キロ先の貝殻島」
納沙布岬の前に「目に見えぬ国境線」
「今は異国の島となったクナシリ」

昭和53年 A社
【樺太の表記】
最初に「樺太(サハリン)」(「サハリン」は括弧書きのこれ1箇所)、次からは樺太
【樺太で特徴的な記載】
「帰らぬ樺太」
「失われたもの」
【南千島及び歯舞の表記】
千島列島、歯舞諸島
【千島及び歯舞で特徴的な記載】
根室は「国境の町」
「千島列島の北方領土問題でクローズアップされ」
「復帰を願う日本の領土」

昭和59年 C社
【樺太の表記】
すべて「カラフト」
【樺太で特徴的な記載】
稚内は「カラフトと対している国境の町」
【南千島及び歯舞の表記】
北方領土、ハボマイ
【千島及び歯舞で特徴的な記載】
根室は「国境の町という印象が深い」

昭和60年 D社
【樺太の表記】
すべて「カラフト」
【千島及び歯舞の表記】
北方領土
【千島及び歯舞で特徴的な記載】
「ソ連支配下の歯舞諸島と相対する“国境の街”である」
「歴史的にも日本固有の領土」
「その返還については日ソ間の重要な外交課題」
「ソ連支配下の国後島」

昭和61年 A社
【樺太の表記】
すべて「樺太」
【樺太で特徴的な記載】
「今は異国となった樺太」
「今は失われた遠い樺太」
宗谷岬は「戦後日本の最北端になった」
【南千島及び歯舞の表記】
北方領土
【千島及び歯舞で特徴的な記載】
「いまや北方領土返還運動の急先鋒」
「いまだ帰らぬ日本の領土」
「平和裡に樺太と交換したそれ以北の北千島も、ほんとうは日本の領土であるが、
これはソ連に対する遠慮からか声に出されていない」
「北方領土返還は根室の人の、いや日本人の悲願である」

このように見てみると、一定の傾向がわかります。
・かつて、樺太のみならず南千島もソ連領と記載していた。
 これが消えた後、南千島が日本の領土、固有の領土となっている。
 そして南千島の表記が、千島から北方領土へ変化している。
・カラフト、ハボマイといったカタカナ表記があった。
 一般的に、地名のカタカナ表記は、外国の地名について行う。
 今ではほとんど見ないが、かつては政府も使用していたことがある。
・宗谷岬の先も、納沙布岬の先も、国境と表現していた。

樺太と千島を、一律にソ連(失われたもの)と捉えていた状況から、
南千島いわゆる北方領土を取り返す対象とし、それ以外をソ連領と位置づける形へ変化。
これは昭和50年代の北方領土返還運動の盛り上げと関連していないでしょうか。
(昭和56年には「北方領土の日」が始まる。詳細は返還運動資料を参照下さい。)
私は、樺太の地名表記が変化した事情は、この辺にあるのではないかと推測します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
トナカイ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 7月 2日(火)01時28分32秒   
   そうですね。敷香と留多加では気候が違いますからね。(・・)
やはり樺太は興味深い大地です    
 

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
樺太博物誌の件 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 7月 1日(月)18時12分54秒   
    大変勉強になりました。

 有難うございました。

 敷香近辺が南限かなぁと思っていました。

 留多加近郊にも居たんですね。

 留多加は、稲の試作が行われた位、樺太では温暖な方ですから、その近郊にトナカイ
が居たというのは、とても驚きです。

 やはり、散らし作りは勉強になります。    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太のトナカイ 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 6月30日(日)15時06分5秒   
   樺太博物誌に自然生息と書いてあるのですか。
これは、期待通りに行けるかな?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
トナカイ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月29日(土)21時09分50秒   
   手持ちの資料によると・・・・
まずトナカイはアイヌ語。千島のトナカイは人為的に運ばれたものですが
シベリア・樺太のトナカイは自然生息するものとあります。
夏は岩石の多い山間地、冬はツンドラに出かけるようです。
生息地の最南端として留多加近郊にも生息し、これは世界最南端に位置する。

とあります。昭和19年発行 樺太博物誌より    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 夢を持たせる… 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 6月24日(月)21時06分59秒   
    ご両名、誤認、失礼。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
夢を持たせる… 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 6月23日(日)16時25分23秒   
   これは市長様の発言です! 素晴らしい言葉であると私も思います。
2013.6.15 13:24    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: トナカイについて  投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 6月23日(日)12時00分52秒   
    綺麗な論評だと思います。

 そして、「夢を持たせる」という言葉が素晴らしいと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
トナカイについて 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 6月23日(日)11時44分23秒   
   樺太の自然界の詳しいことはわかりませんが、樺太の特色であることは確かでしょう。
同じ日本の北方圏という範囲でも、北海道にはないものです。
樺太を楽しく表現したい、という中で入れたトナカイであり、サンタクロースです。
「夢を持たせる」という視点では、何らかで入れたいところです。
しかし、「大陸から来た」というのが、ロシアの動きとつながっているならば、
ロシア人は「樺太とは、歴史的に全く関係ありません」という表現と重ねると、
やはり、その整合性が気になるところであります。
やはり、何か詳細な情報がありますと幸いです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
トナカイ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月21日(金)01時47分7秒   
   ちょっとトナカイについては手持ち資料をあらって見ます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
トナカイ 投稿者:千島風露  投稿日:2013年 6月18日(火)23時46分38秒   
   自然界に野生のトナカイもいたのか、それとも、放牧されている状態のトナカイしかいな
かったのかは分かりません。確実にいえることは、「野生のトナカイしかいなかった」わけ
ではないことです。なので、「樺太では自然界に生息していました。」の部分、より正確な言
い回しに変更するのであれば、「樺太では自然の中で放牧されていました。」

   
 

--------------------------------------------------------------------------------
本来は 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 6月17日(月)18時20分10秒   
    本来は、数名で膝を突き合わせて書くのが一番良いのですが、
まあ、そう考えるのは私だけかも知れません。

 文字のみの意思疎通でやっている訳ですから、そんなに悪く
ないと思います。本当に難しいんですよ、文字のみを通しての
意思疎通は。

 市長も、千島風露様も、からふとます様も、ふみたろう様も、
他の訪問者の方々も、樺太の将来にとって貴重な人材だと思います。
今後は、皆が可能な範囲に於いてどれだけ団結を強められるかだと
思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
まとめ 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 6月16日(日)20時47分39秒   
   市長様のまとめ(の視点)は、すばらしいです。ありがとうございます。

みんなの議論は欲しいところですね。
もちろんこれからも可能ですから、皆様、ここで発言して欲しいです。
いっしょに、いいものを作り上げていきたいです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
エンジン 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月15日(土)17時03分52秒   
   >市長のエンジンが掛かった

私としてはみんなで議論しながら少しづつつくって
改訂を重ねるつもりだったのですよ(^^A
代行自身は写真など側面支援し文案にクチをださないつもりだったのです。
しかして完成形が2つ提示されたのみでうごきなく、どうもいっきに
作らねばならない感じになってしまいました。

下のまとめはまだ気になる言い回しがありますがいったんのまとめとして
3へ今後取り掛かりましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
統合過程3 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月15日(土)16時56分56秒   
   ここまでいったんまとめますと

「北海道の北へ-樺太へ帰ろう-」

1.北海道の北へ

北海道稚内市の宗谷岬、「日本最北端の地」と言われています。
宗谷岬から北へ、日本はさらに続いています。
 北海道の北にある大きな島、宗谷岬からも見える島、樺太(からふと)。
「サハリン」とも言われますが、これはロシアでの呼び方です。
日本でも、昭和50年代頃までは、この島を樺太と呼んでいまし
たが、昭和末期頃よりサハリンと呼ぶ様になってしまいました。
「北方領土」のように、昭和20年(1945)からロシアが占拠していますが、
樺太は、昔から日本人やアイヌ民族などが住んでいた、日本の島です。
皆さんは、ぜひ樺太と呼んでくださいね

2.樺太のあゆみ

樺太は、とても複雑な歴史を歩んだ島です。
幕末まで、諸藩が警備するなどロシアの南進をくい止めていましたが、
明治政府がまだ国内の内乱により脆弱であった明治初期、ロシアは樺太を
事実上武力制圧しました。それは明治38年、ポーツマス条約によって南樺太が
返還されるまで続きます。
 その後南樺太には、昭和20年まで、樺太庁という県に似た役所が置かれ、
その人口も最盛期には40万人を超えていたのです。これは当時の札幌市の
人口の2倍です。

3.いまどうなってるの
(ここに戦後編をいれる)

4.樺太へ帰ろう!
日本の南極観測で活躍した犬ぞり隊は「樺太犬」です。
サンタクロースのソリで有名なトナカイ、樺太では自然界に生息していました。
樺太の海や川の河口では、北海道と同じようにサケ・マスがたくさん獲れました。
マスの中で漁獲量が最も多いのはカラフトマス、樺太ゆかりの和名です。
寒冷な気候に特徴を持つ、北方の豊かな自然がありました。
広大な森林を資源とした、林業と製紙業が盛んでした。
1枚のきっぷで、日本各地から樺太まで行けました。
そんな樺太へ、いつの日にか樺太へ帰ろう!

となります。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
統合原案 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月15日(土)16時44分24秒   
   こうやって いったん代行が統合原案を作成した後
議論を経て修正を加え、
写真と図面、イラストをつけてA4一枚もの片面にまとめ
印刷しやすいもの(PDF)にしましょう。

おや、トナカイは運んできたものなのですか?
元々生息していたなら無問題ですが・・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
市長のエンジンが掛かった 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 6月15日(土)15時17分38秒   
    市長のエンジンが掛かった。
 これなら、行ける!

 > →つっこみをを避ける

     細かい様ですが、トナカイも元々は大陸から来た様な気がします。
   いや、ただ自然界に生息していたのは事実ですので、問題はないですかね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
引き続き 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月15日(土)14時20分19秒   
   引き続き歴史編の戦後処理部分・・・ここは両議員が大きく説明に
割いている部分になります。
ちょっとすりあわせは議論を要しそうです。

構成としては

1.樺太ってなあに
2.樺太の歴史(戦前まで)
3.今どうなってるの(戦後のこと)
4.夢をもたせる段落

でよいかと思われます。いろいろ考えたのですが写真は自然物一本で行きましょう。
碑などは製作者の意図に反する場合もありますから使用せず。
図説も引用可能であっても使用せず自前で用意しましょう。
イラストはあったほうが親しみやすいですが描く能力をもつ方が現状
高橋是清議員のルートしかありません。

タイトルは 知名度の低い樺太をメインからあえてはずして
「北海道の北へ-樺太へ帰ろう-」 でどうですかね    
 

--------------------------------------------------------------------------------
統合過程2 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月15日(土)14時08分49秒   
   高橋是清議員案 第2.3段落

樺太は、とても複雑な歴史を歩んだ島です。その結果、樺太は、
明治38年に南半分と北半分に分割されてしまいました。この南半分
と北半分を、それぞれ、南樺太及び北樺太と呼びます。・・(注1)
 南樺太には、昭和20年まで、樺太庁という県に似た役所が置かれ、
その人口も最盛期には40万人を超えていました。つまり、現代風の
表現を用いれば、昭和20年までは、北海道の北側に、南樺太をその
領域とした人口40万人の樺太県が実在したのです。

注釈は複雑になるので簡潔化し本文に取り込みましょう。

明治初期(明治政府が樹立間もない頃)、ロシア帝国は、
    我が国の内乱に付け込み、樺太を事実上武力併合しました。
    明治後期(明治政府が確立期を終えた頃)、アジア征服を
    企てていたロシア帝国は、我が国との戦争(日露戦争)に
    敗北し、日本勝利の証として、樺太の南半分(南樺太)を
    我が国に返還したのです。

ですが、気持ちはわかりますがロシアを敵視する記載と戦争そのものを嫌悪
する人もいますのでここはがさっと・・・

明治政府がまだ、国内の内乱により脆弱であった明治初期、ロシアは樺太を
事実上武力制圧しました。それは明治38年、ポーツマス条約によって南樺太が
返還されるまで続きます。

これを本文に挿入した上で分割に関連する記述は南樺太の単語でだいたい理解
できると思いますのでがさっと削りまして(図説があれば理解できるかと思われます)
また江戸幕府の警備について1行ほしいところです。

樺太は、とても複雑な歴史を歩んだ島です。
幕末まで、諸藩が警備するなどロシアの南進をくい止めていましたが、
明治政府がまだ国内の内乱により脆弱であった明治初期、ロシアは樺太を
事実上武力制圧しました。それは明治38年、ポーツマス条約によって南樺太が
返還されるまで続きます。

 南樺太には、昭和20年まで、樺太庁という県に似た役所が置かれ、
その人口も最盛期には40万人を超えていました。領域とした人口40万人の樺太県が実在したのです。

つまり以降は消してもいいですかね。強調されたいのだと思われますが
結局2度同じことを書いているようになります。

そこでこの第2.3段落は

樺太は、とても複雑な歴史を歩んだ島です。
幕末まで、諸藩が警備するなどロシアの南進をくい止めていましたが、
明治政府がまだ国内の内乱により脆弱であった明治初期、ロシアは樺太を
事実上武力制圧しました。それは明治38年、ポーツマス条約によって南樺太が
返還されるまで続きます。
 その後南樺太には、昭和20年まで、樺太庁という県に似た役所が置かれ、
その人口も最盛期には40万人を超えていたのです。これは当時の札幌市の
人口の2倍です。

比較のため札幌市を挿入しました。現在の感覚だと40万人はたいしたことが
ないと受け取られかねません。

これを歴史に関する章として織り込みましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
統合過程 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月15日(土)13時42分10秒   
   からふとます議員案2段落目

日本の南極観測の犬ぞり隊で有名になった樺太犬、そのふるさとが樺太です。
サンタクロースのソリで有名なトナカイ、樺太では自然界に生息していました。
樺太の海や川の河口では、北海道と同じようにサケ・マスがたくさん獲れました。
マスの中で漁獲量が最も多いのはカラフトマス、樺太ゆかりの和名です。
寒冷な気候に特徴を持つ、北方の豊かな自然がありました。
広大な森林を資源とした、林業と製紙業が盛んでした。
1枚のきっぷで、日本各地から樺太まで行けました。
そんな樺太へ、いつの日にか樺太へ帰ろう!

ここは夢を持たせる段落です。基本的に原案でよいかと思われます。
1行目 日本の南極観測の犬ぞり隊で有名になった樺太犬、そのふるさとが樺太です。
ここは
日本の南極観測で活躍した犬ぞり隊は「樺太犬」です。
に変更しましょう。あの犬たちは北海道生まれのためです。
→つっこみをを避ける    
 

--------------------------------------------------------------------------------
論 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月15日(土)01時01分13秒   
   論?もともと返還チラシ・・・1枚もののかんたんな読み物ですからね。
ただ、精査はしながら進めていくべきでしょうね。

可能な限り反論のありそうな部分は削ってしまうほうが無難かと思われます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
一点 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 6月13日(木)18時27分57秒   
    一点だけ、希望がございます。

 もし可能であれば、『論』という事ではなく、『意見広告』(又はそれ相当)に
する事は可能でしょうか。

 返還『論』という事であれば、精査に莫大な労力・時間を要します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
この調子 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月13日(木)01時11分27秒   
   この調子ですこしづつ進めていっていいでしょうかね(^^A
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
改訂等 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 6月11日(火)12時13分22秒   
    改訂等に異議なし。

 意見広告として、より良くなればと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
高橋是清議員案 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月11日(火)01時55分0秒   
   高橋是清議員案について。

章的構成になっていないので

第一段落

北海道の北側には、細長い大きな島があります。この島の日本名
は樺太(からふと)であり、ロシア名はサハリンです。
 日本国民の多くも国内機関の多くも、昭和50年代頃までは、この
細長い島を日本名で樺太と呼んでいましたが、昭和末期頃よりは、
露名でサハリンと呼ぶ様になってきました。

3行目 日本でも に変更 細長いがくどいので削除

北海道の北側には、細長い大きな島があります。この島の日本名
は樺太(からふと)であり、ロシア名はサハリンです。
 日本でも、昭和50年代頃までは、この島を樺太と呼んでいまし
たが、昭和末期頃よりサハリンと呼ぶ様になってきました。

さらに統合案

細長いかどうかは抜いてもいいかもしれません。
統合するとすれば昭和50年まで樺太ときちんと呼んでいたという点ですが
ここは議論期待します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
そこまでいいますなら 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月11日(火)01時44分36秒   
   そこまでご希望なら、1本化+リファイン しましょうか。(^^A

まずは 樺太ってなあに? の導入部です

からふとます議員案

北海道稚内市の宗谷岬、「日本最北端の地」と言われています。
でも正確に言えば、宗谷岬は日本人が国内旅行で行ける最北の地です。
宗谷岬から北へ、日本はさらに続いています。

北海道の北にある大きな島、宗谷岬からも見える島、樺太(からふと)。
「サハリン」とも言われますが、これはロシアでの呼び方です。
「北方領土」のように、今はロシアが事実上支配していますが、
昭和20年(1945)まで、南半分(南樺太)は日本が統治していました。
樺太は、昔から日本人やアイヌ民族などが住んでいた、日本の島です。
皆さん、樺太と呼んでくださいね。

冗長性を低くし2行目を抜きましょう。


北海道稚内市の宗谷岬、「日本最北端の地」と言われています。
宗谷岬から北へ、日本はさらに続いています。

北海道の北にある大きな島、宗谷岬からも見える島、樺太(からふと)。
「サハリン」とも言われますが、これはロシアでの呼び方です。
「北方領土」のように、昭和20年(1945)からロシアが占拠していますが、
樺太は、昔から日本人やアイヌ民族などが住んでいた、日本の島です。
皆さんは、ぜひ樺太と呼んでくださいね(^^

事実上支配→占拠 支配は認めていないので・・・・
統治→この言葉に違和感を感じる人もいるので前行と統合してカット
最終行 文体が唐突に代わるので顔文字いれちゃいました

以下こんな感じでいがですか    
 

--------------------------------------------------------------------------------
状況次第 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 6月 6日(木)18時26分54秒   
   > 高橋様としては、どう考えますか?

    市長が、現状、どれほど余裕をお持ちかによります。

  様々な要因により、今、纏めをされる事が極めて苦痛であれば止められた方が良いで
 しょうし、全く苦痛でなければ是非お願いしたいところです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
まとめは、なかなか難しいですが… 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 6月 5日(水)23時24分33秒   
   こう申し上げるのは大変恐縮ですが、
やはりできれば市長様にまとめをお願いしたいですね。
あるいは、まとめということではなくても、
「ここの部分はこうした方がよいのでは…」というようなコメントが欲しいです。
それから可能なら千島様ほか皆様にも、同様のご協力お願いしたいですね。

長文になるのは、一般人向けとしては避けたいですね。
一定の時間をかけて作成したものながら、既に何箇月もたったので、
私としては改めて今の頭で考えれば、文面のリファインは可能と思いますが、
また写真や地図などを配置した形のものも作成可能と思いますが、
できた後、「好きなほうを見た人が判断」は、アンケート方式を想定していますか?

