ソ連の対日宣戦布告


1945年8月8日

ヒトラードイツの壊滅及び降伏後においては日本のみが
引き続き戦争を継続しつつある唯一の大国となれり。
 日本兵力の無条件降伏ら関する、本年7月26日付けの
アメリカ合衆国、イギリス及び中華民国三国の要求は
日本により拒否せられたり。
 このため、極東戦争に関し日本政府よりソビエト連邦
に対してなされたる調停方の提案はすべて根拠を喪失する
ものなり。
日本が降伏を拒否するにかんがみ、連合国は戦争終結の
時間を短縮し、犠牲の数を減縮し、かつ全世界における
速やかなる、平和の確立に貢献するため、ソビエト連邦
政府に対し日本侵略者との戦争に参加するよう申し出たり。
 すべて同盟の義務に忠実なるソビエト連邦政府は、
連合国の提案を受理し本年7月26日に付の連合国宣言に
加入する。
 このようにソビエト連邦政府の政策は平和の当来を
早からしめ今後の犠牲及び苦難より諸国民を解放せしめ
かつドイツが無条件降伏拒否後体験せる如き危険と破壊
より日本国民を免るることを得せしむる唯一の方法なり
とソビエト連邦政府は思考するものなり。
 右の次第なるをもってソビエト連邦政府は明日即ち
8月9日よりソビエト連邦政府は日本と戦争状態にある
ものと思考することを宣言す。