第13号  平成18年1月10日発行
市長、大泊の海岸に立つ!

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年は厳冬ですねえ。((>.<))
そんなわけで市長は暖かい南を
目指すことにいたしました。


JR樺太東線を一路南下。
いよいよ次は憧れの南の港町、大泊です。

大泊の駅に降り立ちました。



おお。さすが大泊!雪がありません。(^^)
・・・?本当に大泊かって?本当ですよ。


大泊駅

大泊駅を激写!
意外と小さな駅ですね。


うむ。さすが有名な駅。きっちり掃除されています。



なんと駅の看板には海水浴場まであるというでは
ありませんか!

敷香の海は冷たく、とても海水浴どころか固まってますよ。


おっと大泊も道路工事。
気をつけて進みませう。(^^

大泊海水浴場

これが駅の近くにある大泊海水浴場。


あったかいなあ。指をつけても冷たくないよー。
1月なのに(^^;

あっ。トイレです。ちょっといってきます・・・



トイレにいって落ち着いてみると、
ここはなんだか樺太じゃないみたいです。

よく駅名標をみると、JR東海ではありませんか!!!

どうやら市長はだまされたようです。(>.<)
暖かすぎると思いました!
気温は1月なのにプラス15度を指しています。

ここはもちろん、樺太ではありません。
ここは南紀は三重県熊野市で、
大泊という地区があります。

ここに鉄道が開通したのは1956年。
樺太のほうが早いのだから、
駅名を紀伊大泊と改名すべし!

さもないと、市長のように間違えるアホもでかねません。


鬼が城

近くには観光名所、鬼が城もありますよ。(^^
結構よい眺めです。

お近くの方、一度尋ねられてはいかがでしょう。
樺太を思いながら・・・