高橋様としては、どう考えますか?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
擦り合わせ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 6月 2日(日)10時24分35秒   
   からふとます さん おまたせいたしました。
じわじわすりあわせ始めてまいりましょう

と思ったのですが、2案とも元々練られてあるものですから
擦り合わせると、いたずらに文面が長くなりそうな気がします。
2案それぞれリファインして好きなほうを見た人が判断して
もって行ってもらえばいいかと思うのですがいかがでしょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太グループ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 5月27日(月)01時35分56秒   
   新樺太グループトップ画面諸事情により廃止しました。
3階にリンクコーナーのみ移設し市会議員サイトと合体しました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
明治人と小笠原諸島 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 5月19日(日)18時28分1秒   
    樺太返還散らしと無縁でもありませんので、少しだけ、明治人と小笠原諸島に関して
書きます。あの帝国主義・欧米列強中心の時代に、完全に形成不利であった我が国は、
白人勢力に、小笠原諸島が日本領であると認めさせました。これは、様々な証拠提示に
よる部分も大きいのですが、明治人の毅然とした交渉態度による部分が最も大きかった
のではないでしょうか。我々は、元来、畏れを知った民族であり、これは、先人方
(の偉業)を敬う精神にも繋がっていたものと推測されます。先人方を敬う精神からは、
自信が生まれ、これが明治人の毅然とした交渉態度を支えていたものと思われます。

※知識人と称される方々の一部が、先人方(の偉業)を必要以上に否定する傾向が
 あります。彼らの主張と明治二十年生まれの曾祖母から聞いていた事には、随分と
 隔たりがありました。成人した後、自分なりに資料を読み、戦前生まれの方々から
 も様々なお話を何度も聞きました。やはり、知識人と称される方々の一部が仰って
 いる事には、思想に基づく、証明の伴わない断定が多いと思います。

※樺太に住まわれていた方々(少なくとも数十人)に、『植民地に住んでいるという感覚
 を持っていましたか』とお聞きしたところ、全員から『いいえ』という回答を得ました。
 以前この結果をある出版物に記述したところ、この記述に対して、京都の学校での学位
 論文に、『在樺者達は、自分達を支配者・搾取者と認めたくない為に、樺太在住当時、
 自分達が樺太を植民地と感じていなかったと答えたのだ』という反論箇所がある事を
 発見しました。当時の在樺者の年齢と生活環境を無視して、何故、思想に基づく断定
 のみを書くのか不思議です。彼らの周りには和人しかおらず、年齢的にも、支配者・
 搾取者という概念が沸かないのです。この学位論文執筆者は、在樺経験者に取材を
 行ったのでしょうか。

※在樺経験者の中にも、『かつて自分は軍国少年だったけれども、今では改心し、平和
 主義者になった。日本は樺太を侵略した。』と主張される方もいらっしゃいます。
 以前、私は、そういう方々のお話も参考に伺おうと思い、ある方に名刺をお渡しした
 ところ、その方は逃げる様に立ち去られました。あれだけ裏で、筆の暴力を用い、
 私の中傷を行っているのであれば、逃げずに議論なさるべきです。

 話は、随分脇に逸れましたが、思想に基づく樺太史改竄はお止め頂きたいものです。 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太文化 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 5月19日(日)17時08分42秒   
    樺太と日本本土は、出土品等により、相当な昔から何らかの関係を持っていた事が、
分かっています。樺太と日本本土が、本格的に接し始めたのは江戸時代ですが、それでも、
我が国が樺太と本格的に接し始めた最初の国家です。アイヌの方々を中心とした先住民族
への配慮は忘れてはなりませんが、それでも、我が国が樺太と本格的に接し始めた最初の
国家である事は事実です。(中国の影響は、概ね、間接的であり、ロシアは、19世紀に
入り、突然、樺太を奪ったに過ぎません。)現状、新樺太市では、樺太回復を最終的な
目的とした散らしを作成中です。ロシアには、樺太返還を求めて行く事が必要です。

 樺太には、我々の先人方の形成した樺太独特の文化がありました。最終的な樺太回復
を見据えて、樺太文化に関する資料を後世に継承して行く事は急務です。

【樺太文化に関する資料紹介】
①樺太短歌⇒現在でも、樺太ご出身者が、故郷の歌を詠まれ続けています。
②眞岡いろはカルタ⇒近年、眞岡ご出身の方々が、故郷を思い出しながら作成されました。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太史資料三段階 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 5月19日(日)16時38分15秒   
    何度か書きましたが、『樺太沿革・行政史』(著・社団法人全国樺太連盟)は、樺太史
の広辞苑に相当する資料です。そして、『南樺太』(著・西村巖氏)は、この広辞苑の様
な資料をもう少し読み易くした感じの大作です。また、『樺太年表』(著・社団法人全国
樺太連盟)は、これらを凝縮した様な書籍です。

 樺太に関心をお持ちの方は、まず、『樺太年表』をご一読されると良いかも知れません。

 上記三つを勉強すれば、樺太史の相当な部分が、見えて来るのではないでしょうか。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
お役御免 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 5月14日(火)01時48分35秒   
   >お役御免

とんでもない。いまのところPDF化できるのは高橋さんだけですので
最終的に高橋さんにお願いすることになります。
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
市政だより27号 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 5月13日(月)18時03分53秒   
    『市政だより27号』⇒志の一言に尽きます。

 さて、話変わって、返還の散らしの件ですが、
ご指示頂ければ何かしますし、この件にて、私
のお役御免であれば、それでも大丈夫です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
爺爺岳 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 5月12日(日)05時01分54秒   
   根室の納沙布岬から国後島爺爺岳が見えていることから考えると
中知床半島も鈴谷岳も可視範囲であっておかしくない。
条件さえよければ。
爺爺岳は肉眼ではっきり確認できたものの西能登呂岬はかなり
目を凝らさないと見えなかったのは気象のせいか・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
鈴谷岳・幌登山 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 5月12日(日)04時51分3秒   
   >宗谷岬から中知床半島まで確認できるとは、びっくりです。

下の写真は宗谷岬公園、宗谷岬から少し登ったところにあるところから
撮ったものなのですが・・・・

撮影写真を時系列的に見ていくと、樺太が水平線に沈んでいたり
浮かび上がってきたりとかなり不安定です。
遠いので空気の屈折率が大きく影響しているのでしょうね。

写真データから画角を計算したところ
三角山と重蔵山と思っていた山は鈴谷岳・幌登山ではないか
という気がしてきました。
別写真から奥鉢山方向に山影が見られました。
重蔵山なら左側に山影もでないはず・・・

中知床ではなかったようです
・・・・中知床方向にカメラを向けていない。というのが正しい。
もしかしたら山の高さからいっても写っているかもしれない(><)


    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ビラ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 5月 7日(火)18時42分27秒   
   ビラのないようにあわせ使えそうな写真を数点ピックアップして
行く必要がありそうです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
宗谷岬からの眺め 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 5月 7日(火)04時33分0秒   
   市長様

市政だより、読みました。これは、感動的な出張だったですね。
宗谷岬を訪れる人が、このように樺太を眺めてくれたら、
間宮林蔵先生も嬉しいことでしょう。

宗谷岬から中知床半島まで確認できるとは、びっくりです。
見えるのは、最短距離の西能登呂岬周辺としか考えていなかったので…。
市政だより28号に期待します。

さてビラの件、お疲れのところ急がせてしまったようで、申し訳ございません。
市長様のペースでお願いいたします。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
リンク先は 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 5月 7日(火)00時55分18秒   
   リンク先はあってますよ。(・・)
27号のリンク自体が表示されないのなら
1階でリロードしてもだめですかね?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
市政だより27号 投稿者:千島風露  投稿日:2013年 5月 7日(火)00時41分49秒   
   現時点で見れませんでしたが、想定されるURLを手入力したら見れました。「広報課」
ページをもう一度アップロードしなおす作業が必要みたいです。 
http://karafuto.ie-t.net/tayori27.html
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
撮れるだけ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 5月 3日(金)05時24分34秒   
   わずかの時間で撮れるだけ撮ったのですが
能登呂半島に気をとられ、中知床半島の撮影がおろそかに
なってしまいました。
 が本斗-中知床半島がはっきり確認できることが分かりました。
市政だより27号にもアップしてますのでぜひご覧ください。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真 投稿者:千島風露  投稿日:2013年 5月 3日(金)02時47分25秒   
   今までに宗谷岬から撮影されたどの写真よりも鮮明ですね。
まさか、山の立体感まで写せるとは期待してませんでした。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
諸々 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 5月 1日(水)18時06分42秒   
   >ビラのまとめの件ですが、そろそろ3者で議論しながら
>ひとつにしていきましょうか。
>二つの案をいじらないという考えもあったのですがね。

 了解です。

>つまり領土問題が生じたきっかけだけでよいと思います。

 異議なしです。

>普通に思考することのできない国民が多数いるのが実情です。
>まずは、ここを変えたい。

 180度程に意見・思想の違う人とでも、冷静に話し合えば、何かが見えてきます。

 ============================================================================

 ※戦争では、人が死にます。一人でも死ねば、それは如何ともし難い問題となるの
  です。

  ============================================================================    
 

--------------------------------------------------------------------------------
祝辞 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 5月 1日(水)17時52分55秒   
   おめでとうございます。

ありがとうございました。

我が国最北の島が、御市の表紙に掲載され、素晴らしい限りです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ここまで 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 4月29日(月)23時18分54秒   
   >私としては、今の段階で市長様
ここ一ヶ月は宗谷岬へ向かう準備で精一杯だったんですよ。
現地で樺太引き揚げ者の方のお話もわずかですが聞けましたし。
そこそこ実りある出張でした。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 4月29日(月)23時11分44秒   
   写真もとりあえずできましたし、さてつぎに・・・
といいたいところですがおそろしく体力消耗しましたので

つぎの写真分析は5月のテーマにしたいと思います。
ビラのまとめの件ですが、そろそろ3者で議論しながら
ひとつにしていきましょうか。
二つの案をいじらないという考えもあったのですがね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太が近づいた!? 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 4月29日(月)20時22分30秒   
   市長様

おぉー、宗谷岬へ出張していたのですか・・・・・?
公務、お疲れ様です。
樺太写真バッチリではないですか、とってもきれいです。
雪の山並みと海峡の波が、よく合っています。
西能登呂岬が含まれているのは間違いないでしょう。

さて、そろそろビラ一発目を作成しませんか?
私としては、今の段階で市長様に作成(まとめ)をお願いしたいです。
どうでしょう?
本当は、もう少し参画する方が欲しいところですが、
その後残念ながら拡がりがみられません。
けれども、作成してからでも改訂できますし、
運動を拡げるためにもビラは早めに用意した方がよいでしょう。

高橋様

市長様が以前書いておりました。
「レベルは樺太?なにそれ という人向けです」
私は、高橋様が書いていることは理解できます。
ただ、あの戦争全般に踏み込むと、つまらない攻撃をされかねません。
あるいは一般人は、それだけで拒絶してしまうかもしれません。

私としては、あの戦争についての記述は、
ソ連が中立条約を破って樺太及び千島へ侵攻し、占領し、
そのまま自国領への編入を宣言した、
つまり領土問題が生じたきっかけだけでよいと思います。
それを、広く日本の皆さんに伝えられればよいでしょう。
あの戦争のこの部分で、正当性をめぐり議論の余地はないのです。
ただ、あまり知られていない(教えられていない)ので、
普通に思考することのできない国民が多数いるのが実情です。
まずは、ここを変えたい。

そして、一歩進めれば、ロシアに対する領土返還運動で、
いわゆる北方領土と樺太を分ける意味が無いことに気づくでしょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
どこが見えている? 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 4月29日(月)19時07分51秒   
   能登呂半島の山の高さはせいぜい500メートルしかありません。
水平線(約5キロ)の波が異常に大きく見えるので、超望遠である
ことが分かります。
正面の一番高いところが500メートルと仮定すると40キロメートル先なので
水平線下にいくらか隠れていると考えて5-6キロの幅が写っていると考えて
いいのでしょうかね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
西能登呂岬 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 4月29日(月)14時31分47秒   
   たぶん西能登呂岬です。
現地でSAL55300にて撮影。Gレンズ忘れてた(^^;
3時間ねばって見えた瞬間にシャッター切りました。
現地の方のお話では夏は海水温が高くかすんで見えにくいそうです。

    
 

--------------------------------------------------------------------------------
北海道が併合される様なもの 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月30日(土)11時27分36秒   
    明治初期及び先の大戦末期に於ける『樺太の併合』は、平成の今に於ける
『北海道の併合』と基本的に同じです。双方ともロシア(ソ連)の東進・南進
政策(膨張政策)の路線上にあるのです。

 今、北海道が併合されれば、国民は大反対する筈ですが、戦後に於ける我が国の領土
意識の希薄さでは、いずれ、その併合を追認し、その次には、東北地方をも奪われます。
一定の膨張力を保った国が、一定の領土意識を失った国を飲み込む事は珍しい事ではあり
ません。

 遠い将来に於ける樺太回復でも良いから、それを目指して、今、布石を置いておく事が
重要なのです。それには、我々の領土回復意識が必要です。一見、政府は、樺太回復を諦め
ている様に見えますが、実は、そうでもありません。政府内でも、(多くの人がいる為、)
一見は一致していませんし、何よりも、政府見解は、我々(民意)に押される傾向があり
ます。下記、微妙な温度差があるのが、その証拠です。

①-1 南樺太、千島列島についてははっきり述べていませんが、
    ⇒カイロ宣言の上から四行目
①-2 日本はヤルタ協定に参加していないため、この協定に拘束されることはありません。
     ⇒ヤルタ協定の上から五行目
http://www8.cao.go.jp/hoppo/mondai/03.html

② 同地域に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄している日本は、これに異議を
 唱える立場にはありません。
 ⇒本文の一番下から五行目
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/topic.html

③ SQ3 南千島だけでなく,北千島や樺太も頑張った方がよいと思いますか,
  そうは思いませんか。
 ⇒上から十二番目の項目
http://www8.cao.go.jp/survey/s31/S31-07-31-06.html

 ◆我々が、樺太回復を少し意識し始めるだけでも、将来的に相当な違いが生ずる
  のです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
字だらけ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 3月28日(木)01時39分3秒   
   字だらけですね(^^;

>最終段階に向けて、どの様な事を致しましょうか

次のアンケートで意見を取ってみましょう。
あと、とにかく写真確保が重要ですね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
返還散らし(原案の続編) 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月27日(水)18時34分51秒   
    少し視点を変えて書いたつもりです。

 あまり纏まりがないですが、一応、投稿致します。

 最終段階に向けて、どの様な事を致しましょうか。

 区切りを付けるか、もう少し頑張るか、他に何かあるか。。。

 出来れば、もう少し多くの方のご意見を拝聴したいところです。

 ※原版は、Word及びPDFにて市長に回させて頂きます。 
    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太史 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 3月17日(日)10時19分26秒   
   そもそも樺太は、日本を構成している一地域であるのに、
「日本の歴史」の中で語られることが非常に少ない。
例えば、地域的に類似している北海道のあゆみ、
地下資源、森林資源、北洋漁業、農業、国防、
鉄道の敷設、道路の築造、居住に向けた寒冷気候の克服とか、
日本の近代史を特徴付けるこれらの事項は、
北海道と樺太の共通事項として語られるのが本来の形である。
違うのは、樺太は30年間だけ事業が中断したことだ。

なお、北洋漁業のみは中断していない。
樺太漁業は、あの30年間も実質的に日本人が支配していた。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
公平にすれば問題なし。② 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月16日(土)20時50分52秒   
   > 樺太は、そんなに難しい話ではありません。

 樺太の場合、樺太史に関する露出度の過度な低さが解消されれば、
問題がないと思います。

 戦後、明治後期から昭和前期の出来事を過度に否定する風潮が、
強まりました。この過度な否定の中に、樺太史が埋没してしまった
様な気がします。

 樺太史に関する露出度の過度な低さが解消されれば、大半の人々は、
『樺太が日本である事』(『樺太は近現代に於ける日本の領域内にある事』)
に気付くと思います。

 ※樺太が植民地と認識されれば、北海道も沖縄も植民地と認識されてしまう
  のではないでしょうか。また、この様な認識に基づき時を遡れば、東北
  地方も、強いては、今日の首都と呼ばれる東京のある関東地方も、植民地
  になってしまうのではないでしょうか。(関東地方が大和朝廷に服属した
  時期は7世紀頃と言われています。)

 大半の方々は、史実が明らかになれば、樺太が近現代の日本の領域内にある
事に気付くと思います。

(補足)地図帳は大正年間に発刊されたものですので、著作権上の問題はない
    ものと思われます。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
公平にすれば問題なし。① 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月16日(土)20時48分40秒   
   > 樺太は、そんなに難しい話ではありません。

 樺太の場合、樺太史に関する露出度の過度な低さが解消されれば、
問題がないと思います。

 戦後、明治後期から昭和前期の出来事を過度に否定する風潮が、
強まりました。この過度な否定の中に、樺太史が埋没してしまった
様な気がします。

 樺太史に関する露出度の過度な低さが解消されれば、大半の人々は、
『樺太が日本である事』(『樺太は近現代に於ける日本の領域内にある事』)
に気付くと思います。

 ※樺太が植民地と認識されれば、北海道も沖縄も植民地と認識されてしまう
  のではないでしょうか。また、この様な認識に基づき時を遡れば、東北
  地方も、強いては、今日の首都と呼ばれる東京のある関東地方も、植民地
  になってしまうのではないでしょうか。(関東地方が大和朝廷に服属した
  時期は7世紀頃と言われています。)

 大半の方々は、史実が明らかになれば、樺太が近現代の日本の領域内にある
事に気付くと思います。

(補足)地図帳は大正年間に発刊されたものですので、著作権上の問題はない
    ものと思われます。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
了解です。 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月13日(水)12時00分49秒   
   > もっと削った文案上げようかと思ったくらいですよ

   国土地理院の地図を入れて、ワードに書いてみます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
次の段階 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 3月13日(水)02時57分23秒   
   >もう少し分量

もっと削った文案上げようかと思ったくらいですよ(^^;
駅に樺太の豊原駅紹介くらいあってもいいかもしれません
それをちょっと思ったのです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
「次の段階」と「駅ノート」 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月12日(火)12時03分26秒   
   「次の段階」⇒とりあえず、もう少し分量のある物を再投稿した方が良いでしょうか。

「駅ノート」⇒確かに時々見ますが、“駅ノート”という名前があったのですね。
       http://www5d.biglobe.ne.jp/~mujinsta/ekinote.html

       豊原駅に“駅ノート”を置かせて頂くだけでも、市の公共事業になり
       ませんか。勿論、政治色とか返還論色は、“駅ノート”の性質上無理
       であると思われますが、ちょっと知恵を出し合えば、何か特色のある
       “駅ノート”の設置が可能かも知れません。(三人寄れば文殊の知恵)

       ※“駅ノート”・・・・・・元々、交通委員会の話題です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ちょっと休憩(資料紹介) 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月 8日(金)12時23分40秒   
    民族問題等が絡むと、我々の対応力を超えてしまいますが、
将来的に、アイヌ語地名の保存に関する投稿も行いたいです。

 以下、資料紹介です。

①『地名アイヌ語小辞典』(著者:知里 真志保 氏)
   小辞典ですが、内容は、各単語ごとにかなり専門的に書かれて
います。我々一般人には、解読困難な記述も多いと思います。
ただ、資料としては、大変便利であり、アイヌ語に関心のある方は、
是非、お持ちになった方が良いと思います。

②『アイヌ民族の歴史』(著者:榎森 進 氏)
 日露戦争を対外侵略戦争と規定する論調で書かれています。
その他、和人とアイヌの関係に於いても、和人の行った過ちに焦点
を当てる論調で書かれていると思います。
 本書序文で登場する様なアイヌ民族に対する信じられない差別
が本当にあるとすれば、これは由々しき問題です。この序文の内容
が真実であり、登場する教師及び校長が未だご存命であるならば、
彼らには然るべき場所に出頭して頂き、状況を説明して頂かねば
ならないのではないでしょうか。
 史観はさておき、貴重な事柄も沢山記載されています。かなりの
大作・労作である事は間違いありません。何度か繰り返し読んで
みようと思います。
 ※この本の著者の史観と小生の史観の間には、極めて大きな
隔たりがある様ですが、「この本の著者の歴史観には大いに問題が
あるが」等という内容の文言は、歴史に関心を持つ者として、まかり
間違っても書きません。各自の史観には、相違はあれど、正誤は
ありません。「この本の著者の歴史観には大いに問題があるが」と
書いて、それを良しとする論文指導教官の顔が見てみたいもの
です。我が国の、史学会は、「各自の史観には、相違はあれど、
正誤はないと」といった基本的な事も見失う様になったのだろうか。

③『アイヌ語地名ファンブック』(著者:本多 貢 氏)
 アイヌ語地名に関する事柄以外に、史実等も多く書かれて
います。この本の特長は、一般人でも読める様に、その内容が
易しく工夫されて書かれている事です。難解な事を難解に書い
ても、我々一般人には分からない事も多いのです。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
案 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 3月 6日(水)01時24分36秒   
   文案ができて第一段階、図画や写真で第2段階
レイアウトやPDF化で第3段階・・・。

技術力のある方にも協力いただければよいのですが。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
次の段階 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 3月 5日(火)21時03分54秒   
    ご公務ありがとうございます。(ビラ制作室の設置ありがとうございます。)

 川上さんの腕前は、凄いですね。

 さて、次の段階についてですが、私も考えてみます。

 次は、草案段階から原案段階への移行と捉えても宜しいでしょうか?

 何か案とか方向性とか、「こんなのがある!」という方がいらっしゃれば、今からでも
ご参加頂ければと存じます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ビラ制作室へ行ってきました 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 3月 3日(日)16時40分11秒   
   ビラ制作室の設置、ありがとうございます。
早速、行ってきました。
文字と写真とが組み合わさると、やはりいいですね。

写真の掲載は、私としては全然構いませんが、
最終的には、もっときれいな写真を掲載したいですね。
宗谷岬で臨時議会が開催されるなら、出席を検討します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ビラ制作室 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 3月 3日(日)02時02分48秒   
   ビラ制作室を設置しました。
いちいち会議室をさかのぼらなくても読めるようにしました。
からふとますさんの樺太写真は暫定的においてあります。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
たたき台 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 3月 3日(日)01時40分57秒   
   >この写真はこのまま使用

たたき台専用ページをつくって、そこに仮にはめる写真として
使用できれば使用したいですね。無理なら適当な絵をはめましょう。
たたき台の部屋を近々3階に設置しますね。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
仲間、写真、今は、資料 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 2月25日(月)22時14分36秒   
   > 仲間を増やしましょう

  確かに、あまりにも少数派だと、将来的に自然消滅の危機さえ出て来ます。

> 自分の樺太写真

  「からふとます」さんさえ宜しければ、この写真はこのまま使用出来るのでは
ないでしょうか。

> 今は…。

   確かに『今は』、様々な事が困難です。但し、50年先、75年先、100年先は誰にも
分かりません。75年後に樺太回復が達成されている可能性は、必ずしもほぼ零に近い
とは言い切れません。

【資料】

 > 樺太は、そんなに難しい話ではありません。

  確かに樺太が日本領であると理解して頂く事は、そんなに困難な事ではないと思い
ます。まだまだ多くの語り部がいらっしゃいます。そして、先人の残して下さった多く
の資料があります。

 以下、資料紹介です。樺太が回復された時の為に、後世の方々が参考とされる資料を
残しておく必要があると思います。極力多くの資料が継承される事を希望致します。

①樺太の方言・俚言集(著者:辻力氏)

 ・樺太方言に関する小辞典の様な感じの本です。
 ・樺太の言葉は、北海道及び東北のそれらに強く影響されていた事が分かります。

 ※私も、少年期の一部を東北で暮らしましたので、樺太の言葉には、何となく親近感
  を感じます。この本の中には、「これぞ北方の言葉」と感じる様な方言も記載されて
  います。大変貴重な資料だと思います。

②紙パルプ人物私史(著者:小柳道男氏)

 題名には、「紙パルプ」と入っていますが、それ以外の事柄も数多く記されています。
勿論、樺太に関する事も多く入っています。
 題名の通り、正史ではなく私史ですが、それを介して様々な事が垣間見えて来ます。
人々の発想、運命(吉凶)、経済の非情性、戦前・戦中・戦後の比較、樺太に於ける
ソ連軍の様子、その他です。かなり、読み応えがあります。様々な事に応用出来る内容
です。

③樺太防衛の思い出(著者:鈴木康生氏)

 ・樺太版の防衛白書の様な感じです。
 ・かなり詳細な樺太終戦事情の他、樺太史、世界情勢等が織り込まれています。

 ※(「勝てば官軍、負ければ賊軍」となるので)、各自が自案を作り、常に備えて
   おく必要ありという事を仰りたかったのかも知れません。
 ※鈴木参謀(故人)に会われた元校長先生のお話しによりますと、参謀は、時折、
  ピシッピシッと気を付けの様な姿勢をされるとても礼儀正しい方であったそう
  です。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
仲間を増やしましょう 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 2月24日(日)19時22分23秒   
   樺太初投稿写真とは光栄です。
これしか自分の樺太写真は無かったので…

さて、樺太の事実は、一般にあまりに知られていません。
(事実とは、日露日ソ間の戦争だけでなく、過去から現在に至るあゆみ全てを指します。)
日本全体がそういった状況なので、一般人が樺太を日本のものであると理解しないのは、
残念ではありますが、仕方ないことなのかもしれません、今は…。
(政治家や学者やマスコミは一般人ではありませんから、本当は「知らない」ではすみません。)
知らないから誤った理解をしているのならば、今後考え方が変わるかもしれません。
だから、私たちとは考え方が違っている人でも、
協調できない人であると直ちに思うことはないでしょう。

知らない人には、知ることができる機会をつくりましょう。
世の中には、どのように話しても考えを変えない人はいます。
(国家的課題でも、地域社会でも、普段の職場でも…)
けれども、話せば分かってもらえる人は、それなりにいるでしょう。
樺太は、そんなに難しい話ではありません。

私たちがこれから作成するパンフレット(またはビラ)で、
樺太を日本のものであると理解できる仲間を少しずつ増やしましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 「樺太は40年間のみ日露戦争の戦利品」という捉え方 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 2月18日(月)19時02分56秒   
   > 樺太を知らない人も、樺太の事実を知れば、主張を理解してもらえると思う。

   強く賛同致します。

  ※また、樺太に関心を持つ人々が思想の相違等を乗り越え、協調可能な側面に
   於いては、協力し合って行く事を希望致します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 地図 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 2月18日(月)18時53分24秒   
   > これは稚内ですか?樺太本島ですか?

