とよはら
豊原市 南部3区
豊原支庁
なみかわ・ちゅうおう・すずや
並川区・中央区・鈴谷区
.
平成17年人口486,874
平成17年露占時予測181,165
昭和16年人口37,160
昭和3年人口25,120
日本が誇る極北の美都、豊原。最北の政令指定都市。

豊原市上空より

樺太庁所在都市。
帝政ロシア時代の名称はウラジミロフカ。
市街は東西13町南北14町に整区され、 東西南北に15間(27m)の通りを設け、さらに10間(18m)道路に よって60間(108m)四方の街区をつくり、それを十字に8間(14m) 道路が区切り、街を形作っている。

賑わう豊原駅前

駅に列車が着いたのでしょうか。 とても混雑していますね。(^^

豊原市内

帝政時代樺太を流刑地に設定していたロシアは、 ここウラジミロフカで、刑の放免者に農牧することを 認めていた。都市の北部にある北豊原駅付近の 旧市街はこのころのなごり。
旧市街にはロシア式丸太作りの家屋が存在していた。

豊原市街図

 明治41年8月大泊から樺太庁が移転し、名実ともに 樺太の中心都市となる。
大通りは商店、旅館、商社、銀行、劇場などの繁華な街となっている。

豊原駅前

豊原駅前の通り

正面に奥にあるのが豊原駅。

豊原大通

豊原大通2

上の写真の奥側から

豊原大通3

西一条通

西二条通

樺太庁豊原医院

これは旧豊原医院。昭和6年に 立て替えられている。

樺太庁豊原医院

こちらが新医院。

豊原第一尋常高等小学校

豊原高等女学校

 豊原駅からまっすぐ東にすすむと1Km少々で右手に 女学校があらわれる。 旧樺太庁高等女学校。

樺太神社

さらに2Km神社通りぞいに 歩くと樺太神社となる。
樺太神社については樺太の風物でやや詳しく掲載しています。

豊原公園

鈴谷川(豊原市内)

樺太庁運動場

樺太地方裁判所

樺太地方裁判所その2

豊原郵便局

王子製紙(豊原)

大原飛行場

樺太慈恵院

豊原中学校

豊原中学校校庭

豊原中学校御真影奉安所

樺太庁博物館(旧館)

 樺太に関する歴史的、学術的史料などが 大正11年、樺太庁博物館(中央区東5条南1丁目)に集められたが その後、用途変更のため移転することとなった。

豊原憲兵分隊

こちらが用途変更後の写真。
うーん。木が大きくなったかな(^^;?

樺太庁博物館(新館)

樺太庁博物館は昭和12年、中央区東8条南6丁目へ 移転して新築される。
毎年5月から10月まで無料開放している。 みんなで見に行こう。(^^

樺太庁玄関

樺太庁遠景

樺太庁の遠景。
ずいぶん空き地が多いので、建設間もない頃と 思われます。

樺太庁前

豊原市は昭和12年7月市制を施き、 平成3年豊原市は人口80万人に 達し、最北の政令指定都市となった。
その際、中央区・川上区・豊北区・南(鈴谷)区・並川区 の5区制をとる。 今後も樺太中心都市として発展が期待される。