第1号  平成17年1月30日発行
市長、勇猛果敢に国境へ!



市長は単身、わが新樺太市の北の果て、ロシアとの国境を調査することにいたしました。
そこで証拠に写真を公開いたします。





樺太北緯50度線日露国境にある天測標です。
ここがロシアと日本の境目です。

確かに国境が存在しました。国境付近は木が伐採され
日露の国境警備の兵たちが私を睨み付けます。((>.<))






市長は命をかけて反対側のロシア領に入り写真をとりました。
日本の兵士が叫びました
「危ない!退避せよ!!」

ロシア兵が発砲!

弾はわずかにそれ命からがら新樺太市へ退避しました!!


・・・・・すいません。(^^;
うそつきました。
市長は気弱なのでとても国境にいけません。



実はこれ東京は明治神宮外苑にあります、レプリカです。
寝台列車で上京したときにお参りしました。


レプリカとはいえ、きちんと樺太庁が作成したもののようです。
駐車場の果てにあり、車が止まっていると、
大変位置がわかりにくいです。



こちらは標石の看板のアップです。


絵画館を正面に見て左手のほうにありますので一度ご覧になられては
いかがでしょうか・・樺太を思いながら・・・