   稚内を考えています。(物凄く運が良ければ、樺太まで足を運べる可能性もあります。)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 2月17日(日)01時59分21秒   
   その双眼鏡写真だと、結構大きく見えますね。(・・)
当市における、実に樺太初投稿写真ではないでしょうか

>ある程度、高い場所から写したものでした
だとすると売店の裏の小山でしょうかね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
「樺太は40年間のみ日露戦争の戦利品」という捉え方 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 2月16日(土)21時45分35秒   
   樺太返還反対者や反日思想の人だけでなく、残念ながら一般の日本人の中にあります。
そしてさらに言うと、既成の「北方領土」返還運動の中にもあります。
樺太を邪魔者扱いする人がいます。
政治家の発言を見ているとそうでしょう。

だいたい「北方領土」という言葉自体に問題があります。
なぜならば、この言葉は南千島、
つまり択捉島以南が千島列島の一部であることを否定する中で出てきたからです。
今では「北方領土」返還運動で、千島を使用しているのは、
千島歯舞諸島居住者連盟という団体名称くらいしか聞かない。
樺太と同様、南千島は死語みたいになってしまった。
昔の記録を見ると、どちらも普通に使っていた地名なのにね。

これは言うまでもなく、日本政府の立場として、択捉島と国後島が
サンフランシスコ平和条約上の「千島列島」ではない、とするためである。
しかし、択捉島と国後島を千島から切り離すのは無理があるのだ。
だって“列島”ですからね、歴史的にも地理的にも一体なのです。
(もちろん居住者の状況から、千島列島の中で南千島の重要度は高い)

樺太を返還運動の対象として認識してもらうには、
「固有の領土」論を乗り越える必要があります。
同時期に占領された千島とともに、帰属未定地も返還要求の対象にできること。
そのためには、既成の運動には無い視点も含めて、
多くの日本人に領土の理解を深めてもらう運動が必要でしょう。
私たちの主張には自信がある。
樺太を知らない人も、樺太の事実を知れば、主張を理解してもらえると思う。

いいパンフレット(またはビラ)をつくりましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
宗谷岬からの写真 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 2月16日(土)21時31分19秒   
   私は宗谷岬に2回行きましたが、2回とも樺太を眺めております。
そして、2回とも夏です。多少曇りでも見えます。
冬の稚内は荒天の日が多いので、なかなか見られないかも…。
しかし天気が良ければ、写真を撮る環境としては良いかもしれません。

遠方から稚内(北海道)を訪ねる場合、
多くの人がある程度前もって旅行日を決めるでしょう。
その場合、当日の天気がどうなるか、全くわかりません。
樺太をぜひ見てみたい皆様、
無難に行くなら、夏に稚内1泊で予定し、
旅行当日の状況で、天気の良い方の日を宗谷岬にすると良いでしょう。
そして、もう1日は他の市内観光にします。
私が3年前に行ったとき、1日目の天気がまあまあだったので、
稚内駅到着後、そのままバスで宗谷岬へ向かいました。
2日目は結構な雨でした。

樺太と「日本最北端の地」の碑とが一緒に写っている写真は、宗谷岬の売店で見ました。
ある程度、高い場所から写したものでした。
ああ、いい感じだなあと、その時思いました。“最北端”の先に日本がある!
写真を撮った人の想いは知らないですけどね。
売っていたのか、飾ってあったのか、記憶があいまいです。

下の写真は、携帯電話を双眼鏡に押し付けて撮影したもの。 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 2月16日(土)14時55分6秒   
   国土地理院の地図のはいい感じですね。(^^
ぜひ活用したいですね。図版は説得力や理解力の向上に役立ちますしね。

>場合により現地まで出向けそうなのが、今秋なので

これは稚内ですか?樺太本島ですか?
いずれにしても写真は多数あるに越したことはありません。
私も機会を伺ってみる予定です。が稚内から40キロ、
空気が澄んで気候が穏やかな日でないと厳しそうですね。
ちなみに市政だよりの国後島はソニーα700・SAL70300Gにて
撮影しています。

   
 

--------------------------------------------------------------------------------
国土地理院の地図 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 2月15日(金)17時46分7秒   
    国土地理院のウェブサイトにある下記の地図は、出所を明記すれば、自由に使用して
良いそうです。初版では、これを活用する事は可能でしょうか。(この地図は、以前も
行政委員会に貼り付けました。)

【国土地理院のウェブサイトよりの抜粋】
http://www.gsi.go.jp/chizuhensyu/chizuhensyu41009.html

注)ダウンロードして自由にお使い頂けます。
  二次利用の場合は、出典の明示だけで申請は不要です。

http://www.gsi.go.jp/common/000058757.pdf

http://www.gsi.go.jp/common/000063549.pdf 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
素案二回目 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 2月12日(火)19時00分8秒   
    北海道の北側には、細長い大きな島があります。この島の日本名
は樺太(からふと)であり、ロシア名はサハリンです。
 日本国民の多くも国内機関の多くも、昭和50年代頃までは、この
細長い島を日本名で樺太と呼んでいましたが、昭和末期頃よりは、
露名でサハリンと呼ぶ様になってきました。
 樺太は、とても複雑な歴史を歩んだ島です。その結果、樺太は、
明治38年に南半分と北半分に分割されてしまいました。この南半分
と北半分を、それぞれ、南樺太及び北樺太と呼びます。・・(注1)
 南樺太には、昭和20年まで、樺太庁という県に似た役所が置かれ、
その人口も最盛期には40万人を超えていました。つまり、現代風の
表現を用いれば、昭和20年までは、北海道の北側に、南樺太をその
領域とした人口40万人の樺太県が実在したのです。
 それでは何故、現代風に言うなれば48番目の県であった南樺太は、
現在、樺太県として実在しないのでしょうか。それは、昭和20年に
『日本とは戦争をしません』と条約(日ソ中立条約)で約束をして
いたソビエト連邦(現在のロシア連邦の前身)が、条約を反故にし、
南樺太を軍事占領したからです。平成の御世となった今も、南樺太
は、厳密に言えば、未だ、ロシア連邦(ソビエト連邦の後継国)に
軍事占領されたままなのです。
 昭和50年代頃までは、大東亜戦争経験者が国内人口の過半数を占
め、樺太出身者も国内各地に数多く点在していた為、国民の圧倒的
多数が北海道の北側にある細長い島の名称が樺太であるという事を
知っていました。また、樺太に縁のある人々を中心に樺太返還運動
を起こそうとする機運も時として高まったものです。
 昭和末期頃になると、戦前の日本を直接知る方々の数も減少し、
樺太に縁のある方々も、あまりいらっしゃらなくなりました。その
結果、樺太は徐々に祖国に忘れ去れつつあります。
 樺太は、江戸・明治年間まで遡れば、我々の先人方が、自らの身
を犠牲として、露国より防衛・回復した島である事が分かります。
その後の樺太開拓も、先人方の並々ならぬ努力の末に、大成功を収
めたのです。
 我々は、この様な島を決して忘れず、ロシア連邦にその返還を求
めて行く必要があります。

(注1)明治初期(明治政府が樹立間もない頃)、ロシア帝国は、
    我が国の内乱に付け込み、樺太を事実上武力併合しました。
    明治後期(明治政府が確立期を終えた頃)、アジア征服を
    企てていたロシア帝国は、我が国との戦争(日露戦争)に
    敗北し、日本勝利の証として、樺太の南半分(南樺太)を
    我が国に返還したのです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
諸々 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 2月12日(火)12時09分7秒   
   > 自前でいきましょう。

   天気予報等を考慮しながら、撮りに行く事も可能ですが、
今秋ならば場合により予定の調整が可能かも知れません。
 双方の都合が良ければ、千島風露さんと日帰りで行って来
るのも良いかも知れない等と考えております。勿論、これは、
千島風露様が、「行ってもイイよ」と仰る場合のみです。
 時期により、羽田から稚内の直行便もある筈なので、その
時が狙い目です。

> 無理なら初版ではあきらめましょう。

  場合により現地まで出向けそうなのが、今秋なので、初版
には間に合わないと思われます。また、出向けない可能性も
幾分はあります。

> 水平線にかすむ島影だけでも載せられればいいな

   以前、漫画様に描いて頂いた挿絵ならば、あります。樺太
関連の活動で使用する許可は挿絵作成時の契約で得ております。
  また、一枚程度であれば、『水平線にかすむ島影』を漫画様
に新規発注する事も可能です。もし、ご関心がおありであれば、
その旨お伝え下さい。

> それと樺太系の運動はわりと反対者が多いのです。

   ただの反対者ではなく、様々な嫌がらせをされる方も多い
です。彼らは、強く洗脳されている状態にある為、彼らの結論
(樺太は40年間のみ日露戦争の戦利品であったという断定)に
沿わない内容の出版物を出すと、異常なまでの筆の暴力を振っ
て来ます。
 その暴力内容は、思想を色濃く反映した物が大半(約全部)
です。罵詈雑言をお書きになる割に、こちらから、『仰りたい
事がおありならば、出向いて直接伺います』と申し上げても、
何の返答もなさらない。あちらから一方的な抗議書の様な物
を送りつけてきておいて、こちらの提案は無視なさる。
 思想の相違等は、対話等によって埋められる部分等もあり
ます。違う意見を反射的に拒絶されるのではなく、まずは、
理性的に(非感情的に)対話される事をお勧め致します。

 ※実際に全く意見を異にする様な方々とでも、対話後には、
『協調可能な面では、どんどん情報交換をしていきましょう』
となる事ばかりです。

> 潰されないようにするのがやっとなんですね。

  他人の意見を封殺しようとするあの陰湿さは何処から来る
のでしょうか。幾つかの大学で学生の方々と簡単な意見をした
折、彼らは『言いたい事があっても、教授の思想(反日思想)
に異を唱えれば、学内にはいられなくなる』と嘆いていました。

  この様な教授の方々の反日思想も、それはそれとして、尊重
致します。但し、人々の思想には相違はあれど正誤はなしという
側面にも目を向けて下さい。学内に於ける事実上の言論弾圧は、
学生にとって百害あれど一利なしです。

  歴史観も同様です。各々の史観に相違はあれど正誤はなしです。

> それから、手間はかかるでしょうけれども、公式ルートの使用
   は探れるでしょうか?

  一定の条件下では、可能です。

  但し、これには、我々が『ドコソコのダレダレです』と明言する
事が第一条件(必要最低条件)となります。都道府県・市町村及び
各省庁は、様々な資料(情報)に加えて、ご助言や励ましのお言葉
等を下さる事が多いです。また、目的・用途も明記しなくてはなり
ません。

 今回は匿名掲示板に於ける有志の活動という事ですから、少々、
困難であると思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
すいません 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 2月11日(月)12時16分13秒   
   いろいろすいません。(・・ヾ
宗谷岬からの写真は一番使用に差し支えなさそうです。

宗谷岬から実際に樺太が見える日って多くないんでしょうね。
私は見えたことがないんですよ

>「日本最北端の地」の碑と一緒に写っていると。
かなり厳しそうなアングルですね(^^;
合成しないと無理かも・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真について(続き) 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 2月 9日(土)14時04分20秒   
   樺太系の運動についての厳しさは、
長く運動している市長様が一番わかっていることと思います。
ですから、良くない展開の可能性が考えられるならば、公式ルートの使用は止めましょう。
もし仮にこの場で、公式ルートの使用を検討するということになったら、
私としては行政機関と交渉してみたい、と思っていました。

さて、稚内から樺太を映した写真を載せる、との案ですが、
私としてもぜひ載せたいと思っています。
(樺太現地の写真掲載が可能か、不可能か、という件と別にして)
なぜならば、普通の日本人が直接樺太を見られる唯一の場所ですから。
私の書いた文案は、宗谷岬を強く意識しています。
「日本最北端の地」の碑と一緒に写っていると、
北海道の北にある島とイメージしやすいでしょう。
他にも、新樺太市政だよりにあるような、
樺太ゆかりの場所の写真を掲載することも考えられると思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
稚内から 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 2月 7日(木)02時24分34秒   
   とりあえず稚内から樺太を映した写真でも撮れればいいのですが( ¨)
水平線にかすむ島影だけでも載せられればいいな    
 

--------------------------------------------------------------------------------
公式ルートの使用 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 2月 3日(日)02時41分50秒   
   >公式ルートの使用

自前でいきましょう。無理なら初版ではあきらめましょう。
自由に使用できるものでなければ再配布困難ですよ。

それと樺太系の運動はわりと反対者が多いのです。
潰されないようにするのがやっとなんですね。
だからこそサイト数を増やそうと思ったのですが
すでに10年近くたっています。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 「樺太返還論」に参加しましょう! 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 1月30日(水)19時34分53秒   
    新樺太市独自の「樺太返還論」も徐々に形が出来つつあります。素晴らしい!

 かふとます様が特に積極的なので、運も後押しをしてくれると思います。

 少々時間をかければ、遅くとも今年中旬には、第一版が出来るのではないでしょうか。

 私も、かなり遅れておりますが、もう一回だけ原案前の素案を書かせて下さい。

>高橋様
>重要な部分を残しつつ、短くしてみました。
>まとめる人(≒方向性を決める人)は、市長様でよろしいですよね?
>昔の写真でも、いいものをぜひ提供してください(使用可能なもの)。

 ・最後は、市長にイイトコドリで纏(まと)めて頂くのが一番現実的なのでは
  ないでしょうか。

 ・資料は、私の保有する書籍等で著作権上の問題が発生しない物は、何でも提出
  致します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真について 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 1月27日(日)19時35分58秒   
   千島様の樺太県2009には、
グーグルマップのきれいな写真が何枚か掲載されていますね。
いつか現地で見てみたいですね。
そうですね、グーグルマップ、ひとつの方法でしょうか。

それから、手間はかかるでしょうけれども、公式ルートの使用は探れるでしょうか?
公式とは、樺連、あるいは北海道や稚内市等の行政機関で、
業務上、過去の樺太資料を保有している組織、また並列世界の樺太を訪れている組織です。
並列世界の樺太を訪れている行政機関には、交流事業と研究事業の2種類があります。
我々が使用の申請をして認められるか?という見方もあるでしょう。
でも、私がとりあえず書いてみた2案は、簡単に言えば、
樺太を紹介し、樺太を知ってもらいたい、
平和な日本、平和な樺太を取り戻したいという、
普通の日本人なら誰でも支持する(反対しない)であろう内容しか書いていないし、
日本政府の公式見解にも反していないし、
行政側から否定されるような市民運動ではありません。
やってみませんか?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
もっと大きい写真を試してみます 投稿者:千島風露  投稿日:2013年 1月23日(水)23時15分30秒   
   王子製紙知取工場の、知取川から巻き上げた原木を工場に運ぶコンベアの骨組みですね。 
http://mw2.google.com/mw-panoramio/photos/medium/9527388.jpg
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真 投稿者:千島風露  投稿日:2013年 1月23日(水)22時28分17秒   
   >自然の景色や国籍を感じさせないものならば現代りの並列世界の
>写真でも使えそうです

最も手間がかからず合法的なのは、グーグルマップの写真を利用する方法ですね。グーグル
マップに掲載されている写真は、以下のようにすれば誰でも面倒な手続きをせずにそのまま使えます。
「グーグル使用許諾」
http://www.google.co.jp/permissions/geoguidelines.html

以下抜粋↓
Google マップ、Google Earth、ストリートビューなどからの対象コンテンツをご自分のウェ
ブサイトで使用する場合、スクリーンショットをアップロードするのではなく、サイト内に
対象コンテンツを埋め込むようにしてください。サイト内に対象コンテンツを埋め込むと、
対象コンテンツが Google のサーバーから直接読み込まれ、適切な権利帰属表示が自動的に
付加されます。コンテンツの埋め込み、Google の API などについて詳しくは、Google マッ
プをウェブページに追加する(英語)をご覧ください。またマイマップを使用してこれを埋め
込んで、地図にマーカー、線、その他のコメントを追加することもできます。埋め込んで使用
する場合には、サービスの利用規約に従うだけでよく、使用許諾を受ける必要はありません
(例外として、製品に関するチュートリアルやニュース記事などで製品の使用方法をデモンス
トレーションする場合で、コンテンツを埋め込むことができないときは、適切な権利帰属表示
を付けたスクリーンショットを使用することができます)。
↑ここまで


↓下記URLは、上記のようにして試しに取得した安別付近の写真 
http://static.panoramio.com/photos/small/49937392.jpg
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
写真 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 1月21日(月)02時29分16秒   
   戦前の写真そのものは著作権は切れているのですが
できれば自前で用意したいところですね・・・

自然の景色や国籍を感じさせないものならば現代りの並列世界の
写真でも使えそうです 大泊港など

やっぱり撮りにいかないと話にならないですね
提供していただけそうな方いないでしょうし

図面とCGだけにしますか・・
CGは川上さんに期待(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
からふとます案(短縮版) 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 1月20日(日)19時29分31秒   
   ビラ向けの短い文章、作ってみました。約900字です。
易しく楽しく観光ガイド、と意識しながら作りました。

樺太へ帰ろう(タイトル)

【表】
北海道稚内市の宗谷岬、「日本最北端の地」と言われています。
でも正確に言えば、宗谷岬は日本人が国内旅行で行ける最北の地です。
宗谷岬から北へ、日本はさらに続いています。

北海道の北にある大きな島、宗谷岬からも見える島、樺太(からふと)。
「サハリン」とも言われますが、これはロシアでの呼び方です。
「北方領土」のように、今はロシアが事実上支配していますが、
昭和20年(1945)まで、南半分(南樺太)は日本が統治していました。
樺太は、昔から日本人やアイヌ民族などが住んでいた、日本の島です。
皆さん、樺太と呼んでくださいね。

日本の南極観測の犬ぞり隊で有名になった樺太犬、そのふるさとが樺太です。
サンタクロースのソリで有名なトナカイ、樺太では自然界に生息していました。
樺太の海や川の河口では、北海道と同じようにサケ・マスがたくさん獲れました。
マスの中で漁獲量が最も多いのはカラフトマス、樺太ゆかりの和名です。
寒冷な気候に特徴を持つ、北方の豊かな自然がありました。
広大な森林を資源とした、林業と製紙業が盛んでした。
1枚のきっぷで、日本各地から樺太まで行けました。
そんな樺太へ、いつの日にか樺太へ帰ろう!

