日本国ロシア国通好条約

安政元年12月21日
西暦1855年2月7日
ロシア暦1855年1月26日
於下田調印


日本国とロシア国と今より後懇切にして無事ならん事を欲して条約を定めんか為め、
ロシアケイヅルは全権アヂュダント、ゼネラール、フィース、アドミラール、
エフィミュス、プーチャチンを差越し日本大君は重臣筒井肥前守川路左衛門尉に任して
左の条々を定む

第一条
 今より後両国末永く真実懇にして各その所領において互に保護し人命は勿論什物に
おいても損害なかるへし

第二条
 今より後日本国とロシア国との境「ヱトロプ」島と「ウルップ」島との間に在るへし
「ヱトロプ」全島は日本に属し「ウルップ」全島夫より北の方「クリル」諸島はロシアに属す
「カラフト」島に至りては日本国とロシア国との間において界を分たす是まで仕来の通たるへし

第三条
 日本政府ロシア船の為に箱館下田長崎の三港を開く今より後ロシア船難破の修理を加へ
薪水食料欠乏の品を給し石炭ある地においては又これを渡し金額銭を以て報ひ若し金額乏き時は
品物にて償ふへしロシアの船難破にあらされは此港の外決して日本他港に至る事なし
もっとも難破船に付諸費あらは右三港の内にてこれを償ふへし

第四条
 難破漂民は両国互に扶助を加へ標民はゆるしたる港に送るへしもっとも滞在中これを待つ事
緩優なりといえども国の正法を守るへし

第五条
 ロシア船下田箱館へ渡来の時金銀品物を以て入用の品物を弁する事を許す

第六条
 もし止む事を得さる事ある時はロシア政府より箱館下田の内一港に官吏を差置へし

第七条
 もし評定を待へき事あらは日本政府これを熟考し取計ふへし

第八条
 ロシア人の日本国に在る日本人のロシア国に在るこれを待つ事緩優にして
禁錮する事なし然れ共もし法を犯す者あらはこれを取押へ処置するに各その本国の法度を以てすへし

第九条
 両国近隣の故を以て日本国にて向後他国へ許す処の諸件は同時にロシア人にも差免すへし

本条約、ロシアケイヅルと日本大君と又は別紙に記す如く取極め今より九箇月に至りて
都合次第下田において取換すへこれに因りて両国の全権互に名判致し条約中の事件これを
守り双方聊違変ある事なし

安政元年12月21日
魯暦1855年第1月26日
筒井肥前守   花押
川路左衛門尉  花押
エフィミユス・プーチャチン 手記