とまりおる
泊居町 
真岡支庁

.
平成17年人口8,269
平成17年露占時予測5,079
昭和16年人口11,177
昭和3年人口9,326
.
旧泊居支庁の所在地。

泊居の街

帝政ロシア時代は十数戸の小さな集落が存在するのみ
大正7年、久春内から支庁が移転し、発展を始める。

泊居の街

長く、ここは海路以外のアクセスが困難だった。

泊居の旧村

中央を走るの樺太西線でしょうか。

樺太工業泊居工場

大正4年夏より亜硫酸パルプの製造を開始。
大栄炭鉱(たいえい)より、ここの燃料を供給している。
左下の線路はそのためのもの。
中央の川は泊居川。南側の川向こうに社宅が見える。

泊居工場近くから

泊居採炭試験所

画面の鉄道が泊居炭鉱鉄道。
川は名寄川でしょうか(・・?

泊居炭鉱鉄道の写真はJR樺太にもあるよ(^^

泊居採炭試験所

鉱道のなかへトロッコが進みます。