第17号  平成19年2月1日発行
市長、樺太コインを眺めてニヤニヤする。(^^≡^^)




新樺太市民の皆様。
当市も早くも3年目を迎えました。
並列世界での樺太をめぐる情勢は、
サハリン油田の権利を半ば強引に奪われるなど、
ロシアのいつか来た道をまた繰り返す様相になっております。

マスコミはサハリン、サハリンと連呼しますが、
そんなさなかに


財務省報道発表資料

政府のホームページに「樺太」の名前が堂々と入っていることは
大変うれしく思います。\(^^)/

・・・まあ、犬の名前ですが。




さっそく両替に行ってきました。(^^




輝かしく、宗谷 と樺太犬が描かれています。
市長は貨幣に詳しくないのですが、樺太に曲がりなりにも
まつわっているものが発行されたのは、
これが初めてではないでしょうか。




発行が平成19年1月23日とのことですが
660万枚発行されていることもあり、
1月31日現在、まだ金融機関での交換が可能なようですので、
新樺太市民の皆様は、おはやめに両替しましょう(^^


いつか並列世界に、
樺太返還記念貨幣がはっこうされるといいなあ。(∵)

 みなさんも財布に一枚いつも樺太を入れて買い物にでかけましょう(^^



樺太を思いながら・・・