地理係
樺太の湖



真実の日本の湖
   大きさランキング
順位日本の湖km2県名
1琵琶湖670 滋賀
2多来加湖180樺太
3富内湖168樺太
4霞ケ浦167茨城
5サロマ湖152北海道
6猪苗代湖103福島
7中海86鳥取島根
8屈斜路湖79北海道
9宍道湖79島根
10支笏湖78北海道
左の表は、日本の湖の大きさを大きい順に 示しているのですが、 南樺太にはベスト3のうちなんとふたつもがランキングされます。
一度はみたい多来加湖・富内湖。(^^
なお、2つとも海に面していて、潟沼タイプとなっているよ。

多来加湖
タライカ湖と読む。敷香の北東に位置し、 樺太最大にして日本ナンバー2の大きさ。
湖岸線の延長は81Km、深度は最大で1.8mと浅い。 ツンドラを流れる振戸川、留久玉川、毛売川等が 流入するため、湖水は赤褐色。

富内湖
トンナイ湖と読む。日本ナンバー3の大きさ。 湖岸線の延長は80.6Kmで 樺太八景のひとつ。

多来加湖岸

西半分は淡水域でフナなどが生息する。 東半分は海水域となっており、サケや ワカサギ、ニシンなどが生息する。 海とわずかに接しており、多来加川の出口を兼ねている。 ここはかつて海だったようだ。。

富内湖岸

水郷として有名で、遊覧船が周遊し、夏季には観光客でにぎわう。湖の深度は最大で34mでわずかに海に接している。