【裏】
現在、樺太を事実上支配しているロシアは、元々アジアから遠く離れたヨーロッパの国です。
樺太とは、歴史的に全く関係ありません。明治時代のはじめ、東アジアへ支配地域を拡げた
ロシアと、当時国力の弱かった日本が結んだ不平等条約で、樺太はロシア領となってしまい
ます。それから30年後、日露戦争を経て南半分が日本に復帰し、日本の統治下で大きく発展
してきました。先の大戦末期、ソ連(今のロシア)は日ソ中立条約を破って南樺太へ侵攻し、
多くの日本人住民に犠牲者を出した上、そのまま占領しました。続いて自国の領土への編入
を宣言して現在に至りますが、支配する上での法的根拠は今もありません。一方、日本はサ
ンフランシスコ平和条約、言わば敗戦による不平等条約で南樺太を放棄させられています
が、この地域の帰属先は未定です。沖縄がアメリカの施政権下から復帰したように、条約の
内容は変えられます。歴史的に日本の領土である樺太の返還要求は可能です。領土をめぐる
不平等な条約内容を解消し、樺太から沖縄まで平和な日本を取り戻しましょう。

【表】は、特に易しく魅力的な内容を、
普通の日本人がイメージ可能な要素を抽出し、まとめました(羅列?)。
【裏】は、ちょっとかたいけれど、歴史的事実経過と、日本が領有する正当性、
そして返還要求できる正当性を盛り込みました。

写真は、観光課「樺太の名勝」に掲示されているようなもの、あるといいですね。
生活の場としての街の風景は、ロシア占領下の現状より、
昔の写真の方が日本の街をイメージできてよいかもしれません。

地図は、日本全国を描くのがひとつの方法ですが、小さくなってしまいます。
ですから、樺太と北海道本島に絞るという方法もあるでしょうか。
地図が大きくなれば、樺太内及び北海道内の地名が書き込めて、
写真と対応させることもできます。

市長様
いろいろな進め方が考えられますが、もし最初からパンフでということならば、
ページの初めの方を易しい内容にして、後から細かい内容を盛り込む、
ということでどうでしょうか。
歴史的経過は、年表にすればコンパクトになるでしょうか。
樺太を知ってもらうのが第一の目的ならば、
全部読んでもらえなくても、一部だけでも読んでもらえれば、
それでもよいかもしれません。

高橋様
重要な部分を残しつつ、短くしてみました。
まとめる人(≒方向性を決める人)は、市長様でよろしいですよね?
昔の写真でも、いいものをぜひ提供してください(使用可能なもの)。

千島風露様
作成に当たっては、千島様の書き込みも利用させてもらっています。
ありがとうございます。
次々に新樺太世界のイメージができるのはすごいですね。
侵略者の名前を使用した並列世界の本斗は、稚内市と友好都市になっています。
稚内市には、本来なら樺太返還運動の拠点になってほしいところですが…。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
資料③ 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 1月13日(日)01時51分46秒   
   「望郷の年譜」の中身は樺太の新聞記事です。

著作権の問題を解決した上で、複写して出来るだけ多くの方々にお配りしたいです。 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
資料② 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 1月13日(日)01時26分6秒   
    釈迦に説法になるかも知れませんが、川路聖謨(かわじ としあきら)様に関する良い
資料です。 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
資料① 投稿者:高橋是清  投稿日:2013年 1月13日(日)01時21分43秒   
    釈迦に説法になるかも知れませんが、間宮林蔵様に関する良い資料です。

 ※二枚目の写真は、高橋大輔様の講演会で直接サインを頂いたものです。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
やりやすい方で 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2013年 1月 6日(日)12時54分26秒   
   >第2回目は、ビラ向け800字版を作成してみます。

無理かけます。(・・)
ビラのほうが作成の難易度が低いかと思ったのですが
最初からパンフでいこう というのもありだと思いますよ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
10月 1日へのレス 投稿者:千島風露  投稿日:2013年 1月 6日(日)03時32分24秒   
   からふとますさんの文案があまりにも立派なので、ちょっと書き込むのに躊躇してしまいます。
まあ、ひとりでしまいこんでいても仕方がないので、メモ程度のものではありますが、
ちょっと書いておきます。

>ネヴェリスコイ
そうか、本斗の僭称はこのロシア人の名前から取ったんだな。

>有史以前の部分
北海道と同様、縄文土器が発掘されており、縄文人が居住。本州以南に稲作が伝来したことで、
和人(本土日本人)と(当時、気候の制約で稲作が不可能だった)北海道・樺太のアイヌ人と
が形成されたが、もともとは縄文時代を共有する人々である。

>大陸の影響は実際にはほとんどなかったという事を強調する形
間宮林蔵が海峡を越えて大陸側の清朝の役所のあるデレンに行った際、清朝の役人は海峡の
大陸側が清国で、向こう側(樺太)は日本だと認識していたことを取り上げれば済むのでは
ないでしょうか。

江戸時代、当時の樺太の住民は朝貢という形で清国と交易を行なっていました。が、これは
、かつての卑弥呼や、(金印をもらった)奴国がやっていたことと同じことです。(かつての
朝貢の事実をもとに中国領と主張するなら、日本そのものが中国領でなければならないという、
おかしなことになってしまう)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
「樺太返還論」に参加しましょう! 投稿者:からふとます  投稿日:2013年 1月 5日(土)14時31分0秒   
   新樺太市を訪れている皆さん、
公共事業「樺太返還論」に参加しましょう(パンフ・ビラを含む)。
市長様から、もう少し参加が欲しい旨の発言がありますが、
私からもこれを期待し、呼びかけます。
みんなの公共事業です、みんなでつくりましょう。
市議会での皆さんの発言をみていると、
私よりずっと樺太に詳しい方、思い入れのある方は多いです。
文案、意見、資料提供など、よろしくお願いいたします。
良いものを集めて、より良いものを作りたいです。

さて、12月22日に貼り付けた「からふとます案」ですが、
私としては、市長様が“ぱっと思いつきで書いただけ”という4節が
結構気に入ったので、まずはこれに沿って書いてみたのです。
第2回目は、ビラ向け800字版を作成してみます。
字数の関係で、あの4節は考えずにやってみます。
とても短い文章ですが、再度観光ガイドを追求してみます。
目標は、今月中旬です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
諸々 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年12月26日(水)22時27分33秒   
   > からふとます案

  限られた範囲で色々な重要な事が書かれていると思います。
 (これって、かなり時間掛かりましたよね。)

> いろいろ書いたものを圧縮させてきましたが、現段階でこれ以上は難しいです。

   私も、もう一回だけ素案を書いてみようと思います。
 (次回は、もう少し多く書いてみようと思います。)

  その後で、素案段階から原案段階に入れればと思っています。

  ※最後は、纏める人(≒方向性を決める人)が必要ですので、その方に、
   必要な部分のみを抜粋・加筆して頂きながら、形を作って行きますか?
   来年前半くらいに第一回目の返還論が完成出来れば良いと思います。

> ビラをつくるなら正直現地写真がほしい。できれば魅力的な

 頂いた最近の写真は、あります。

 けれど、粉塵(ふんじん)が舞う道路とかレーニン像とか「恵須取神社」って書かれた
石柱だけ残っている様子とかボロボロで悲惨なホテルの部屋とかしかないです。現地まで
出向く機会があればイズレ撮って来ます。死ぬまでには一回行こうと思ってはいます。
ただやはり露国査証は、欲しくないところです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
観光ガイド 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年12月24日(月)22時51分2秒   
   今、玄関にてアンケートとってますが
旅行に関してはややきびしめな反応ですね。

観光に関しては国際河川、トナカイそり、ツンドラ
いろいろ面白そうなところもあるのですがね。

ビラはもっとずっとシンプルでいいかもしれませんね。
パンフを2000-4000字クラス、ビラは800字クラス。
ビラをつくるなら正直現地写真がほしい。できれば魅力的な    
 

--------------------------------------------------------------------------------
読んでもらえるもの 投稿者:からふとます  投稿日:2012年12月24日(月)09時11分54秒   
   ビラとパンフの両方(短いのと長いの)を並行させるということも考えられますが、
(新樺太市教育委員会事務局歴史係「樺太県史」のように)
まずはビラからでしょうか。

やはり一般人がさらっと読めるのは、2,000字程度でしょう。
できれば、もっと少ない方がよいかもしれません。
地図や写真など、視覚的な工夫も必要です。
とにかく、手にとって読んでもらわないと始まりません。
無関心な人が圧倒的な状況下、「樺太ってなあに」というところから、
樺太に関心を持ってもらうことを第一に考えなければならないのでしょう。
(今風なやり方では、最後に「詳しくはホームページで」という誘導も可能か?)
そうなると改めてですが、最低限何を書かなければならないか、
ということになってくるのではないでしょうか。

この度、自分で初めて「樺太」を書いてみて何なんですが、
楽しさという点で弱いんですね。「観光ガイド」にはならなかった。
例えとして適切なのか分からないのですが、
本州以南の人は「北海道」というだけで憧れる、
北海道の人は北海道が「日本で一番良いところ」だと思っている、
だったら、北海道本島より北にある樺太は、もっと良いところだ、と。
そうならないかなあ。

年内に第1回目という自分の目標だったので、とりあえず投稿しましたが、
年が明けてから、私自身もう少し考えてみたいと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
パンフかビラか 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年12月24日(月)01時52分13秒   
   パンフを作るかビラを作るかで適切な長さが大きく変わるのですが

実際に形にするには 文章のほかに図面、できれば写真。
さらにPDFにして印刷できるようにする
などの技術が必要になります。そしてそれはビラよりパンフの方が
すこし技術がいりそうです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
からふとます案 投稿者:からふとます  投稿日:2012年12月22日(土)19時42分5秒   
   約1ヶ月遅れましたが、できました。
作成に当たり、市長様から事前に了解をいただいたので、
新樺太市役所ホームページ及び市議会発言録の中にある私が気に入った表現は、
積極的に引用しました。作成できたのは、市長様はじめ皆様のおかげです。

樺太へ帰ろう・・・(タイトル)
1.樺太ってなあに
 皆さんは日本列島といえばどの島から言いますか?北海道?あれあれ、その北にひとつ忘
れ去られた大きな島がありますよ。現在、ロシアが不法に自国の領土だと主張している樺太。
一人だけ仲間はずれはかわいそうですね。この島はサハリンとも言われますが、これはロシ
アでの名称です。樺太は、昔から日本人が住んでいた、日本の島です。皆さん、樺太と呼ん
でくださいね。日本列島の5大島、本州、北海道、樺太、九州、四国、5つそろって日本列
島です。
 樺太は、北海道と似た歴史を持っています。気候は寒冷で冬は雪深く、古くからアイヌ民
族などが住み、独自の文化を形成していました。やがて日本人が渡って住むようになり、国
土としては日本の一部となっていきます。ロシアという国は、元々アジアから遠く離れた所
にあったのですが、次第に東側へ支配地域を拡げ、ついには日本人の住む島々も狙うように
なりました。明治時代の初め、当時国力の弱かった日本は、ロシアと樺太千島交換条約を結
び、樺太はロシア領になってしまいます。それから30年後、日露戦争を経て結ばれた講和条
約で、樺太の北緯50度以南(南樺太)が日本に復帰したのです。
 復帰以来40年、日本統治下で近代樺太は建設され、発展してきました。北海道以南から多
くの日本人が渡り、樺太の人口は急増します。北方の海でのサケ・マス漁を中心した水産業、
広い面積を占めた森林を資源した林業とこれを活用した製紙業、農業や酪農業、石炭などの
地下資源を掘り出す鉱業、これらと連動して大きくなった鉄道や各種商工業、樺太はこうし
た産業とそこに働く日本人の礎の上にできたのです。開拓に全力をそそいだ日本人の姿が
目に浮かびます。昭和16年(1941)の記録では、南樺太に41万もの人が住んでいたのです。
2.なぜ樺太は地図で白くなっているの
 平和な島だった樺太は、昭和20年(1945)8月9日、突然戦場となってしまいます。当時、
日本はアメリカなどと戦争をしていましたが、ソ連(今のロシア)との間には日ソ中立条約
があって、両国の戦争は起きないはずでした。しかし、ソ連は一方的にこの約束を破り、南
樺太へ侵攻したのです。先の大戦で日本国内の地上戦は、あの沖縄戦だけではありません。
8月15日を「終戦記念日」と言っていますが、当時樺太ではこの日以降もソ連による侵攻は
止むことなく、むしろ強まっていったのです。ソ連軍と戦っていた日本軍は、もう戦争をや
めようと働きかけましたが、ソ連軍はなかなかこれに応じようとしませんでした。
 多くの日本人住民に犠牲者を出した後、ソ連は南樺太全域を占領しました。そして昭和21
年(1946)2月2日、自国の領土への編入を宣言したのです。その後、樺太在住の日本人は、
昭和24年(1949)までに大半が北海道以南へ引き上げてきました。昭和27年(1951)、サン
フランシスコ平和条約が発効し、日本は独立を回復します。この条約の中で、日本は南樺太
に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する、とされたのです。ソ連は条約の内容に
不満を持ち、これに参加しなかったので、日本が放棄させられた南樺太の帰属先は未定のま
まとなりました。このため、日本国内で発行されている地図上では国境線が2本、北緯50度
と宗谷海峡に引かれ、南樺太は日本でもロシアでもない色で区分されているのです。今では
樺太全体をロシア領として記載している地図もありますが、これは正しくありません。
3.樺太は今どうなっているの
 樺太を占領したソ連は、日本が40年間に渡って築き上げてきた社会的資産を活用し、ロシ
ア人を住まわせ、サハリン州という行政機構を置き、事実上支配してきました。しかし、日
本が南樺太を放棄させられた後、この帰属先は国際的に未定ですから、ソ連が支配する法的
根拠がないので「不法占拠」なのです。
 戦後、アメリカとソ連を中心とする二大陣営の間で続いた冷戦構造(軍事的緊張)の中で、
普通の日本人がソ連支配下の樺太へ上陸することはなかなか難しく、一部に墓参などが行わ
れる程度でした。時代は流れて冷戦は終結し、平成3年(1991)にソ連は崩壊して新生ロシア
が成立しました。いわゆる改革・開放が進む中で、北海道から樺太への航路が復活し、航空
路線も開設され、誰もが樺太へ行くことが可能となりました。ただし、ロシアのビザを取っ
て、つまりロシアの領土であることを認める形を取らないと、樺太へ行くことはできないの
です。
 日本とロシアは、樺太の水産資源や地下資源などを通して、北方地域の経済的な結び付き
も強まっています。スーパーに並んでいるロシア産と書いてある魚は、実は樺太産かもしれ
ません。私たちが使っている電気の一部は、実は樺太の石炭で発電したものかもしれません。
本来は日本の、国産の資源です。このままで良いのでしょうか。
4.樺太をかえしてもらおう
 北海道稚内市の宗谷岬、ここには「日本最北端の地」という碑があって、多くの観光客が
訪れています。宗谷岬は正確に言えば、日本人が国内旅行で行ける最北の場所です。ここか
らもっと北へオホーツク海を囲むように、いわゆる北方領土を含む千島列島、そして樺太と、
歴史的な日本の領土は大きく広がっています。宗谷岬からは、43㎞先にある樺太を望むこと
ができます。今は望むことしかできませんが、昔はビザもパスポートもいらずに、誰でも船
で宗谷海峡を渡ることができたのです。
 日本固有の領土、という表現があります。固有の領土とは、一度も他国の領土とはなって
いない場所のことを指すといわれます。尖閣諸島、竹島、北方領土など、日本では領土を主
張する根拠に度々使われています。しかし、1度でも他国の領土となったことのある場合は、
その過程がどんなに不当であっても返還要求できないのでしょうか。明治の初めに日本が樺
太を失ったのは、国力が弱かった日本がやむを得ず結んだ不平等条約によるものです。樺太
は、日露戦争でロシアから奪ったのではなく、日本の領土へ復帰したのです。
 敗戦後の日本は、全く抵抗できない状態にありながらも、交戦国との講和に際して樺太領
有に関する主張を伝えていましたが、最終的に放棄させられました。サンフランシスコ平和
条約は、言うならば敗戦による不平等条約です。でも、その内容が絶対で永久に変わらない
わけではありません。戦後沖縄は、アメリカの施政権下に置かれましたが、昭和47年(1972)
に日本へ復帰しました。樺太から沖縄まで日本はひとつ、私たちは領土をめぐる不平等な条
約内容を解消し、平和な島を取り戻したいのです。樺太は放棄した島だから返還要求できな
い、ということはありません。私たちは、国民が正しく樺太の歴史を知って、日本が領有す
る正当性を理解し、国民世論が盛り上がるよう、活動しています。

1節から3節までは時系列的に文章の流れをつくり、4節で返還を呼びかけます。
約2,600字です。一般人がさらっと読める2,000字程度を意識して、
いろいろ書いたものを圧縮させてきましたが、現段階でこれ以上は難しいです。
削れなくはないけれど、読み物としての面白さがなくなってしまいます。
まあ1回目ということでお許しください。
最後に、考え方を記しておきます。
・文章はできるだけ平易にした。
・普通の日本国民なら誰でも支持する(反対しない)であろう内容とした。
・「何だろう」と思わせるもの(面白さ)を盛り込むことを意識した。
 当たり前と思っていたことがそうでないなあ、と感じられるもの。
・短い文章で樺太の歴史を正確に書くのは困難で、記述は最低限にせざるをえない。
 ただし、本来ロシア(人)は樺太と全く関係がないこと、
 樺太は日本(人)が築き上げた地域であること、
 ソ連は約束事を破った国であること、それが領土問題が生じたきっかけであること、
 沖縄を例に、サンフランシスコ平和条約は絶対に変えられないというものではないこと、
 (沖縄が本当に返還なのか、という考え方があるのは承知しているが…)
 といったことは意識的に含めた。
・地名の表記について、「サハリン」は最低限にした(無しというわけにもいかない)。
 「南樺太」は特に北緯50度以南を意識する場合のみ、その他は「樺太」とした。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
高橋素案一回目 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年11月25日(日)19時44分43秒   
    樺太とは、北海道の北側に位置する細長い島です。

 総務庁統計局の『日本の統計2000』及び社団法人全国樺太連盟の『樺太沿革・行政史』
によると、北海道及び樺太の面積は、それぞれ、83,452平方キロメートル及び74,415平方
キロメートルです。つまり、樺太とは、北海道の北方にある北海道より少し小さな島です。

 樺太は、北緯50度を境界線として、南側を南樺太と呼ぶのに対し、北側を北樺太と呼び
ます。何故ならば、昭和前期まで、南半分である南樺太が日本の領土であったのに対し、
北半分である北樺太がソビエト連邦の領土であったからです。尚、昭和前期まで、南樺太
のみを樺太と呼び、ソ連領であった北樺太をサガレンと呼ぶ事もありました。

 さて、日本の領土であった南樺太は、昭和前期まで、地理的及び行政的にどの様な所で
あったのでしょうか。樺太(南樺太)の面積は、36,090.3キロ平方メートルであり、これ
は、九州のそれよりも少し小さい程度です。樺太(南樺太)には、樺太庁と呼ばれる役所
が置かれ、樺太庁長官と呼ばれる日本政府の高官が、この役所の最高責任者でした。樺太
庁及び樺太庁長官は、現代風に言えば、それぞれ、樺太県及び樺太県知事に相当します。
これは、昭和前期頃の北海道の行政制度(北海道庁及び北海道庁長官)を模範としたもの
です。但し、法律上、北海道庁は内地設置組織と見なされていたのに対し、樺太庁は、長
らくの間、外地設置組織と見なされていました。これは、後述もしますが、樺太島全体が、
江戸時代後期にロシア帝国の侵略を受け始め、明治時代初期に同帝国により事実上武力で
奪われたものの、明治時代後期に至り、我々の先人方がその半分に相当する南樺太を回復
した為です。もっと簡単に言えば、樺太が、極めて複雑な歴史を歩んだ為です。

 昭和前期頃の樺太(南樺太)の概略として、その人口及びその構成比も見てみましょう。
昭和16年に行われた国勢調査による樺太(南樺太)の人口は40万人強であり、その9割5分
以上に相当する38万人強は日本人でした。平成22年から平成24年までに、筆者が、樺太ご
出身者少なくとも二十数名以上に直接対面形式の取材を行い、その方々に『樺太に於ける
ご生活中に、植民地に住んでいるという感覚をお持ちになっていましたか』という質問を
させて頂いたところ、全員から『日常生活の中で植民地に住んでいるという感覚は持って
いなかった』というご回答を頂きました。これは、上記に於いて示した通り、樺太の人口
のほぼ全てが日本人であったからです。また、アイヌは、独自の集落を維持する方々も多
かった為、豊原、大泊、真岡及び恵須取等の樺太を代表する都市は、(ほぼ)完全な日本
人社会でした。以前より上記二十数名の方々以外にも、同様の質問は、何度も行いました
が、植民地に住んでいたという感覚をお持ちになっていた方には現状お会いするに至って
おりません。これらの方々の中には、『君は、ほとんど日本人しかいなかった事は皆に聞
いて知ってるんだろ?だったら、そんな事は聞かなくとも分かるだろ』との半ば叱責的な
ご回答を下さる方もいらっしゃいました。

 昭和前期頃の樺太(南樺太)の概略を述べましたので、次に、北樺太を含む樺太島全体
の歴史に少し触れてみます。

 7世紀頃、樺太島に国家として最初に接触を開始したのは、支那(中国)の王朝ですが、
歴代の支那(中国)の王朝は、本格的な樺太統治・経営には乗り出さず、19世紀後半に於
ける清朝の時代に、ロマノフ朝ロシア帝国の膨張圧力により、樺太島への影響力を完全に
失います。何が起きたかと言えば、清朝の領土であった樺太対岸地域をも含む極めて広大
な土地をロマノフ朝に奪われ、支那(中国)本土が、樺太島と接しない状態に陥り、同島
への影響力を完全に失ったのです。清朝に替わり、その領土を樺太島に接する様になった
のが、ロマノフ朝です。ここで少し、前者と後者の樺太島に対する領有権意識の違いに触
れます。清朝を含む歴代の支那(中国)の王朝は、前述の通り、本格的な樺太統治を目指
さなかった為、出土品等により有史以前より樺太と何らかの関係を持っていたと考えられ
ている我が国も、15世紀から16世紀頃より徐々に樺太領有の意思を持ち始め、17世紀には、
江戸幕府配下の松前藩が、緩やかな樺太統治を開始します。日支(日中)の樺太進出に遅
れながらも、19世紀初期になり樺太奪取への関心を持ち始めたロマノフ朝ロシア帝国は、
その頃までに手中に納めていた北千島を足場として、樺太への領土的野心を強めた為、我
が国と摩擦を持ち始めます。

 17世紀に、松前藩が、自藩の領内に樺太を組み込んだ状態で、その支配地域を江戸幕府
に報告した為、我が国が、樺太領有の意思を示した最初の国家であるという事になります。
しかし、我が国は、清朝と同様にロマノフ朝ロシア帝国の膨張圧力により、19世紀に樺太
に対する主権を完全に失います。何が起きたかと言えば、ロマノフ朝ロシア帝国の圧力に
屈し、北千島18島と引き換えに、樺太於ける主権を同朝に引き渡したのです。

