日露間樺太島仮規則

慶応3年2月25日(1867年3月18日)

 樺太島はロシアと日本との所属なれば島中にある両国人民の間に
行違ひの生せん事を慮り互に永世の懇親を弥堅くせんかため日本政府は右
島中山河の形勢に依て協会の議定せんことを望む旨を日本大君殿下の使節は
「シントペートルスブルグ」へ来りて外国事務役所へ告知ありしといへども
ロシア政府は島上にて協会を定むることは承諾いたしかたき趣きをアジア局
「ジレクトル」(役名)「タイニーソウエッニク」(官吏)
「スツレモウホフ」(人名)を以て報答せり其故の巨細は大君殿下の使節へ
陳述せり且ロシア政府は右樺太島の事に付双方親睦の交際を保たんことを欲し
その存意を述たり
第一
 両国の間にある天然の国界亜庭と唱ふる海峡を以て両国の境界と為し樺太全島を
ロシアの所領とすへし

第二
 右島上にて方今日本人へ属せる漁業等は向後とも総て是まての通り其所得とすへし

第三
 ロシア所属の得撫島を其近傍に在る「チルポイ、ブラツ・チルポイ、ブロトン」
の三箇の小島と共に日本へ譲り全く異論なき日本所領とすへし

第四
 右条々承諾難致節は樺太島は是迄の通り両国の所領と致置くへし
前書の廉々互に協同せさるに付樺太島は是迄の通り両国の所領と為し
置き且両国人民の平和を保たんかため左の条々を仮に議定せり



第一条
 樺太島に於て両国人民は睦しく誠意に交るへし万一争論ある歟又は
不和のことはらは裁断は其所の双方の司人共へ任すへし若其司人にて
決し難き事件は双方近傍の奉行にて裁断すへし

第二条
 両国の所領たる上はロシア人日本人とも全島往来勝手たるへし
且いまた建物並園庭なき所歟総て産業の為に用ひさる場所へは
移住建物等勝手たるへし

第三条
 島中の土民は其身に属せる正当の理並附属所持の品々とも
全く其ものの自由たるへし又土民は其ものの承諾の上ロシア人
日本人ともにこれを雇うことを得へし若日本人又はロシア人より
土民金銀或は品物にて是迄既に借受けし歟又は現に借財を為すこと
あらは其もの望の上前以定めたる期限の間職業或は使役を以て
これを償ふことを許すへし

第四条
 前文ロシア政府にて存意を日本政府にて若向後同意し
其段告知する時は右に付ての談判議定は互に近傍の奉行へ命すへし

第五条
 前に掲げたる規則は樺太島上の双方長官承知の時より施行すへし
但し調印後六ヶ月より遅滞すへからす且此規則中に挙さる瑣末の事に
至りては都て双方の長官是迄の通り取扱ふへし
右証として双方全権委任のもの此仮の規則に姓名を記し調印せり
此に双方の訳官名判を記したる英文を添たり

 日本 慶応三年丁卯二月二十五日
 ロ暦 千八百六十七年三月十八日
  
於比特堡 小出 大和守 花押
     石川 駿河守 花押
   アジア寮長
    タイニー、ソウエッニク、
      スッレモウホウ 手記




なになに・・・樺太全島を放棄して得撫島と交換しろだと?オイオイ(´`)
そんな話のめるわけ無いでしょうが。
で明確に国境を決められなかった。沿海州の歴史を学ばなかったな。江戸幕府・・