サンクトペテルスブルグ条約 (千島樺太交換条約)


明治8(1875)年5月7日 サンクトペテルスブルグにおいて署名
明治8(1875)年8月22日 批准
明治8(1875)年8月22日 東京において批准書交換
明治8(1875)年11月10日 布告

 日本国皇帝陛下と
全ロシア国皇帝陛下は今般樺太島(即サハリン島)これまで両国雑居の地たるに由りて
屡次その間に起れる紛議の根を断ち現下両国間に存する交詛を堅牢ならしめんか為め
 大日本国皇帝陛下は樺太島(即サハリン島)上に存する領地の権利
 全ロシア国皇帝陛下は「クリル」群島上に存する領地の権利を互に相交換するの約を結んと欲し
 大日本国皇帝陛下は海軍中将兼在ロシア京特命全権公使従四位榎本武揚にその全権を任し
 全ロシア国皇帝陛下は大政大臣金剛石装飾ロシア帝照像金剛石装飾ロシア国
「シント、アンドレアス」褒牌「シント、ウラジミル」
一等褒牌「アレキサンドル、ネフスキー」褒牌白鷹褒牌「シント、アンナ」
一等褒牌及「シント、スタニスラス」一等褒牌フランス国「レジウン、ド、オノール」
大十字褒牌スペイン国金膜大十字褒牌オーストリア国「シント、エチーネ」大十字褒牌金剛石
装飾ロシア生国黒鷲褒牌及その他諸国の諸褒牌を帯る公爵「アレキサンドル、ゴルチャコフ」
にその全権を任ぜり
右各全権の者左の条款を協議して相決定す

第一款
 大日本国皇帝陛下はその後胤に至るまで現今樺太島(即サハリン島)の一部を所領するの
権利及び君主の属する一切の権利を全ロシア国皇帝陛下に譲り而後樺太全島は悉く
ロシア帝国に属し「ラペルーズ」海峡をもって両国の境界とす

第二款
 全ロシア国皇帝陛下は第一款ニ記せる樺太島(即サハリン島)の権利を受し代として
その後胤に至る迄現今所領「クリル」群島即チ第一「シュムシュ」島第二「アライド」島
第三「パラムシル」島第四「マカンルシ」島第五「ヲネコタン」島第六「ハリムコタン」島
第七「エカルマ」島第八「シャスコタン」島第九「ムシル」島第十「ライコケ」島
第十一「マツア」島第十二「ラスツア」島第十三「スレドネワ」及「ウシシル」島
第十四「ケトイ」島第十五「シムシル」島第十六「ブロトン」島第十七「チエルポイ」
ならびに「プラット、チエルポエフ」島第十八「ウルップ」島共計十八島の権利
及び君主に属する一切の権利を大日本国皇帝陛下に譲り而今而後「クリル」全島は
日本帝国に属しカムチャッカ地方「ラパツカ」岬と「シュムシュ」島の間なる海峡をもって
両国の境界とす

第三款
 前条所載各地ならびにその地産はこの条約批准為取換の日よりして直に全く新領主に属する者とす
但しその各地受取渡の式は批准後双方より官員一名又は数名を撰て受取掛とし実地立合の上執行すべし

第四款
 前条所書交換の地にはその他にある公同の土地、人の下手せざる地所、一切公共の造築、
塁壁、屯所及び人民の私有に属せざるこの種の建物等を所領するの権利も兼存す
 現下各政府に属する一切の建物及び動産は第三款に載する双方の受取掛役取調の上その代価を
按査しその金額はその地を新たに領する政府より出す者なり

第五款
 交換せし各地に住む各民(日本人及びロシア人)は各政府において左の条件を保証す、
各民ならびにその本国籍を保有するを得ること、その本国に帰らんと欲する者は常にその意に
放せて帰るを得ること、あるいはその交換の地に留るを願う者はその生計を充分に営むを得るの
権利及び所有物の権利及び随意信教の権利を悉く保全するを得る全くその新領主の属民
(日本人及ロシア人)と差異なき保護を受くる事いえども然その各民に並共びにその保護を受ける
政府の支配下に属する事

第六款
 樺太島(即サハリン島)を譲られし利益に酬ゆる為め全ロシア国皇帝陛下は次の条件を准許す

第一
 日本船の「コルサコフ」港即「クシュンコタン」に来る者のためにこの条約批准為交換の日
より十ヶ年間港税も海関税も免ずる事、この年限満期の後は猶之を延すも又は税を納めしむるも
全ロシア国皇帝陛下の意に任す全ロシア国皇帝陛下は日本政府より「コルサコフ」港へ
その領事官又は領事兼任の吏員を置くの権利を認可す
第二
 日本船及び商人通商航海のため「オホーツク」海諸港及カムチャッカの海港に来り又はその海及び
沿岸に沿って漁業を営む等渾てロシア最懇親の国民同様なる権利及び特典を得る事

第七款
 海軍中将榎本武揚全権委任状はいまだ到達せずといえども電信をもってその送致する旨を
確定せらるるに由りその到るを待たずしてこの条約面に記名しその到るを待って各全権委任状を
相示すの式を行い別にその事を記してもって左券とすべし

第八款
 この条約は大日本国皇帝陛下ならびに全ロシア国皇帝陛下互に相許可し而して批准すべし
但し各皇帝陛下の批准為取換は各全権記名の日より六ヶ月間に東京において行うべし
この条約に権力を附する為各全権各その姓名を記しならびにその印を鈴するものなり

明治8年5月7日すなわち1875年(4月25日、5月7日)比特堡において
 榎本武揚   (印)
 ゴルチャコフ (印)

附属公文
 
 日本国皇帝陛下の政府とロシア国皇帝陛下の政府は本日両帝国間に結びたる条約
第四款に載たる件を完成せんため下名の者協議の上左の条款を定む

第一款
 ロシア帝国政府は本条約の旨に基き日本政府附の建物及び動産を引受くべきをもって
その代価を日本政府に払う事を承諾し日本政府より報知せられし金額即ち棟数
194軒代価 74063円(日本ドルラル)および動産の代価
19814円をもってその物価検査の基本となす

第二款
 本日取結びの条約第三款に掲げる各地受取掛双方役人は各地に在る建物及び動産
の両政府に帰すべきものを検査してその代価を決定すべし
 右双方役人より各地ならびに静動二産受取渡済及びその決定せし代価の届書落手の後
ロシア政府の物品代価差引き余剰金額は各地ならびに静動二産公然受取渡済より
六ヶ月内に比特堡府において日本公使又ハは日本国皇帝陛下より別段にその命を
奉したる役人に渡すへし

第三款
 本日結約の第五款中に陳ずる交換せる各地に住む留まる各民の権利及び地位ならびに
各地に住む土人の義については東京において日本政府ロシア弁理公使と尚之に附録す
可き条款を取極む可しその為め入用なる全権をロシア公使に附する者なり

第四款
 前条に載たる議定せし件は同日記名せし本条約の列に加えたるも同じ権力
あるものなり
右を確定するため下名の者この公文を作りもって各その印を調する者なり

明治8年5月7日すなわち1875年(4月25日、5月7日)比特堡において
 榎本武揚   (印)
 ゴルチャコフ (印)








ふむふむ。幕府が結ばされそうになったものよりましだが、得撫島から占守島と樺太の本来
もてた権利を比べると雲泥の差。明治政府がもっと真剣に考えてくれていたら・・
哀しい不平等条約・・・