 その後、富国強兵を行った明治政府が、日露戦争の結果、樺太島の南半分(南樺太)の
主権を回復します。しかし、ロマノフ朝ロシア帝国を引き継いだソビエト連邦が、大東亜
戦争末期に、二国間の正式な約束である日ソ中立条約を無視し、南樺太を再度武力により
併合したのです。

 我が国には、樺太(南樺太)を領有する歴史的な根拠があるにも関わらず、大東亜戦争
後に戦勝国により流布された日本悪玉論とそれを自己都合により流布し続ける勢力により
樺太返還論が起きない現実があります。

 ※かなり速記・短縮しました。まずは、一回目の素案として投稿します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
あわてないで 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年11月20日(火)01時57分38秒   
   あわてないでいきましょうよ(^^
私としては参加者もう2人くらいほしいところです
多すぎてもまとまらないのですが・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
その後 投稿者:からふとます  投稿日:2012年11月18日(日)13時22分50秒   
   開始宣言から約1ヶ月経過しましたが、
予定通り進みませんでした…よくある話!?
申し訳ございません。
私といたしましては、次の目標を年内と定めて、
第1回目をここに貼り付けます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
了解です。 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月26日(金)12時22分19秒   
    一月位かけて、第一回目を書いて、ココに貼り付けます。

 その後、各議員の方々のご意見を伺い、削除・加筆・修正等を行います。

 そうですね、来春までには、新樺太市としての樺太返還論を完成させましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ぼちぼち 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年10月26日(金)02時29分54秒   
   皆さんの得意分野を生かしながらつくっていきましょう。
春までには形にしたいですね。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
高橋是清 投稿者:Re: さあ、始めよう!  投稿日:2012年10月24日(水)12時34分37秒   
    了解です。開始致しましょう。

> 公式な立場では、こう言わざるを得なかったということでしょうか。

 まずは、南樺太の返還を後押しする世論が必要だと思います。

 世論の高まりに応じて、時の政権は、様々な解釈を一瞬にして変えます。

 国民が南樺太の返還を切望すれば、時の政権も動かざるを得なくなります。

> 「なぜ地図で白くなっているの」の外務省説明

 白い間は、まだ返還の可能性があると思います。

 200年後でも良いですから、返して頂かないといけないと思います。

 それを考えると、麻生氏の樺太ご訪問は、日本にとって打撃です。

 今、出来る事は、「ふみたろう」氏の主張される様に豊原の総領事館を閉める事です。

 これに代わり、民間の駐在所を開設すれば済むはずです。
(台北の交流協会の様な事務所を置く事も可能だと思います。)

> 樺太年表の中の観光案内と、同じものでしょうか。

 今、見てきましたが、これだけだと何とも言えません。

 図にしてある観光案内の部分は、一頁ですので、将来的にメールにて差し上げる事は
可能です。(もしかすると、樺太連盟にて、まだ在庫を販売しているかも知れません。)    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
さあ、始めよう! 投稿者:からふとます  投稿日:2012年10月21日(日)10時45分37秒   
   高橋様
アメリカ占領下のあの時代、
講和条約の、南樺太及び北千島放棄に関する条項の草案に対して、
36通もの抗議書を送っていたということ。
知りませんでした。がんばっていたんですね。

講和条約前後の国会議事録、
樺太の件が国会で議論されていた頃の話ですが、政府は、
ポツダム宣言を受諾したから、日本の領土を決めるのは連合国、
樺太と千島を放棄すると決まったのだから受け入れなければならない、
だいたいこういう感じの答弁です。
(詳しくは、2010年11月15日新樺太市領土委員会議事録)
実際の行動と国会答弁に差があるように思えます。
公式な立場では、こう言わざるを得なかったということでしょうか。

「なぜ地図で白くなっているの」の外務省説明
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/topic.html

市長様、高橋様
観光課にある、樺太庁「夏は樺太へ 観光案内」について、
前から気になっていました。中身を見てみたいです。
樺太年表の中の観光案内と、同じものでしょうか。

さて、樺太返還ビラの文案作成、今日から始めますよ。
ここを訪れている皆さん、それぞれの樺太を書いてみましょう。
そして、みんなでいいものを作りましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太の観光案内 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月18日(木)12時44分30秒   
   > そう観光ガイドが参考になるかと思います。

   「観光ガイド」という言葉で、何となく感覚がつかめました。

樺太年表の中には、樺太の観光案内もあるんですよ。
これはご覧になった事はありますか。
この年表の中には、他にも樺太の楽しさ等が記述されています。
差し上げられるものであれば、差し上げたいです。
少しずつ抜粋してメール送信するという手法もありますが、これは気の長い話になります。

話は変わりますが、「真岡かるた」というものもあります。
いずれ電子化して、著作権を侵害しない形式で公開したいと思います。

樺太の楽しさは沢山ありますね。

http://userimg.teacup.com/userimg/6730.teacup.com/karafuto/img/bbs/0000204.jpg
http://6730.teacup.com/karafuto/img/bbs/0000204_2.jpg    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太ってなあに 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年10月18日(木)01時37分19秒   
   樺太ってなあに はからふとますさんのおっしゃるとおり。
観光的産業的地政学的 さまざまな魅力を盛り込んで、
樺太に行きたい、樺太に住みたい という内容がよいですね。

・・・そう観光ガイドが参考になるかと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
箇条書き 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月15日(月)23時01分21秒   
   以下、纏(まと)まりがない状態で恐縮ですが、
箇条書き程度に書きます。あくまでも、箇条書き
程度の参考情報です。それと長いので、一読される
必要はなく、何回かに分けて、少しずつお読み頂け
ればと思います。

下記の「南樺太」(著・西村巖)を読みますと、
サンフランシスコ講和条約締結までに、日本政府は、
南樺太及び北千島放棄に関する条項の草案に対して、
36通の抗議書を米国に送っています。何故ならば、
南樺太及び(南)千島は、日本固有の領土であり、
他の植民地と同列ではないからです。

※我が国は、敗戦国であり、全く抵抗が出来ない
状態でも、36通もの抗議書を送りました。それでも
最後は、無理矢理、固有の領土を放棄させられた様
なものです。

ここで少し、帝政ロシア・ソ連・ロシア連邦の侵略性
に関して書きます。
◆千島・樺太交換条約は、名ばかりの交換条約であり、
樺太は、事実上、帝政ロシアに武力併合された。
◆ソ連を引き継いだロシア連邦とは、未だ、平和条約が
結ばれていない。つまり、南樺太は、現在も戦時占領下
にある。

ここで少し、法律に関して書きます。
下記の「詳解 旧外地法」(著・向英洋)を読みますと、
(日本の)内地には二つの法的な定義があります。

①明治憲法発布の時点で日本の領土であった土地が内地。
②国内法が適用される領土が内地。

これと同様に(日本の)外地には二つの法的な定義が
あります。

①明治憲法発布の後に日本の領土となった土地が外地。
②異法(非国内法)が適用される領土が外地。

①を採用すると、樺太が昭和18年に内地に編入された
事が説明しにくくなるとの理由等から、②を採用する学者
がほとんどの様です。しかし、これは、樺太研究が進んで
いない証拠なのではないでしょうか。

私は個人的に①を採用していますが、樺太は内地であると
考えます。何故ならば、明治憲法が発布された時点でも、
樺太は、歴史的に日本領であったからです。言い換えれば、
明治憲法が発布された時点で、樺太は、帝政ロシアの武力
併合下にあったからです。

(余談)長い歴史を振り返れば、今日首都と呼ばれる東京
でさえも、朝廷の支配下に入ったのは7世紀から8世紀頃
です。考え方によっては、それ以前は、日本ではなかった
との見方も成り立つかもしれません。しかし、近代・現代
日本の基準で考えれば、東京は日本領です。同様に、樺太も、
近代・現代日本の基準で考えれば、まぎれもなく日本領です。

樺太は途切れ途切れで大陸(支那/中国)の影響下にあった
とは言え、国家として、最初に樺太を領有したのは日本です。

長くなり恐縮ですが、何を言いたかったかと言えば、樺太が
日本領である事を論証したいのです。そして、樺太が日本領
である事は論証が可能ですし、これから、我々がビラにする
事です。(樺太研究が進んでいないが為に、樺太が日本領で
ある事が明確に論証されて来なかった。)日露戦争の戦利品等
と言うのは、思想的理由により、最初から結論ありきで、
樺太史全体を見ないからです。論文とは証明するものです。

↑↑↑↑↑↑↑↑
少しずつ書き直します。 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 今後の進め方 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月15日(月)18時16分3秒   
    異議なし。

 とりあえず、皆で、草案を書いてから、見比べましょうか。

 ※一ヶ月で出来なかったら赦して下さいね。ただ、なるべく急ぎます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 尖閣 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月15日(月)18時11分51秒   
    良い事だと思います。

 八重山以西は清国に、それより東は日本国にという提案をした時に
それを蹴ったのは清朝だと思います。(その頃も、八重山に住んでいたのは
日本人です。)

 そもそも、さんざん化外の地呼ばわりして、馬鹿にしておいて、
天然資源埋蔵の可能性が分かるや否か、「ちょうだーい」と言い出しても
ダメなのです。

 人民日報にも、尖閣諸島は日本領って書いていたんですから、もう遅すぎます。

 第一に、沖縄に住んでいるのは日本人ですし、尖閣に住んでいたのも日本人です。

 支那人(中国人)が尖閣に住んでいた史実はありません。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太市役所 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年10月14日(日)15時49分49秒   
   新樺太市役所内の情報は活用いただいて問題ありません。
あと節も他にいいのがあれば変えていただいてもいいですよ。
ぱっと思いつきで書いただけなので(^^;
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
今後の進め方 投稿者:からふとます  投稿日:2012年10月14日(日)12時11分21秒   
   私は、今回のプロジェクトに参加したいと思います。
私なりの案を作成することは可能です。

今後の進め方ですが、市長様案の2000字程度の文であれば、
何人かで分担して執筆というより、1ヶ月程度の期限を設けた上で、
まずは各参加者がそれぞれ、4節の構成(案)に沿って作成してみて、
最終的に市長様が、いいとこ取りでまとめる、というのはどうでしょう。
「2000字程度とはいえ、まとめるのは大変」という方は、
ぜひ盛り込みたい要素を提案してもらうのみでもよろしいかと思います。

作成に当たっては、新樺太市役所ホームページの掲載内容、
新樺太市議会における過去の発言を、自由に引用できることとしてはどうでしょう。
短い文ですから、やはり心に響くものとしたいところで、いい表現はお借りしたいです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
尖閣 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年10月13日(土)17時19分44秒   
   http://www.asahi.com/politics/update/1012/TKY201210110835.html

外務省も尖閣パンフを作るみたいですね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
さらなる参加者 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年10月11日(木)22時58分24秒   
   からふとます さんも10月5日高橋是清氏案を受けた修正案/増補案を
出すことが可能ですか?

他にも参加される方、ぜひ早めに手をあげてください(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
異議なし 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月 9日(火)12時45分47秒   
   異議なし。

さて、ご両名、次の段階、どの様に進めて行きましょうか。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太返還ビラ 投稿者:からふとます  投稿日:2012年10月 8日(月)13時31分38秒   
   文面の構成としては、市長様の案はわかりやすく、良いと思います。
一般人向けに短い文章で臨むならば、確かにポイントを押さえる必要があります。

私としては、次のことを内容に盛り込みたい、と考えます。
①樺太が日本(人)にとって魅力的な場所であること。
 「樺太ってなあに」には、行政区画上のことだけではなく、
 自然、生活、産業、観光といった面から(昭和20年までを参考に)、
 樺太は、豊かで、美しい、楽しい、大切な場所であることを盛り込みたい。
 新樺太市にも通じますが、日本が樺太を領有していればこんなに楽しい、
 読む人にそういう想像をしてもらいたい。
②樺太を日本が領有する正当性。
 ソ連がやらかしたことは、「なぜ地図で白くなっているの」「今どうなっているの」
 に結びついているので、当然書かなければならない。
 しかし、それ以上に(文字数で)、日本の領土であることの正当性を盛り込みたい。
 ソ連あるいは新旧ロシアの動きにかかわらず、樺太は昔から日本の領土だったのだから。
③樺太を日本が返還要求できる正当性。
 サンフランシスコ平和条約で、南樺太を放棄させられているのは事実。
 「放棄したのだから要求できない」を乗り越えないと、
 「樺太を還してもらおう」の運動は始まらない。

だいぶ前の話ですが、北方領土返還の政府広報(テレビCM)で、
子どもたちが「昔から日本人が住んでいたんだよ(動作:わあああああああああ)」
と言うものがありました。概ね40歳以上の方、覚えていますか?
短いけれど、正当性をアピールする、わかりやすいメッセージです。

ビラみたいなものであれば、自分で印刷して持っていけるほか、
例えば宗谷岬の売店に頼んで置いてもらう、といった可能性も探れるでしょうか。
樺太を見た人に読んでもらえる、そういうものにしたい。
これまた、だいぶ前の話ですが、北海道のとある市役所庁舎に、
全国樺太連盟・南樺太復帰同盟発行の「われらの南樺太を忘れるな」
というパンフレット(B5版4頁)が置いてありました(ので持ち帰りました)。
このように、みんなが樺太に関心を持ってもらえる、そういう機会をつくりたい。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 難易度 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月 5日(金)18時12分37秒   
    了解です。

 1.樺太ってなあに
 ⇒北海道の北側にある細長い島です。
  昔は、南半分が日本領でした。
  この南半分を、そのまま(島名のまま)樺太と呼ぶ場合もあれば、北半分と区別して
  南樺太と呼ぶ場合もあります。
  この南半分は、昭和20年まで、凄く簡単に言うと、日本の県の様な所でした。
  ですから、この南半分は、凄く簡単に言うと、樺太県の様な存在でした。
  樺太は、北海道に似ているので樺太道と考えても良いかも知れません。
  かなり昔の話になりますが、明治5年頃は、北半分も含めて、樺太島全体が北海道の
  一支庁(樺太支庁)でした。

 2.なぜ地図で白くなってるの
 ⇒少し前まで、ロシアは、ソ連という国でした。昭和20年頃、日本は米国を中心とする
  連合国軍と戦争をしていました。日本は、ソ連とはお互いに戦争をしない約束をして
  日ソ中立条約というものをソ連との間に調印していました。しかし、昭和20年8月9日
    ソ連はこの条約を破って樺太及び満州に攻め込んで来ました。日本が、ソ連に、戦争
  は止めましょうと言って、使者を送ると、ソ連はこの使者を殺して戦争を続けました。
  日本は、もう一度、ソ連に戦争を止めましょうと言って、使者を送りましたが、ソ連
  はまた使者を殺して戦争を続けました。この様にして、ソ連は、樺太での戦争を続け、
  樺太を乗っ取りました。数年後、米国のサンフランシスコで日本と日本と戦争をして
  いた国々が、平和条約(仲直り)をする事になり、日本も樺太を放棄する事になった
  のですが、ソ連は、条約の内容に不満を持って署名をしませんでした。これにより、
  ソ連(現・ロシア)が樺太を実行支配しているものの、日本政府は、国際法上、樺太
  は所属未定地としています。ですから、白いのです。(昔、チベットも白かった。)

 3.今どうなってるの
 ⇒ロシアが、樺太と千島にサハリン州という県の様な物を置いて実行支配をしています。
  ロシア実行支配下の樺太では、日本統治時代の施設を長らく使用していましたが、
  ソ連・ロシアが、きちんと管理をしないので、樺太はボロボロになっています。

 4.樺太を還してもらおう
 ⇒樺太は、日本がロシアに先んじて開拓を行った島です。日本は、樺太の発展の為に
  力を尽くしましたが、ロシアは、支配する事に満足して、樺太を発展させません。
  元々、二国間の正式な約束(中立条約)を破ってソ連が乗っ取った島なので、日本人
  は、樺太歴史をも一度見直して、ロシアから樺太を返してもらいましょう。

  取り急ぎ。とりあえず、如何でしょうか。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
難易度 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年10月 5日(金)01時12分43秒   
   難易度下げたいところですね。(^^;A

1.樺太ってなあに
2.なぜ地図で白くなってるの
3.今どうなってるの
4.樺太を還してもらおう

くらいの構成でどうでしょ    
 

--------------------------------------------------------------------------------
A4両面程度の件 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月 4日(木)12時56分43秒   
    A4両面程度の件、了解です。

 では、ごく簡単に下記の内容を膨らませて行く(又は整理して行く)という様な感じで
如何でしょうか。

 ①現在の日本には、47の都道府県があります。

 ②以前の日本には、48の庁府県がありました。

 ※48の庁府県とは、2庁3府43県です。
  ・2庁は、北海道庁と樺太庁です。
  ・3府は、東京府と大阪府と京都府です。
  ・43県は、青森県・・・沖縄県です。

 ※都道府県とは、主に、以下の<イ>と<ロ>の二つの意味があります。
  <イ>県(又は都・道・府)とは、県庁(又は都庁・道庁・府庁)を指します。
  <ロ>県(又は都・道・府)とは、県域(又は都域・道域・府域)を指します。

 ☆現在の日本では、北海道という単語に北海道庁(北海道域を治める役所)という
  意味が含まれます。

 ☆以前の日本では、北海道域を治める役所は、北海道ではなく北海道庁と呼ばれま
  した。

 ☆以前の日本では、樺太(南樺太)を治める役所として、樺太庁がありました。

 ☆北海道庁と樺太庁は、類似組織でした。
  ⇒46府県は知事が長であり、2庁は長官が長でした。

 ◆46府県は、国の出先機関(地方行政官庁)でありながらも、府県制に基づく
  地方自治体でした。

 ◆北海道庁と樺太庁は、国の出先機関(地方行政官庁)であり、府県とは違い
  ました。(但し、北海道庁は、他府県よりも弱い権限ながら、地方自治体の
  側面が強くありました。樺太庁は、徐々に、地方自治体の側面を持ちつつあり
  ました。が、中立条約を無視したソ連に不法占拠されました。)

 ・・・・・・折角ですので、転用許可が出ている国土交通省国土地理院の日本地図
は使えるかも知れません。

 昼休みが終わりでございます。順次、膨らませたり、整理を続けます。乱筆ご容赦。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
手を広げすぎず 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年10月 4日(木)01時51分41秒   
   とりあえず今イメージしている第1版ではA4両面に収まる程度の
極めて簡易な・・・ビラみたいなものでイメージしてます。

印刷して持っていけるような感じです。
これが完成したらこれを膨らませてパンフレットレベルの第2版に
進めればよいかなと。まあ、ビラで終わるかもしれませんが(^^;

レベルは樺太?なにそれ という人向けです    
 

--------------------------------------------------------------------------------
とりあえず 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年10月 1日(月)19時21分13秒   
    とりあえず、出所さえ明記すれば、転用許可が出ている
国土交通省国土地理院の日本地図と我が国の北方を載せます。
8月に、この地図の日本語版を交通委員会に貼りましたので、
今回は、英語版を貼ります。

 さて、樺太返還論のパンフレット版(第一版)の件ですが、
どの辺り(時代)から始めましょうか。

 有史以前の部分(漁労・採集時代)にもチョコット触れる
様な感じで始めるか、江戸時代頃から始めるかです。勿論、
他の選択肢もあると思います。

 前者の場合ですと、支那(中国)の文献にも二次的に少し触れながら、
元・明・清との関係にもチョッピリ触れて、松前藩との関係、19世紀の露国膨張、
明治期の樺太放棄・回復、樺太40年史、日ソ中立条約無視、その後の様な感じ
でしょうか。

 後者の場合ですと、アイヌの村落的自治を強調する形(大陸の影響は実際には
ほとんどなかったという事を強調する形)で、松前藩の進出(≒樺太アイヌとの
交易の開始)に触れながら、19世紀の露国膨張、明治期の樺太放棄・回復、樺太40年史、
日ソ中立条約無視、その後の様な感じでしょうか。

 なんか上手くまとまらないですね。。。

 北海道庁は準県の様な組織で、北海道庁と樺太庁が類似組織であった事や、
アイヌの世界では、北海道・樺太・千島は、アイヌモシリとして一体であった事も
上手く表現出来れば良いのですが。。。

 間宮林蔵・松浦武四郎・最上徳内・近藤重蔵・岡本監輔・・・どう書きましょう。

 ウラジオストク(東を征服せよ)←西に帰って下さい。

 ムラヴィヨフやネヴェリスコイは、私の偏見に於いては、悪人なので嫌いだ。

 川路聖謨はプチャーチンを嫌っていなかった(好きだった)様なので、とりあえず、
私の偏見に於いては、プチャーチンは悪人名簿から外しておこう。というか、今まで
読んだ文献によれば、プチャーチンは結構良い人の様なので、今のところ好きである。

 ペリーは、どうしても好きになれない。。。

 時間もないし、これ以上続けると、悲惨になるので、今日はこの辺で。。。 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
人材 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年 9月29日(土)02時35分55秒   
   なんでもありですよ。人材が集まるかも不明の中、気楽に始めましょう。(^^
たたき台を作って、徐々に試行錯誤していきましょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re: イラスト 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 9月28日(金)12時09分4秒   
   > イラストといっても解説図面のようなものでもいいのですよ。

   私も現状では、解説図を含む画像を作成する事が極めて困難な状態です。
私が作画する場合は、全て手書きとなり、膨大な時間が必要になります。
元々、解説図等を含めて、作画は苦手なのです。また、漫画家の方々にお願
いする手法もありますが、現状では、これもかなり困難です。今年から来年
にかけては、樺太関係者への取材が立て込んでおり、取材経費の捻出のみで
手一杯の二乗といった感じです。(また時間が経てば、漫画家の方々に発注
する余裕も生じますので、その時に絵を追加するとう具合では如何でしょうか。)

> イラストといっても解説図面のようなものでもいいのですよ。

  やむを得ない状況ですので、とりあえず、第1版は文字のみで作成するというは
如何でしょうか。

 ※上記ご了承頂ければ、まず、『樺太返還論』(第一版)の骨組みを考えるという
  のは如何でしょうか。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
イラスト 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年 9月27日(木)03時36分46秒   
   イラストといっても解説図面のようなものでもいいのですよ。
私の力ではペイントとマウスで作ったようなものしか出来ないので(^^;

さて、レベルは初心者向け。 樺太って何?付近から3-4節程度で2000文字
程度ぐらいの簡易なものを試作でどうでしょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
了解です。 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 9月26日(水)19時55分39秒   
   > まずはパンフレット程度の内容をめざしましょうか。

   そうですね。これが現実的かも知れません。

> 出来ればイラスト担当なども手を上げていただける方がいるといいのですが

   これは今年及び来年は、正直作成が厳しい状態です。
  (色々と試算したのですが、諸々の要因から今年及び来年は、困難な状態です。)

  ※私の過去の出版物で使用された挿絵の場合ですと、お書きになった漫画家の方々
   より、樺太関連の活動で使用する許可は得ております。また、完全に買い取った
   物もありますので、転用可能です。何か、転用が可能な物があれば良いのですが、
   如何でしょうか。

   可能であれば、市長と私以外にも、もう一人か二人参加して頂けると嬉しいですが、
少し待って他に参加者がいない場合、我々のみで開始しますか。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太返還パンフレット 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年 9月26日(水)01時12分23秒   
   >樺太返還パンフレット

私の考える第1版は差の程度のボリュームでいいと思ってます。

>下記の「2-3年」が「4-5年」、「6-7年」・・・
という具合に延びるて行く様に、全員で頑張ろうじゃ
ないですか。

過去に本市が隆盛を極めた頃の議員(常連)は誰もいないんですよね。
だらだらやると過去の自然終了した公共事業のようになるので
まずはパンフレット程度の内容をめざしましょうか。
出来ればイラスト担当なども手を上げていただける方がいるといいのですが    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太年表 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 9月24日(月)18時29分38秒   
    「樺太年表」の外観及び奥付のみ載せます。

 これは、「樺太行政・沿革史」の凝縮版の様な本です。

 これも、あと何年入手可能であるのか定かではありません。

 私が数年前に一冊購入した時点では、若干の在庫があった様です。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
協力 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 9月24日(月)18時22分22秒   
    樺太返還論の件、可能な事は全て協力させて
頂こうと思います。

 下記の「2-3年」が「4-5年」、「6-7年」・・・
という具合に延びるて行く様に、全員で頑張ろうじゃ
ないですか。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
「樺太返還論」関連で… 投稿者:からふとます  投稿日:2012年 9月23日(日)22時58分33秒   
   自分がどこまで協力できるか分からない中で恐縮ですが、
樺太返還論プロジェクトに賛同しつつ、それと別物になってしまうかもしれませんが、
あまりページ数の多くない、樺太返還パンフレットがあるといいなあと思います。
このホームページに掲示して、誰でも見られるようにするとともに、
印刷すれば、即私達の周りの人に配布できるものとするのです。
私達にとっては樺太返還に向けた具体的行動の手段となり、
一般の人にとっては樺太に関心を持ってもらう機会となるものです。
このホームページ掲載の内容は、そのまま使える部分も多いと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
成功が・・・・ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年 9月21日(金)19時06分30秒   
   >10年後に完成していれば大成功。

新樺太市は8年の歴史しかないわけですが。
完成度は徐々に上げていく方式でいけば第一版まで半年もいらないのでは
その後改訂をしていけばいいかと。
正直それなりのメンバーが集まっていられるのは過去の歴史を鑑みますに
せいぜい2-3年でしょう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
賛同します。 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 9月21日(金)18時19分50秒   
    今年、有志を募って、来年から徐々に。。。

 10年後に完成していれば大成功。

 5年後に完成していれば大大成功。

 個人的には、半年に一回程度、直接会って意見交換出来る面々が良いです。

 ただ、各々の事情もありますし、無理に会おうとはしません。

 ネットのみでの意見交換も可能です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太返還論プロジェクト 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年 9月21日(金)03時29分36秒   
   仮想出版 樺太返還論 の討議をここでやりませんか。(^^

構成を考えて、各章案を少しづつ執筆しながら
一冊の本なみのものをこしらえるというプロジェクトです。
複数人数でお互いに意見を交わしたりチェックしたり増補・補正
しながら完成度の高いものができればいいなと思ってます。

現実の出版が無理でも新樺太市でオンライン公開でもよいかと。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ホームページの件 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 9月19日(水)20時58分49秒   
   > ぜんぜんホームページからではわかりませんね。

   確かに、販売されているか否か全く分からないですね。
  需要はあると思うので、残念です。

  ※ちなみに新規会員の募集は、現在も行われてはいます。
   http://www12.ocn.ne.jp/~kabaren/nyukai.html

   ※樺太連盟は、樺太庁の残務事務所が在った場所に出来ました。
   これは、樺太庁(≒樺太県)の最後の形跡であると思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2012年 9月19日(水)01時55分4秒   
   そうですね全国樺太連盟の地図ですね。(^^
以前はネットでも公開されてましたよね
現物も売ってるのですね。 ぜんぜんホームページからでは
わかりませんね。樺太沿革・行政史もそうですが
全国樺太連盟はもっと広くネット上での広報を強化したほうが
いいと思いますが どうなのでしょね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太の地図 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 9月 3日(月)23時00分52秒   
    この地図は、新樺太市立新樺太小学校の全教室に貼って頂きたいです。

 国境の辺りも良く見えます。

 ※この地図は、数年前に全国樺太連盟で千円で買いました。(地方発送の場合は、
  丸い筒に入れて送って下さるそうです。)但し、今も販売されているか否かは、
  分かりません。 
 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太沿革・行政史② 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 8月14日(火)01時12分26秒   
    新樺太市立新樺太小学校等の事業を継続する上でも、
『樺太沿革・行政史』は大変参考になると思います。

 また、これは、樺太にご関心をお持ちの方には、
是非ご一読頂きたい資料です。

 今年初めの時点では、全国樺太連盟にて一部五千円
で頒布されていました。今も、販売されているかも知
れません。② 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太沿革・行政史① 投稿者:高橋是清  投稿日:2012年 8月14日(火)01時09分50秒   
    新樺太市立新樺太小学校等の事業を継続する上でも、
『樺太沿革・行政史』は大変参考になると思います。

 また、これは、樺太にご関心をお持ちの方には、
是非ご一読頂きたい資料です。

 今年初めの時点では、全国樺太連盟にて一部五千円
で頒布されていました。今も、販売されているかも知
れません。① 
 
    
 

--------------------------------------------------------------------------------
4年生 投稿者:高橋是清  投稿日:2011年11月29日(火)17時56分38秒   
    >たった今補正しました。

 市長様、ご作業ご苦労様です。

 さて、4年生の試験は70点でした。

 問題作成も大変ですね。

 いずれ5年生の問題にも挑戦してみようと思います。

 そのうち博士課程も開設して下さいね。(゚ー゚)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
4年生 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年11月27日(日)04時28分43秒   
   たった今補正しました。(><)
もう一度やってみてください。

・・・・なぜいままで作動に気づかなかったのか(><)
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
4年生 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年11月27日(日)04時21分33秒   
   確かに反応しませんね。(・・;
ちょっと調査します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
四年生の問題 投稿者:高橋是清  投稿日:2011年11月25日(金)17時59分58秒   
    以下の様な感じで回答しましたが、採点が行われませんでした。
システムの不具合でしょうか。何問当たっていますか。

1Q⇒天嶺丸
2Q⇒岡田嘉子
3Q⇒オバクサ
4Q⇒楠瀬幸彦
5Q⇒三条実美
6Q⇒三八組
7Q⇒昭和16年12月
8Q⇒17
9Q⇒昭和16年
10Q⇒アイヌ語(諸説ありますが、今回はアイヌ語にしました。)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
三年生の問題/ハイ角 投稿者:高橋是清  投稿日:2011年11月16日(水)17時45分25秒   
    三年生の問題、一応、全部○でした。

 ハイ角で検索し、電気室を見てき来ました。
 “トリプルコンセント”なるものを見たのは初めてです。
 あの様なものが存在したのですね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ハイ角 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年11月13日(日)22時13分55秒   
   ハイ角で検索するとトップに電気室内の写真が上がるようになってますね。
未開拓の分野なので予測どおりといえます。

当市観光客の反応はいまいちですが、資料も多少集めたことなので来年
予定通り、建設作業を進めたいところです。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
二年生の問題80点でした。  投稿者:高橋是清  投稿日:2011年11月 2日(水)18時02分58秒   
    二年生の試験を受けました。
 一年生の試験と同じく、今回も80点でした。
 色々と工夫されていて面白い問題です。
 せんだ・みつお氏も既にお受けになったかな?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太の湖 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年 8月21日(日)01時26分52秒   
   http://karafuto.ie-t.net/ookinamizuumi.html

当市の教育委員会地理係のページです。
原典は戦前のものと戦後のものが混ざっています    
 

--------------------------------------------------------------------------------
多来加湖の件 投稿者:高橋是清  投稿日:2011年 8月16日(火)18時37分58秒   
    どうも小生の勉強不足の様です。

 八郎潟は、最初から小生の様な戦後世代にとっては湖ではありません。そこで問題と
なってくるのが霞ヶ浦との絡みですね。小生は、ずっと多来加湖≒霞ヶ浦で、多来加湖
が若干小さいと思い込んでいました。

 また機会がある時に多来加湖について調べてみます。

 大変勉強になりました。有難うございました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
3位 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年 8月14日(日)03時15分56秒   
   高橋是清さん

>樺太最大の湖、多来加湖、その大きさは・・・?
>⇒日本第3位と答えたら、×でした

3位とされたのはもしかして戦前の順位ではありませんか?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
低学年向け試験 投稿者:高橋是清  投稿日:2011年 8月 8日(月)12時39分47秒   
    >きれいな難易度のカーブを描いてませんね(^^;

  そうですね。
  綺麗な曲線を描く様になると良いですね。

  ただ、言うは易し、行うは難しですね。
  作る人は大変ですからね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
難易度 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年 8月 8日(月)01時40分6秒   
   以前も一度中学年の難易度をさげたのですが
きれいな難易度のカーブを描いてませんね(^^;

どちらかというと5年生級以上の問題制作に難航して停止したのですが
低学年むけ問題を充実させる必要が高そうです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
一年生の問題80点でした。 投稿者:高橋是清  投稿日:2011年 8月 3日(水)12時58分57秒   
    一年生の問題をやったところ、私の点数は80点でした。
 アンケートのコメントにも書きましたが、少なくとも10問中2問は難しいと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
小学校 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年 7月30日(土)21時26分43秒   
   アンケート途中ですが
どうも1年生の難易度が高いみたいですね。(・・)
なんとかせねば    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太電力 投稿者:新  投稿日:2011年 4月26日(火)01時15分28秒   
   樺太電力にしようかなという考えもあったのですが
話が大きくて、今の私に対応できそうになかったので小さくしました。(^^;
もし、考察いただけるなら調査委員会で案を上げていただければと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
電気室見ました 投稿者:千島風露  投稿日:2011年 4月25日(月)22時26分3秒   
   で、電気からの連想で、樺太電力のホームページにリンクできればなと。

必要なデータは、総発電量、主要な発電所の規模と位置・主要な送電線網。
それらをマップ上に落としたものと、沿革。

それから、商標。    
 

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
電気室 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年 4月22日(金)03時10分19秒   
   地下二階にあるんですよ。
エレベータじゃなくて一階から階段を
使って順番に降りてください。

また、増補する予定です。    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
庁舎内を探し回りましたが 投稿者:千島風露  投稿日:2011年 4月21日(木)00時29分42秒   
   電気室の場所がいまだに分からない・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太グループ構想の件 投稿者:高橋是清  投稿日:2011年 4月20日(水)12時56分11秒   
    >新樺太グループ構想を提案しましたが、賛同者が現れない現状の中

  私の出来る範囲の事であれば、協力は惜しみませんよ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
電気室 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年 2月27日(日)01時45分22秒   
   試験的に「電気室」を公開しました。
他の分野を検索された方が樺太に親しむための手法として
新樺太グループ構想を提案しましたが、賛同者が現れない現状の中

自前で他分野のページを作っていくこととしました。
とりあえず第一弾が「電気室」です。
思い出のスイッチ「ハイ角」は昭和の再現に欠かせませんね。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
勉強不足 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2011年 1月10日(月)03時25分18秒   
   どうもフレーム廃止しただけではだめっぽいですね。(^^;
検索はもはや圏外といっていいでしょう。
対策するほどに順位が下がる・・・

何もしなければ20位以内を維持できていたのかもしれません。
どうもグーグルに対する考えが間違っていたのかもしれません。
 または・・・トップページが樺太旅客鉄道株式会社と認識されて
いるのかもしれません。
 ならばかわらず6位となり、サイト規模からみて樺太サイトとしては
適切な位置だと思われます。
 むしろ高すぎか(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ブラウザ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年12月 7日(火)01時05分35秒   
   ブラウザによっては表紙のレイアウトが悲惨の状況に(^^;
ちょっと対応はだいぶ後になりそうです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
挙動 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年12月 4日(土)22時33分46秒   
   挙動が依然と大きく異なりますが、グーグル対策のためですので
あきらめてください。(^^;
 ブラウザの戻るを使う必要が多々ありますね。
 これはいずれ改良したいです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
祝 フレーム廃止 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年12月 4日(土)22時17分46秒   
   会議室を除くフレームを廃止しました(^^)/
まだ、見難い部分もありますが、ゆるゆると改良します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
フレーム 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 8月 7日(土)03時04分47秒   
   予想以上に廃止するハードルが高い(^^;
一体感がなくなってしまいそうで怖いな・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
フレーム廃止 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 7月10日(土)22時39分8秒   
   何年も考えていたのですが
フレームを廃止することにしました。
フレームを廃止することによって挙動が変わったり不便になったり
することを極力抑えて行きたいのですが、すべての挙動がどうなるのか
わからないので、うまいいかない時期がしばらく続くかもしれません。

・・・・・これで順位が上がらなかったらどうしよう(^^;;;
樺太旅客鉄道と同位置まで上げたいのだけれど・・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
検索順位 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 7月10日(土)02時10分48秒   
   第一次検索順位向上作戦

・・・・・失敗
樺太旅客鉄道は6位だけど
新樺太市役所がなんと123位まで低下している!
やはりフレームサイトはだめなのか。

フレームは便利なんだけど、こんなにグーグルに無視されていては
どうしようもない・・・(、)

フレーム廃止に向けて準備を進めてみよう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
難易度 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 6月20日(日)19時01分21秒   
   そうですね。新樺太市内を隅々まで読みきった方なら
7割程度は回答できるかと思いますが、新規コンテンツの
意味合いもあって、未掲載の内容も盛り込んでいるのですよね。(^^

まあ、私も勉強しながらの問題作成なので、難度は高いかもしれません。
が、この難度ですと代行の知力不足で5年生以上の製作に困難をきわめそう
ですから、今後はもう少し2年生付近の難度を下げていこうかと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
難易度 投稿者:ふみたろう  投稿日:2010年 6月20日(日)18時54分27秒   
   新樺太小学校、2年以上は難易度高いですね。
特に3年以上は難しいです。
初めてで百点取れる人がいたら尊敬しますよ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
現在35問 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 6月15日(火)01時57分35秒   
   難しいという方が多いですね。(・・)
まあ、多少難しいほうがいいとは思いますから
難易度はこの程度で今の4年生程度の難易度を
そのまま5年生へ拡大して、緩和を図ります。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
わからない 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 6月 5日(土)03時21分50秒   
   現在34問。
あてずっぽうで当たるとつまらなくなるので、選択肢にわからないを追加。
難しいの意見に対して、低学年の難易度を下げました。
簡単の意見に答え、4年生以降の選択肢を5択に変更。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
小学校更新 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 5月27日(木)01時24分17秒   
   現在31問。
ここは更新履歴の委員会じゃなくて掲載内容を討議する委員会です(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
小学校 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 5月21日(金)03時05分36秒   
   現在29問。
ある程度完成した後、かえる先生による問題に対する解説
も加えて生きたいと思います(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
グーグル 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 5月16日(日)05時12分41秒   
   グーグル検索順位が49番目かよ(^^;
更新が何年もとまっているサイトにすら負けてる。

そこで順位向上作戦を実施することとした・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
高度な問題 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 5月15日(土)16時58分34秒   
   徐々に高度な問題を作っていきます。
4年生まで現在27問。

なお、代行の能力ではあまり高度すぎる問題は
つくれませんw    
 

--------------------------------------------------------------------------------
問題大増設 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 5月11日(火)02時11分18秒   
   いっきに25問としました。(^^A
このまま4年生も作りたいな    
 

--------------------------------------------------------------------------------
問題追加 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 5月 8日(土)02時55分23秒   
   問題追加し19問としました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
3年生 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 5月 3日(月)00時48分36秒   
   一応3年生を開校。(^^A
問題数は少ないながら、レベル調整を実施しながら
学年の数を増やしていきます。

各学年10問で60問を当面の目標とします。現在17問(^^;;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
祝・開校 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 4月13日(火)02時18分57秒   
   技術開発のめどが立ち、小学校が開校しました。(^^A
いまのところ1年10問2年5問。
問題数はすこしづつ増やしますね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
小学校 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2010年 2月 2日(火)02時25分51秒   
   とりあえずくじけずに10問作成。
さらに作成して学年を増やしていきます。(^^A    
 

--------------------------------------------------------------------------------
問題 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年12月25日(金)03時02分45秒   
   まさか過去の支庁を答えようとする人もいないかと
思っておりましたが、「現在」とする表記を入れますと
ちょっと難しい話が出てくるのですよね。(^^;
新樺太小学校内では原則新樺太世界では、とか並列世界では
とかいう前提をつくらずに進めていきたいところなので・・・・

それはそうと問題作成のほうもよろしくお願いしますね。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
御無沙汰しておりました 投稿者:千島風露  投稿日:2009年12月25日(金)01時40分14秒   
   >知取町はどこの支庁

昭和のはじめ頃まで、6支庁制をとっていて、知取は「元泊支庁」だったりしているので、
但し書きとして、「現在、知取町はどこの支庁でしょう?」という出題にするのがよいかと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
問題 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年12月12日(土)00時36分10秒   
   簡単なものでよいのでどしどしどうぞ(^^;
とりあえず10問は設定してレイアウトしたいところです。

まったく候補が出ない場合は、きわめて初級の問題を
ほそぼそ付け足していきます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
小学校 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年12月 5日(土)01時18分9秒   
   問題数が整えば、レベルに合わせて学年わけをしていきたいところです。
また、高度な問題には出展を表示したいと思います。(^^

とりあえずレベル分けは後の議論として、
20問ばかり作ってひとつ完成させてみたいかなと。
参加してみたい方、ご意見お待ちします。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新年に向けて 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年12月 5日(土)00時50分45秒   
   新年に向けて、新プロジェクト発動します。(^^

新樺太小学校プロジェクトです。
現在、地下倉庫にてひそかに建設基礎研究が進められている
小学校。
これをご参加の皆さんのご協力のもと、大きくしていこうというものです。

具体的にはレベルの高低を問わず、樺太に関する問題と答えを募集し、
発展させようというものです。
今、地下にあるのは単なるダミーとかデモですが、イメージはつかんで
いただけるかと。(^^A    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年11月24日(火)01時48分47秒   
   なにかこんなアンケートしてみたいっていうのがありましたら
ご意見ください。(^^
アンケートも22回を数えましたし・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
姉妹都市 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 9月29日(火)01時07分25秒   
   調査委員会向けですね。(・・)
が豊原市問題が解決してからにしましょう。
最近身を結ばないことが多く、せっかくの議論が議論だけで
終わっていますので、今回は議論を完結させましょう。

ここ行政委員会についてですが、ここは新樺太世界を考察する
委員会ではありません。本市のそのものの運営問題を扱う委員会となります。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
姉妹都市 投稿者:豊原市在住  投稿日:2009年 9月27日(日)13時53分14秒   
   豊原市と札幌市は姉妹都市でいいんですよね?

並列世界の南樺太市は旭川市と姉妹都市ですが、豊原市は
政令市ですからワンランク上になるでしょうね。

あと、台湾の豊原市も同名ということで姉妹都市とか。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
公共事業ではないけれど 投稿者:千島風露  投稿日:2009年 9月25日(金)01時56分39秒   
   話題提起として。

「樺太の各市町村の姉妹都市を考える」など如何でしょう?

3つほど案を出してみます。

豊原市⇔アンカレジ(米)と提起しようとしたが、既に千歳市が姉妹都市になっていたので、
別をあたってみます。

真岡市⇔リガ(ラトビア)

バルト三国の都市とは、同じ北方圏という共通項と、ロシアの脅威という共通体験があるので、
是非姉妹都市提携して欲しいものですね。
ついでに、並列世界で既に神戸市がリガの姉妹都市となっている(ウィキペディア)とのことなの
で、「港町」でもある真岡が妥当かなと。そうすると、真岡⇔神戸も姉妹都市ということになり、
新樺太世界の歴史に「阪神大震災の際、姉妹都市である真岡から多くの救援物資が、被災した神戸
市に届けられた」というエピソードが出来そうですね。

敷香市⇔タリン(エストニア)
やはり港町つながりで如何かと。
となかいつながりとツンドラ湖つながりでフィンランドの小都市を考えてもいいかもしれないですね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
市議会 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 9月24日(木)23時19分22秒   
   市議会開催して、返還討論会でもしようかなあ。(・・)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 8月25日(火)02時49分42秒   
   まさかと思って入れてないんだけど
日米同盟強化とかいう人いるのかな。
もう、60年以上たって結果見えたとは思いますが・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
スマソ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 8月23日(日)21時52分15秒   
   ええと、7代目の壁紙という意味でした。(^^;;

アンケートは20回目に突入。
今回はちょっとだけ過激に行きます。
何が樺太返還に必要か、です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
7代目?! 投稿者:千島風露  投稿日:2009年 8月23日(日)12時49分19秒   
   今までにそんなに何度も建て替えられているんですか?
びっくりです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
玄関画像 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 8月22日(土)03時04分8秒   
   玄関画像を7代目稚内桟橋駅に変更しました。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ODNまいぺーじ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 5月28日(木)00時44分16秒   
   当市の原点であるODNまいぺーじが廃止されるとのこと。
ブログ全盛の世の中で、異彩を放っていただけにさびしい限りです。

当市の一部コンテンツはODNを使用していますから、9月までにそれらを
移転・閉鎖します。
これにより旧トップ
http://mypage.odn.ne.jp/home/karafuto
は完全に使用できなくなりますから
現在のトップ
http://karafuto.ie-t.net/sinkarafutosiyakusho.html
にリンク先をご変更いただく必要がございます。(・・)

といっても旧トップを使っておられる方はもうほとんどおられないと
は思いますが・・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
動き 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 5月20日(水)00時56分34秒   
   動きが見えないので違うアンケートにしました。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 5月 7日(木)01時51分17秒   
   現行アンケートは5月11日以降の首脳会談で
何か北方に動きが出て以降に終了します。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
カントリーサイン 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 4月 5日(日)03時48分32秒   
   カントリーサインについてはこちらで。(^^
あの新樺太市のサインはこんな感じでっていうイメージ
のまんまほったらかしで、どうしようもないから入り口に
貼り付けたんですよね。
はずかしいから小さくして(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太新聞 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 3月12日(木)02時09分45秒   
   久々に新聞を更新しました。
皆様古新聞をどうぞ。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
市政だより23号 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 2月19日(木)03時08分33秒   
   緊急発刊。(・・!
ちょっとネガティブキャンペーン    
 

--------------------------------------------------------------------------------
15回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 2月16日(月)19時19分0秒   
   今回は総理訪問です。
開催場所だけで罠にはめられるかもしれない恐怖の首脳会談・・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
レポ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 2月 7日(土)02時45分3秒   
   レポありがとうございます。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
うひゃ!!漢字が出てない 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2009年 2月 1日(日)00時32分4秒   
   Windowsベースでは出ない文字がある。
OS/2は文字コードが若干異なる部分もあるのでご容赦下さい。以下に、出ない文字を現在漢字に
直した物を書きます。


海東諸國記 申叔舟 記 (明成化七年辛卯季冬、我朝後土御門天皇文明三年 西暦1471年)
序文より

臣叔舟久典禮官、且甞渡海、躬渉其地。……竊觀、國於東海之中者非一、而日本最久且大。
其地始〈黒〉龍江之北、至於我濟州之南、與琉球相接。其勢甚長。厥初處々保聚、各自爲國。
周平王四十八年、其始祖狭野起兵誅討、始置州郡、大臣各占分治。猶中國之封建、不甚統屬。
習性強悍、〈精〉於劍槊、慴於舟楫。與我隔海相望。撫之得其道、則朝聘以禮、失其道、
則輒肆剽窃。前朝季、國亂政紊、撫之失道、遂爲邊患。沿海數十里之地、廢爲榛莽。

読下文 (蘇峰に依る若干の漢字改編有)  *《》読みは自分が附しました。
臣叔舟久しく禮官を典どり、且つ甞て海を渡り、躬《みずから》其の地に渉《わた》る。
……竊《ひそか》に觀るに、東海の中に於て國する者一に非ず、而かも日本最も久しく且つ大なり。
其の地黒龍江の北に始まり、我が濟州の南に至り、琉球と相接す。其の勢甚だ長し。厥《そ》
の初め處々保聚し、各自國を爲す。周の平王四十八年、其の始祖狭野、兵起して誅討し、始めて
州郡を置き、大臣各占分治す。猶ほ中國の封建の如く、甚だしくは統屬せず。習性強悍にして、
劍槊に〈精〉《くわ》しく、舟楫を慴る。我と海を隔てゝ相望む。之を撫するに其の道を得れば、
即ち朝聘禮を以てし、其の道を失すれば、即ち輒《やや》もすれば剽窃を肆《ほしいまま》にす。
前朝の季《すゑ》、國亂れ政紊れ、之を撫する道を失し、遂に邊患を爲す。沿海數十里の地、
廢して榛莽と爲る。


樺太領有問題で重要なのは、以下の文章。
「其地始〈黒〉龍江之北、」至於我濟州之南、與琉球相接。
「其の地〈黒〉龍江の北に始まり、」我が濟州の南に至り、琉球と相接す。

申し訳ありません。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
そう言えば別資料も 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2009年 2月 1日(日)00時20分18秒   
   別件で読書している書籍で徳富蘇峰の『近世日本国民史』第七巻「朝鮮役」という文禄・
慶長の役(所謂太閤秀吉朝鮮出兵)の書籍で、朝鮮側から見た日本を記した『海東諸國記』の
序文が掲載されておりました。是を目的として読んでいた訳ではないのですが…。
『海東諸國記』は西暦1471年時点の朝鮮に於ける「きちんと時代とリンクした史書」であり、
朝鮮通信使書状官として来朝した申叔舟の記録ですので、彼が日本版図をどう理解していたの
かが重要です。
対外的に日本の版図はどう捉えていたかという一つの資料と成り得ます。
以下に原文と蘇峰の手になる読下文を記載しますので、資料の一つとしてでも。


海東諸國記 申叔舟 記 (明成化七年辛卯季冬、我朝後土御門天皇文明三年 西暦1471年)
序文より

臣叔舟久典禮官、且甞渡海、躬渉其地。……竊觀、國於東海之中者非一、而日本最久且大。
其地始龍江之北、至於我濟州之南、與琉球相接。其勢甚長。厥初處々保聚、各自爲國。周平王
四十八年、其始祖狭野起兵誅討、始置州郡、大臣各占分治。猶中國之封建、不甚統屬。習性強悍、
於劍槊、慴於舟楫。與我隔海相望。撫之得其道、則朝聘以禮、失其道、則輒肆剽窃。前朝季、
國亂政紊、撫之失道、遂爲邊患。沿海數十里之地、廢爲榛莽。

読下文 (蘇峰に依る若干の漢字改編有)  *《》読みは自分が附しました。
臣叔舟久しく禮官を典どり、且つ甞て海を渡り、躬《みずから》其の地に渉《わた》る。
……竊《ひそか》に觀るに、東海の中に於て國する者一に非ず、而かも日本最も久しく且つ大なり。
其の地龍江の北に始まり、我が濟州の南に至り、琉球と相接す。其の勢甚だ長し。厥《そ》
の初め處々保聚し、各自國を爲す。周の平王四十八年、其の始祖狭野、兵起して誅討し、
始めて州郡を置き、大臣各占分治す。猶ほ中國の封建の如く、甚だしくは統屬せず。習性強悍にして、
劍槊に《くわ》しく、舟楫を慴る。我と海隔をてゝ相望む。之を撫するに其の道を得れば、
即ち朝聘禮を以てし、其の道を失すれば、即ち輒《やや》もすれば剽窃を肆《ほしいまま》
にす。前朝の季《すゑ》、國亂れ政紊れ、之を撫する道を失し、遂に邊患を爲す。沿海數十里の地、
廢して榛莽と爲る。


樺太領有問題で重要なのは、以下の文章。
「其地始龍江之北、」至於我濟州之南、與琉球相接。
「其の地龍江の北に始まり、」我が濟州の南に至り、琉球と相接す。

1471年、我邦文明三年に於ける朝鮮で我が国土版図の認識です。どうぞ、資料の一つとして。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
松前島郷帳 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2009年 1月31日(土)21時15分37秒   
   図書館にて漸く読む事を得ました。

非常に簡素な島郷帳ですね。『続々群所類従』の「松前島郷帳」の前に記載されている
「琉球國郷帳」の方が、各島の生産高や状況も含めた詳細な物でしたので、其落差に驚
きました。
松前藩が蝦夷地権益を独占するが為に過小に記載したというような事を見聞しましたが、
過小過ぎます。蝦夷地、千島(勘察加一部含)、樺太を網羅した地名集という見方も出来る
のですが、もう少し情報をと個人的には思いました。
併し、是が元禄13年時点で確認された日本の北方の版図という事を鑑みれば、極めて重要
と思います。

一応テキストファイル化して、情報として常に手元に置いておきます。啻、現在の千島、
樺太の地名と照合が難しいというのが難点です。
多分に過去にはもう照合は成されているとは思うのですが…。

夷千島の一市民さん、書き込んだ情報のお陰です。有難う御座いました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
13回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2009年 1月11日(日)13時53分7秒   
   13回アンケートの結果を掲載しました。
9割以上の方が何かしたいとお考えであり、心強い限りです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------


  

--------------------------------------------------------------------------------
21号 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年12月27日(土)14時36分37秒   
   すいません。没ネタのせました。(^^A
市政だよりあんまり期間あけるのももひとつなので。    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
Re:夷千島の一市民さん 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年12月13日(土)20時59分20秒   
   松前島郷帳、元禄13年(1700年)版が『続々群書類従』にてテキスト化されているという
情報だけでも素晴らしい物です。国書刊行会が発刊している物と見受けますが、暇を見つ
けて図書館にでも行ってみようと思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
失礼しました 投稿者:夷千島の一市民  投稿日:2008年12月10日(水)22時44分11秒   
   ネット上で『松前島郷帳』のテキストデータが見られないということでしたら、確か
にないと思われます。
内容が見たければ図書館で『続々群書類従』に当たるしかないようです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
松前島郷帳 投稿者:夷千島の一市民  投稿日:2008年12月10日(水)22時27分43秒   
   >東北の貧乏人様

『松前島郷帳』の活字テキストは、『続々群書類従』の地理部に載っていたように思います。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年12月 6日(土)01時57分44秒   
   第13回アンケートを実施。今回は投票者自身が何をするのか ですよ。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
天長地久大日本属島 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月27日(木)02時47分11秒   
   天長地久大日本属島の碑を立てられた場所がわかるかた
おられますか(・・?
島の南端という記述しかなくて・・・
樺太史  第2章にとりあえず暫定図をあげましたが
天長地久大日本属島の位置が不確かです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
市政だより21号 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月26日(水)21時52分21秒   
   じゃあ市政だより21号を掲載したら
その考えるものがさらに増えるかもしれませんね。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
資料 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年11月26日(水)20時58分59秒   
   受け取りましたか。
後日の糧になればと思います。

日露戦争史に於る樺太攻略の扱いの小ささには考える物があります。確かに露清密約による
滿洲の露西亜化を防止する戦いであり、朝鮮半島への露西亜の南進を防ぐのが戦いの主眼で
はありましたが、その内に行われた失地回復の作戦は、忘れるべき物ではないと思いますから。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
勘察加半島 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月26日(水)00時58分57秒   
   資料受け取りました。(^^
当市の樺太史は可能な限り物語風にしてあるので、
実はあのあといったん開戦前の話に戻る予定なのですが
そこで頓挫しているのです。
作戦に入るまではまだまだかかりそうですが、その際におおいに
参考にさせていただきます。

>勘察加半島を日本領とした図には身震いしました。

勘察加半島の領有権を正式に放棄したのは明治8年ですから
それまではロシア占拠扱いですからね。(・・)
ロシアの古い本には明治8年カムチャッカ放棄と記されているようですよ。

図はこれからも増備予定ですのでよろしくおねがいします。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太の歴史 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年11月25日(火)18時51分0秒   
   冒頭の第一章「日本境内に疑いなし」、勘察加半島を日本領とした図には身震いしました。
感極まります。

肇国以来北へ北へと伸びて行った日本史政権の歴史は、確かにアイヌ民族から見れば侵食の
歴史なのでしょうが、日本朝廷、幕府、政府はアイヌ民族は日本人という認識を以て其施政
下に収めました。夫はアイヌ民族の文化否定でもなく、須らく日本人として国に尽さなけれ
ばいけないという事のみに尽きるのだと思います。
現状勘察加の復帰は樺太以上に不可能といえる事象です。が、北部日本の版図は北は樺太、
勘察加を含む北緯60度を目安とした歴史があった事は極力注記すべきです。
『松前島郷帳』を楷書で起こし、テキスト化した物が情報で得られれば一番と思いますが、
画像はネット上には上がっていないんですね。資料其物の存在は見受けられますが。

『写本 6丁 25cm
 成立年 元禄13年 (1700)
 資料注記 「北海道帝国大学」罫紙にカーボン謄写(昭和19年)
 内容説明 松前蝦夷地およびからと島、くるみせ島の村名、蝦夷人居所名、島名を記す。
 松前藩が国絵図とともに幕府に提出したもの。 活字翻刻本:続々群書類従9
 請求記号 旧記 0628


 北方資料データベースレコードID: 0A001900000000
 北大北方資料室 - 日本北辺関係旧記目録収載』


本題です。
調査委員会からの書き込みコピペです。
「市長代行さん、此処で云う話題ではないのですが、独立第十三師団麾下に臨時で配属
(本来は第八師団)された青森歩兵第五聯隊の聯隊史(準公刊)から樺太奪還作戦に関係する
部分のみ抜粋してtxtファイルに打ち込みましたが、ご必要でしょうか。
漢字が非常に足りない間の抜けた原著原文と、漢字補正した物と二つ作りましたが。
東北の貧乏人は、青森市在住ではあります。歩五が樺太に係わっていた事は慶賀すべきです。

樺太奪還作戦に関する物がネット上ではなかなか見る事が出来ないので、資料の一つとして
どんなもんでしょう。」


後刻、両方メールで送付してみます。そんなに詳しくないですよ。他県の聯隊史に比べれば、
本当に触りだけで、戦史叢書をひっくり返した方がいいのじゃないのかと思う程ですが。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太史 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月24日(月)22時18分44秒   
   字ばっかりでわかりにくいとの指摘もあり、
基礎知識がなくてもわかりやすいよう図解を大幅に
増加させます。(・・)
  以前からやろうやろうと思ってなかなかやらなかったのでした。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太の歴史 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月24日(月)01時54分2秒   
   図・写真を増やしぱわああっぷ中。(^^A    
 

--------------------------------------------------------------------------------
システム辞書 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月23日(日)01時35分1秒   
   なかなかうまく作れない。(^^;A
総局氏に頼ってばかりもいられないけど    
 

--------------------------------------------------------------------------------
使用方法 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月 6日(木)00時37分38秒   
   >>「zipファイル解凍後に、樺太辞書 OS2_WHIM32版_ReadMe.txtの導入方法に従って
インストールをして下さい」
では拙いですか?
これがいいですね。(^^
とりあえずこれを記載してみますね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
OS/2WARP版使用法 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年11月 5日(水)18時46分33秒   
   お疲れさまです。
OS2_IM3_081030.zip
ファイル名を半角名称に代えられたのは御苦労をかけました。版を重ねるとすれば此方も
その名称ベースで日にち変換して続けます。
Windowsだろうから全角名でもいいだろうと思って送付した自分が浅はかでした。考えれば
FTPでアップロードしなければいけませんものね。
さて、お願いといっては何なのですが、
「OS2_IM3_081030.zip」を「OS2_IM32_081030.zip」とIM3をIM32として頂ければ幸いです。
日本語変換機能の最小の略称が「IM32」ですから。


使用方法はReadmeから其儘ですが、以下に。

導入方法
1.解凍したディレクトリーよりKRFTGA.DICをx (システム導入ドライブ):WHEADSにコピー。
2.デスクトップのOS/2システム→Writing Heads/IM32→辞書プロファイルを開く、
3.辞書プロファイルの編集タブよりマルチ辞書登録を実行。
4.KRFTGA.DICを登録。


辞書項目追加方法
1.解凍したディレクトリーよりkrftGA.tctをx:WHEADSにコピー。
2.OS/2システム→Writing Heads/IM32→辞書エディタを起動。
3.krftGA.TXTを開き、追加項目を記述後、保存。.
4,OS/2システム→Writing Heads/IN32→辞書プロファイルを起動。編集より登録削除でFRFTGA.DICを削除。
5.PCを再起動
6.再起動直後、x:WHEADSのKRFTGA.DICを削除。
7.辞書エディタを起動、krftGA.txtを開いて関連機能よりマルチ辞書作成で新たに辞書作成。
8.辞書プロファイルを起動後、マルチ辞書登録を実行。
9.KRFTGA.DICを登録。

となります。
が、差し替えられました辞書コーナーのhtmlファイルのテーブル内に書くには長過ぎますね。
OS/2を使っているユーザーなら現状の説明で解ってくれそうな気がするのですが…。

「zipファイル解凍後に、樺太辞書 OS2_WHIM32版_ReadMe.txtの導入方法に従ってインストールをして下さい」
では拙いですか?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
IBM OS/2 WARP版 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月 5日(水)03時32分54秒   
   使用方法をよろしければ簡潔にまとめていただけますか(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
辞書コーナー 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月 5日(水)03時24分30秒   
   版が増えて見にくくなったので
リニューアルしました。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
作成 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月 4日(火)13時27分46秒   
   こちらこそありがとうございます。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
掲載多謝 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年11月 4日(火)07時37分9秒   
   夜半作業による掲載大変に恐縮です。
今朝確認致しました。

OS/2WARPの日本人ユーザーは極めて少ないので、余り需要がないのかもしれないと思いますが…。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
掲載 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月 4日(火)02時16分43秒   
   IBM OS/2 WARP版展示広場に掲載いたしました。(^^
IME版近々2訂相当に更新したいところ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
返信 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年11月 1日(土)21時29分53秒   
   月曜に御連絡します。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
管理者メールの件 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年11月 1日(土)16時01分33秒   
   了解しまして、昨日送付しました。

遅ればせながら第6回本会議議事録を通読しました。
苦心の程が偲ばれます。特に北樺太(薩哈嗹)は情報が錯綜していた様子で、さすが、江戸時代
通じ日本領という認識があった地域とは雖も、一度その施政権下から離れれば地名の存続も厳
しいのだという事を実感します。

明治38年の樺太奪還作戦時や、西比利亜出兵時での日本時代はどうだったのかというのが気に
なる所です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
メール 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年10月31日(金)14時58分33秒   
   いったん「管理者へメール」でメール送ってください。(^^

ちょっとお返事に時間がかかるかもしれません。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
亜港 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年10月31日(金)04時20分12秒   
   「あれきさんどろ(る)ふすく」は、MS IMEで使うのなら、「あれきさんどろ(る)ふすくさは
りんすきー」と正式呼称に直してから使われる方がいいかと思います。

「さはりんすきー」抜きは飽く迄もOS/2WARP上での制約ですので。
#まぁ、当時市井でも抜きが結構使われていた様ですが、当時は多くが漢字表記ですから、「~
-サハリンスキー」迄の認識はなかったんだろうと思いますけど。現在でもググれば結構出ま
すね「アレキサンドルフスク」のみ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
追記個所 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年10月31日(金)04時05分42秒   
   あこう→亜歴山港
あれきさんどるふすく→亜歴山港
あれきさんどろふすく→亜歴山港
かむさつか→勘察加
かむさつかはんとう→勘察加半島
かむちゃつか→勘察加
かむちゃつかはんとう→勘察加半島
ひとかっぷわん→単冠湾
 *必要と考察した為、追記した。
らっかざき・らっくみさき→拉喀「崎」 (変換時「」は附属しない)
 *地図と海図では「崎」「埼」を区別して使用し、双方正規名称の為。
るたか→亜庭
 *るたか→アニワの登録があるのなら、漢字表記も必要と判断。
南千島四諸島の項目追加。
千島列島全島の「島」抜き項目追加。
 *例.うるっぷとう→得撫島とうるっぷ→得撫

となります。

掲載でしたら、zipで固めたファイルを送付します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
掲載 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年10月31日(金)02時09分31秒   
   掲載してよろしいのでしょうか。(^^

追加したデータをご記載いただけますか。
本家のほうも追加していきたいので。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太市長様 投稿者:東北の貧乏人  投稿日:2008年10月31日(金)02時07分38秒   
   貴サイトでWindows MS IME用の樺太地名辞書を作成・公開されて居りますが、其公開されて
居る辞書テキストをベースに当方が普段メインで使用して居る「IBM OS/2 WARP」という別OSで
使われる日本語FEP「Writing Heads/IM32」用に、辞書テキストを改編、辞書用のDICファイルを
作成しました。
そちらで公開されている辞書テキストベースですので二次製作品となりますが、貴サイトで公開
されますでしょうか。
ただ、別OSでの仕様となって居りますので、Writing Heads/IM32独自の制約である「読み10文字
以内」「正書文字20文字以内」に抵触する項目構文、具体的には辞書テキストの3行目、4行目、
18行目、19行目、20行目、21行目を削除して居ります。また、露西亜語単語の半角「スペース」
「-」「.」「=」部分を全角に総て置き換えて居ます。

また、個人的に入れた方が自然と思える項目も追記して居ります。

OS/2WARPは日本では使用者が個人・企業含めて極端に少ないOSで、そう需要が有るとは思えない
ですが…。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
県章 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年10月23日(木)01時32分40秒   
   だいぶ前から作っていたんですが複雑な形なので
なかなか完成せずにのびのびになってました。(^^A

これで千島風露さんの樺太庁2007もかっこよくなるかと
思うのですが、大陸へ出かけて戻ってこない。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太県 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年10月22日(水)02時43分38秒   
   樺太は県になるのかなあ・・・(^^;
一応「樺太県」として県章を観光課に貼り付けました。
たぶんこんな感じになるかな(^^A    
 

--------------------------------------------------------------------------------
西柵丹 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年10月19日(日)02時04分44秒   
   お返事ないままですが、強引に西柵丹を組み込みました。(^^;A    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太新聞 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年10月 6日(月)02時04分53秒   
   久々に更新しました。
最近は樺太関係の動きが小さくなってきました。
石油が細ってきた関係?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第11回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 9月30日(火)01時57分26秒   
   擬似選挙です
ほとんど落ちるとわかってる候補にいれますかね(^^;

供託金だってどうするの。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
西柵丹 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 9月30日(火)01時02分3秒   
   川上さん、引き続き西柵丹の画像、使用してもよろしいですか(^^?
縦長なのでちと組みにくいですが    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第6章 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 9月23日(火)02時53分23秒   
   休止(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
セット 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 9月 7日(日)19時30分34秒   
   うーむ(^^;
毎号ひとつづつパーツを組み立てると・・・・商法みたいだ    
 

--------------------------------------------------------------------------------
鉄道模型シミュレータ 投稿者:川上  投稿日:2008年 9月 6日(土)21時15分55秒   
   > 「鉄道模型シミュレータ」のページ見ていても
> よく価格がわかりませんね。(・・;

最低限の線路とホームが入った基本セットは5000円程度なんですが、
追加車両や島式ホーム・駅舎・自動車・山…などの追加データを揃えると
最低でも5万を超えます。よって、今回は見送り。。。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ホームページリニューアル 投稿者:川上  投稿日:2008年 9月 6日(土)21時13分44秒   
   だらだらと思うがままに書いてきた私のサイトですが、
「われら自宅de探検団」として(簡易ながら)リニューアルしました。

樺太の話題は「樺太ネタ」のコーナーで取り上げています。
現在のところ「豊原市交通局」と「豊原市街地図」しか用意していませんが、
以前から書き溜めている「観光案内」と「樺太鉄道事情大研究」(汗)の
二本柱を順次追加していく予定です。

ゲストブックも設置しましたので、ぜひ足跡を残してください(^^) 
http://pinguhouse.hp.infoseek.co.jp/
   
 

--------------------------------------------------------------------------------
第10回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 9月 4日(木)01時34分3秒   
   樺太を見たか。実にシンプルアンケートです。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月29日(金)03時03分22秒   
   ちょっと観光の方が増えたので、期限を延期します。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
「鉄道模型シミュレータ」 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月27日(水)01時59分14秒   
   「鉄道模型シミュレータ」のページ見ていても
よく価格がわかりませんね。(・・;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第6章 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月25日(月)01時22分41秒   
   ちょっと載せてみた。(^^;
つづきはいつになるのやら・・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太の歴史 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月23日(土)20時35分15秒   
   何度も書きかけてストップしている
樺太の歴史 第6章 そろそろ連載再開したいところ・・・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
線路や列車 投稿者:川上  投稿日:2008年 8月22日(金)08時17分17秒   
   「鉄道模型シミュレータ」なるソフトがあって、CGで山あり谷ありの
ジオラマを再現することができるようです。
べらぼうに高いので当面は様子見ですが、データを揃えれば豊原駅も
国境駅もできそうです。

http://www.imagic.co.jp/hobby/    
 

--------------------------------------------------------------------------------
高度 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月22日(金)01時26分22秒   
   ご教示ありがとうこざいます。(^^
川上さんのおかげで美しい観光課になりそうです。

線路や列車のデータはないのですね。
また作りやすそうなところで結構なので余力ができたら
他の都市もお願いします。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
風景 投稿者:川上  投稿日:2008年 8月21日(木)23時57分11秒   
   精力的な更新、どうもありがとうございます。

Flight Simulatorの風景製作について補足しておきます。

ソフトの中に海岸線・標高などの地形データや
商業地・住宅地・森林・畑などの土地区画データ、
道路・線路・送電線などのベクトルデータが入っていて、
これらを書き換えることで樺太の地勢を再現しています。

上にあげた要素のうち、標高データ(フリーで転がっている)以外は
データ(xmlファイル)を自作し、付属の開発キットでコンパイルしています。

一方、本斗のタワーやおさかなレストランといったランドマークは
開発キットに含まれる既製のオブジェクトを利用していて、
今のところ自作しているものはありません。こちらは置くだけなので
きわめて簡単な作業です。

市販のCADソフトを使えばどんなものでも作れますが、そんな腕も
勉強する気力もない-というのが現状です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
富内 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月16日(土)02時52分37秒   
   富内村も工事完了。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
留多加 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月13日(水)02時13分47秒   
   あとテーマが決めやすそうなのは留多加ですね。

新幹線建設現場と空港といったところでしょうか。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
宗谷海峡 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月13日(水)02時03分52秒   
   石油ですか(^^
また悩ましい画像が・・・
好仁町は石油と岬に変更しよう・・・(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
感謝 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月12日(火)01時18分47秒   
   そうですね。(・・)
ガイドっぽくなれば本格的になりますね。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
西能登呂岬など 投稿者:川上  投稿日:2008年 8月11日(月)21時53分9秒   
   とりあえずアップしましたが、画像数が増えて汚くなってきました。
地域別に整理して観光ガイド的なものに組みなおそうか?と考えています。  
 

本斗 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月10日(日)02時59分54秒   
   やはり好仁にいれるべきでしょうね。西能登呂岬の画像に期待(^^;
それとあわせて好仁へ、本斗は魚くんをいれちゃおう。    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
海馬島 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月 9日(土)02時24分32秒   
   海馬島の画像を好仁町とどちらにいれるか迷って
現在は本斗に入れています。
島自体は本斗市。その景色は好仁町。どちらが望ましいのでしょうね。
好仁町の画像としては西能登呂岬が筆頭でしょうが・・・。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
本斗 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月 9日(土)02時21分21秒   
   本斗の工事がおわりました。
かわいいさかなくんも入れたかったな・・・(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ありがとう 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月 8日(金)02時06分47秒   
   ちょっと体調不良のため後日本斗工事します。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
本斗港 投稿者:川上  投稿日:2008年 8月 7日(木)20時37分8秒   
   さくっと追加しました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
リクエスト 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 8月 6日(水)02時40分59秒   
   真岡トップ挿入完了(^^
maoka02のような感じで本斗港の画像を期待します。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
都市画像 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 7月28日(月)01時51分52秒   
   各都市受け入れ準備が完了しました。(^^;
川上さんどこからでもどうぞ    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第9回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 7月25日(金)01時48分9秒   
   今回は身近に樺太関係の方がおられるかですが・・・・
以前は樺太在住者の方のホームページがあって、少し新樺太市と
交流があったりしたのですが、みな故人となりさびしい限りです。(´`)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
大泊市 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 7月22日(火)01時23分45秒   
   気をよくして大泊も工事完了。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
改良版 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 7月22日(火)00時52分48秒   
   ありがとうございます。(^^ヾ
これも川上氏のおかげです。
千島風露さんもばりばり参加してくださいよ。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
支庁名をいれた改良版 投稿者:千島風露  投稿日:2008年 7月22日(火)00時07分47秒   
   すごくかっこいいです!    
 

--------------------------------------------------------------------------------
都市標題 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 7月21日(月)22時03分58秒   
   支庁名をいれた改良版に変更。
続いて北部もいれてみました。
川上さん、こんな感じで他都市もすすめたいと思っています。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
豊原市南部 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 7月21日(月)02時05分37秒   
   川上さんの画像を表題部にはめてみました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
シンボル画像作成 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 7月 1日(火)02時00分30秒   
   川上さん、私の技術面の関係で急ぎませんので
ゆっくりおねがいします。
大泊で一度試作してみようと思いますが・・・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第8回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 6月29日(日)04時04分11秒   
   アンケート代わりました。
今回当市そのものについてで、いつからここ新樺太市を知っているか、です。
最初の投稿がいきなり市制施行宣言時点ですか(^^;
はずかしいなあ。そして長らくのご訪問ありがとうございます。
じつは当市自ら外部にリンク宣伝したのって、あのときが最初で最後なんですよね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
おくやみ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 6月25日(水)18時53分39秒   
   PC死亡お悔やみ申し上げます。(^^;
HDD死亡よりはましですがへこみますね。
書き込みだけでも参加してくださいね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ご挨拶? 投稿者:川上  投稿日:2008年 6月24日(火)23時06分45秒   
   ここのところ送別会の連続で、素面で帰れない日が続いていますが・・・(^^;

メインのPCを数週間ぶりに立ち上げた所、電源がお亡くなりになったようで
ウンともスンとも言いません。こちらの議論には参加していきたい所ですが、
例のシンボル画像作成はしばらくお休みになります。あしからず・・・m(_ _)m    
 

--------------------------------------------------------------------------------
河口大橋 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 6月13日(金)00時57分32秒   
   大橋はいいですね。(^^

管制塔は米軍軍事施設につき自治体のHPに掲載するのは
困難です。(・・)
  ランドマークというよりシンボル的なものとお考えください。
一つできるとイメージが判っていただけるかなと思うのですが    
 

--------------------------------------------------------------------------------
一番目立つ建物(敷香) 投稿者:千島風露  投稿日:2008年 6月12日(木)23時02分28秒   
   敷香の場合ですと、
「幌内川河口大橋」(仮称)とか。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
一番目立つ建物 投稿者:千島風露  投稿日:2008年 6月12日(木)23時00分18秒   
   夢のない話で申し訳ないですが、
米軍基地の管制塔とか如何でしょう?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ランドマーク的 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 6月10日(火)00時59分2秒   
   いやいやあくまでランドマーク「的」で(^^;
新樺太市の場合国境標と新樺太市の街にしようかなと。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:川上  投稿日:2008年 6月 9日(月)23時26分47秒   
   敷香ですか、週末にでもやってみたいと思います。
10万未満の都市でランドマークというと何があるでしょうか    
 

--------------------------------------------------------------------------------
敷香 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 6月 7日(土)02時38分56秒   
   川上さん

手始めに
幌内川と敷香の街を作れますでしょうか。

ランドマーク的存在とその町が入るような画像を必要としています。(・・)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第7回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 6月 1日(日)03時41分7秒   
   久々に返還系アンケートです。
結局・・・・・

戦争による返還
対話による返還
買収による返還

しか選択肢は思いつかないわけですが
では買収ならいくらなら支払ってもよいと考えるか
のアンケートをとってみることにしました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
観光課 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月25日(日)05時15分43秒   
   観光課に対して猛工事をかけました。
ぐったり(..)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
玄関 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月24日(土)02時57分37秒   
   6代目玄関画像にしました。(^^
ありがとうございます。ちょっとサイズ変更と
端の方を処理しています。(軽量化とXGA対応のため)

観光課については 樺太ナビ設置後にどうするか考えますね。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
画像について 投稿者:川上  投稿日:2008年 5月23日(金)21時43分56秒   
   樺太について発展的な立場で論じられているサイトであれば、
自由に使って頂いて構わないと考えています(^^)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
試作 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月23日(金)01時47分20秒   
   一度観光課でタイトルに使ってみたいと思います。(^^
そのあと考えていきましょう。

市章はドットを目分量で打ち込みましたのでちょっと
狂ってると思いますけどね。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
恵須取 投稿者:川上  投稿日:2008年 5月22日(木)07時49分24秒   
   恵須取市の市章、雪の結晶を象っているんでしょうか。きれいですね。

写真の件ですが、自由に使って頂いて構いませんよ(^^)
見ての通り2万5000分の1地図に乗っていそうなレベルでなら
再現できますので、リクエストがあればお申し付け下さい。

新樺太の白地図も作らなきゃ…    
 

--------------------------------------------------------------------------------
恵須取市章 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月22日(木)03時38分51秒   
   千島風露氏調査による恵須取市章(町章)を観光課に
掲載しました。長らくお待せいたしました。(^^;A

明確な証拠はないのですが、これがそうではないかと
推定されます。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
完成 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月14日(水)01時04分6秒   
   完成したら教えてください。(^^
ここに投稿できるようにします。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図 投稿者:川上  投稿日:2008年 5月13日(火)22時10分1秒   
   入力したデータをもとに新たに書き起こすことになります。
まぁ、白地図に毛が生えたものだと思ってて下さい(^^;)

サイズはjpgなら数百KBじゃないでしょうか?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月13日(火)13時10分11秒   
   それはすごい(^^!
地図の大きさはどのくらいですか    
 

--------------------------------------------------------------------------------
(無題) 投稿者:川上  投稿日:2008年 5月13日(火)08時02分16秒   
   新樺太市の光景については、人口5万人程度を目安に
道路と鉄道、大まかな街並みは作ってあります。

一度簡単な地図をお送りしましょうか?

市役所やその他シンボリックな建物の場所さえ決まれば、
後はそれらを置くだけです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
室内 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月13日(火)01時06分26秒   
   そうですか
室内はむずかしいですか。(・・)

今、まず作りたいのが
新樺太市の光景なんですよね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
禁止 投稿者:川上  投稿日:2008年 5月12日(月)22時19分35秒   
   そうですね、禁止はされてませんね(^^ゞ

室内の様子を作るのは難しいです。
というのもFlight Simulatorは航空機で空を飛ぶソフトですから…(^^;)
代わりと言っては何ですが、新豊原空港を作るなんてことは可能です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
禁止 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月11日(日)22時13分24秒   
   禁止されていないみたいですね。(・・)
まあ、禁止すると、何に使うんだよって話になりますが

ところで、室内の様子みたいなものをこれで作れるものでしょうか。
たとえば市議会議場みたいなものを。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
キャプチャ公開可否 投稿者:川上  投稿日:2008年 5月11日(日)22時04分35秒   
   ライセンス条項を一通り読んでみましたが難しい。。

ライセンスの範囲は「インストールおよび使用に関する権利」

明記されている禁止事項は以下の通り
> 以下の行為は一切禁止されています。
> ? 本ソフトウェアの技術的な制限を回避する方法で利用すること
> ? 本ソフトウェアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブ> ルすること
> ? 本ライセンス条項で規定された以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること
> ? 第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること
> ? 本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること
> ? 本ソフトウェアを商用ホスティング サービスで使用すること

さっぱり分かり真線(´~`)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ソフト 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月11日(日)21時12分47秒   
   そうなんですよ。(^^;
あちこち貼られていますね。
オブジェクト自体が川上氏制作とのことですので、
使用許諾条件を調べればわかるかもしれませんね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
ソフトの件 投稿者:川上  投稿日:2008年 5月11日(日)11時07分3秒   
   どうやらお呼びだったみたいですね・・・m()m

> 新樺太市街地問題はいずれ解決しないといけません。
> これには川上さんの協力がほしいですが・・・・回答待ち状態。

私の想定を書き込んだほうがよろしいでしょうか(・・)?

ソフトの件で。
現実的には商用・個人サイトを問わず当然のようにスクリーンショットが
貼られていますし、中には編集されたものもありますが、著作権者の許可が
得られているかどうかは分かりません。

画像作成のカラクリを明記しておけば即クレームにはならないと思いますが、
新樺太市HPに迷惑をかけないよう、画像の利用は私のHP(まだない^^)に
留めておくのが良いのかも知れません。

いかがでしょうか。

参考) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88    
 

--------------------------------------------------------------------------------
みなさんお若い 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月11日(日)02時48分9秒   
   みなさんお若いですね。(¨)
お若い方に樺太をもっと知ってもらえるとうれしいです。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第6回 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 5月 9日(金)01時40分55秒   
   引き続いて属性アンケートです。
今回はお年をお伺いします。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第5回 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 4月20日(日)01時04分18秒   
   今回は新樺太へはどこからお越しになったのか
です。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第4回 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月31日(月)01時25分46秒   
   今回は行きたい観光地にしました。
住むのはいやな方でも観光にはいって見たいのではないでしょうか。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート結果 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月31日(月)00時47分21秒   
   今回も展示広場にて公開中。(^^
独断分析つき。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
北方都市圏 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月31日(月)00時24分6秒   
   そうですよね。(^^A
続きは第3会議室で詰めましょう。
あと、新樺太市の姿について夢を広げましょう。

アンケートは終了しました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
敷香 投稿者:豊原市在住  投稿日:2008年 3月30日(日)23時47分39秒   
   私は敷香の人口は12万人くらいでも良いので
は?と思ってました。
個人的なイメージでは敷香は釧路とかぶりま
す。
新樺太もセメント・米軍・国境観光と産業が
そこそこありますし、市長殿の8万人までは
いかずとも、5万人程度は見込めるのではない
でしょうか?    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第3回アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月30日(日)21時58分26秒   
   さあて、そろそろ締め切りますよ。(^^
市制施行時の予測どおり、敷香・新樺太付近の人気は高いようです。
実は北方都市圏を形成して合計人口20万-25万が当初設定でして、
敷香オリンピックやら招致しようという考えでした。
 その際の新樺太市人口は8万人。
ちょっとその後の討論が暗すぎたかも・・・・(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
違い 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月26日(水)00時42分17秒   
   違いというより、未定部分ですね。(・・)
でも、だいたいあんな感じでよいかも。

新樺太市街地問題はいずれ解決しないといけません。
これには川上さんの協力がほしいですが・・・・回答待ち状態。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
相違点 投稿者:豊原市在住  投稿日:2008年 3月25日(火)12時47分22秒   
   色々とありますが、大きいところは↓のとおりです。

①高速道路…新樺太世界ではまだルート決定していないですよね。

②豊原のニュータウン…鈴谷川西岸の住宅地の地名(豊西・鈴谷台・苔桃台etc.)
           等は新樺太世界には出てきていないようです。

③新樺太付近…雁門に至る鉄道のルートおよび駅、新樺太市の市街地や道路等は
       新樺太世界での議論はあまりなかったような…

④峠越え…主要国道はトンネルでぶち抜いていますが、この辺りもあまり議論は
     なかったと思います。

ps.特別会議室の件、少々お待ちください。まだアドレスが取得できておりませぬ(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------


  

エクセル 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月24日(月)01時39分14秒   
   それにてもエクセルでここまで作られるってすごいですね。(^^;
そうそう特別会議室の件よろしくお願いしますよ~。    
    
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月24日(月)01時35分26秒   
   豊原市在住さん、お久しぶりです。
なんとか完成しました。(^^A
議論と違う点とか、わかりましたらご指摘くださいね。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図システム 投稿者:豊原市在住  投稿日:2008年 3月22日(土)21時24分33秒   
   完成おめでとうございます。というかありがとうございます。

こんなつたないものでもちゃんと飾ってもらうと何か立派なものに見えてきます。(^^

ただ、中身は新樺太世界の議論を無視して勝手に書き込んでいるのも多々ありますので、
徐々に正しいものに変えていってください。

よろしくお願いします。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図システム 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月18日(火)01時54分12秒   
   ようやく完成いたしました。(^^A    
 

--------------------------------------------------------------------------------
パロマイ 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月 9日(日)01時39分14秒   
   ふぅ(^^A
パロマイまでできた。今月中には岡本岬までできるかな・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
第3回 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 3月 1日(土)03時53分15秒   
   アンケートは第3回に突入しました。(^^
住みたい場所を気楽に選んでみよう。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
地図システム 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 2月24日(日)02時20分14秒   
   北もゆっくり作ることにしました。(^^A
北半田沢まで作りました。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
国道 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 2月23日(土)02時10分17秒   
   掲載するなら樺太庁のほうが向いてますね。(^^
会議室違いにて以降第1か第3で。

公共事業会議室はここまで書き込みゼロというのがすごい。
分離するまでは活況だったんですけどね。(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
国道 投稿者:千島風露  投稿日:2008年 2月23日(土)00時05分42秒   
   以前検討した「樺太の国道」
せっかくですから
「樺太庁2007」ページに掲載しましょうか?
総局殿が作成したPNGファイルは当時ダウンロードしましたので、許可をいただければ掲載可能です。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
結果 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 2月 4日(月)07時34分39秒   
   展示広場に張り出しました。
独断分析つき(^^;    
 

--------------------------------------------------------------------------------
返還見通しアンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 2月 4日(月)01時39分54秒   
   樺太アンケート第2弾を実施します。
第1弾の内容は別途公開します。(^^    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 2月 3日(日)03時38分6秒   
   投票数が100に達したら締め切りたいと思います。(^^
大体の比率も安定していますし。

次のアンケートの内容は決まっていますが
それ以降にこのような内容で問いたいというのがあればご意見ください。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太地図システム 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 1月31日(木)03時12分19秒   
   現在真縫地峡まで進んでおります。(・・)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
アンケート 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2008年 1月14日(月)03時04分21秒   
   とりあえずアンケートは2ヶ月の期間で設定していますが
一定の投票が集まれば早期に終了するかもしれません。

今回は新樺太市訪問客のみのクローズドなアンケートなので
同じ質問でオープン型アンケートも検討しています。    
 

--------------------------------------------------------------------------------
なし 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2007年12月28日(金)00時41分47秒   
   ないようなので一応これで完成としておこう(^^;A    
 

--------------------------------------------------------------------------------
他に 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2007年12月17日(月)00時51分25秒   
   他にプロジェクトありましたっけ。(・・)    
 

--------------------------------------------------------------------------------
樺太ゲームプロジェクト 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2007年12月11日(火)02時11分33秒   
   樺太ゲームプロジェクトを掲載しました。
空母樺太三号艦氏、どうしているのかなあ(¨ )
もしここにきたら何でも良いから消息かいてくださいねー    
 

--------------------------------------------------------------------------------
新樺太市の公共事業。 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2007年12月 8日(土)11時54分3秒   
   現在じわりじわりと市長室内に事業概要を掲載しています。
ホントゆっくり(^^;

案だけでてそのまま消えたものも掲載予定です。
いつか復活するするかもしれませんし・・・・    
 

--------------------------------------------------------------------------------
公共事業推進室 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2007年11月30日(金)01時22分24秒   
   公共事業推進室がオープン(^^
各進行中のプロジェクトについて、随時討議する会議室です。
詳細は市長室に掲載する予定です